タイ最大の映画館チェーン、仮想通貨ビットコインでの支払受入開始

access_time create folder政治・経済・社会
タイ最大の映画館チェーン、仮想通貨ビットコインでの支払受入開始

 

タイで最大の映画館運営企業であるメジャーシネプレックスグループは、顧客がビットコイン(BTC)でチケットを購入できるようにした。

現地メディアのサイアム・ラスの報道によると、メジャーシネプレックスは、イノベーションと新技術をサポートするための一環で、仮想通貨支払のパイロットプロジェクトの立ち上げを発表した。

新しい支払オプションのロックを解除するため、同社は地元の仮想通貨取引所Zipmexおよびデジタル支払スタートアップであるRapidZと提携している。

メジャーシネプレックスは3月4日、バンコクの映画館でこの新機能をデビューさせ、顧客がQRコードをスキャンさせることでRapidZ経由でビットコインでチケットを購入できるようにした。メジャーシネプレックスは、2021年末までにバンコクの39の映画館に拡大する予定だ。

報道によれば、タイの映画館が仮想通貨支払を受け入れたのは初めてのケースだという。

メジャーシネプレックスの広報担当者であるナルート・ジャンサノン氏は、新しいイニシアチブは仮想通貨に投資している層を引き込むことが狙いだと述べている。Zipexのユーザー数は10万人いるほか、現在タイには最大100万人のビットコイン保有者がいると推定されている(これは成人人口の2%を占めるという)。

 


関連記事リンク(外部サイト)

イーサリアムのガス料金が低下、DeFiとDEXの取引高減少に伴い
仮想通貨カストディ企業ビットゴー、ニューヨーク州でライセンス取得 | 機関投資家の需要に期待
ゴールドマンサックス報道受け、仮想通貨ビットコインは5万ドル回復 | 「弱気な3月」に警戒感も

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧