Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)、リリース予定アルバム『Justice』のロゴについて、フランスのアーティストJustice(ジャスティス)所属のレーベルから盗用を主張される

access_time create folderエンタメ
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)、リリース予定アルバム『Justice』のロゴについて、フランスのアーティストJustice(ジャスティス)所属のレーベルから盗用を主張される

先週、2021年3月19日(金)に6枚目のスタジオアルバムとなる『Justice』をリリースすると発表したカナダ出身のアーティスト Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)だが、UPROXX によると、このアルバムのカバーのロゴが、フランス出身のエレクトロニック・デュオ、Justice(ジャスティス)が2003年から使用しているアーティストロゴに類似しているとして、Justin Bieber を告発しているとのことだ。
 

          この投稿をInstagramで見る                      

Justin Bieber(@justinbieber)がシェアした投稿

問題となっているロゴが上記のもの。アルバムのカバー写真には、アルバムタイトル『Justice』と書かれているが「T」の文字が十字架のようなデザインになっている。これは Justin Bieber の信仰を意味するものとも捉えられるが、フレンチ・デュオ Justice が長年に渡って使用してきたアーティストロゴと類似している。下が長年 Justice が使用しているアーティストロゴ。
 

          この投稿をInstagramで見る                      

JUSTICE(@etjusticepourtous)がシェアした投稿

Justice の所属レーベルである Ed Banger records は、ロゴの類似を下の Instagram にて指摘し、皮肉的なコメントと共に投稿している。
 

          この投稿をInstagramで見る                      

ED BANGER / PEDRO WINTER(@edbanger)がシェアした投稿

Ed Banger records は、Justin Drew Bieber(Justin Bieber の本名)をアート・ディレクターに任命します。(誰が Justin Bieber のアート・ディレクターだとしても)2003年から尽力してくれているその方に感謝をします。愛を込めて。(それから楽しさもね)

3月5日現在、Justin Bieber のチームはこの告発に対して何の対応もしていない。果たしてこれは偶然なのか、はたまた故意なのだろうか……。
 Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)、6枚目のスタジオアルバム『Justice』を3月19日に(金)にリリース!

Justin Bieber 

Facebook
Instagram
Twitter 

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカ ・テキサス州、マスク着用義務を含む新型コロナ関連の規制を全面解除! 最大限の収容人数で開催可能となった「Ubbi Dubbi Festival」の最新ガイドラインとは……!?
Laidback Luke(レイドバック・ルーク)がルーツである "テクノ" にフォーカスした別名義「DARK CHANELL(ダーク・チャネル)」として EP『No.1』をリリース!
アメリカ、レコーディングされた音楽の収益は2020年は9.2%増加で約122億ドル、ストリーミング有料サブスクは13.4%増加で101億ドルに

access_time create folderエンタメ
local_offer
iFLYER

iFLYER

オフィシャルライブハウスやクラブイベント、アーティストイベントを入手しよう。iFLYER.tvでは常に日本中の最新のイベント情報を配信しています。パソコンや携帯電話からこまめにチェックしてディスカウント情報活用してナイトライフをエンジョイしよう!

ウェブサイト: https://iflyer.tv/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧