アメリカ ・テキサス州、マスク着用義務を含む新型コロナ関連の規制を全面解除! 最大限の収容人数で開催可能となった「Ubbi Dubbi Festival」の最新ガイドラインとは……!?

access_time create folderエンタメ
アメリカ ・テキサス州、マスク着用義務を含む新型コロナ関連の規制を全面解除! 最大限の収容人数で開催可能となった「Ubbi Dubbi Festival」の最新ガイドラインとは……!?

アメリカ・テキサス州の知事 Greg Abbott(グレッグ・アボット)は「最大収容人数でのコンサートや音楽フェスティバルを再開させる」と発表した。Greg Abbott 知事は、現地時間3月3日(水)に Twitter にて下のようにツイートしている。
 

テキサスは100%オープンする。
全てにおいてだ。
マスクの着用義務も私は終了させた。

行政命令である『GA-34』が可決された後、3月10日からテキサス州は「全てのビジネスを州の課す制限なしに全面的に再開可能」となった。『GA-34』にはマスク着用義務も含まれるため「マスク着用なしでの再開」が事実上可能となったわけである。
更に、テキサス州の隣のミシシッピ州でも同様に、規制なしのビジネス再開を発表した。
 

明日から、マスク着用義務を解除し、州が定める規則無しに、最大限の収容人数でビジネスを再開させる。私たちの州の新型コロナウィルスの症例と入院者数は減少しており、更にワクチンも急速に普及している。時間が来た!

この発表には賛否両論があるものの、事実上、テキサス州にて2021年4月24日、25日開催予定のダンスミュージック・フェスティバル『Ubbi Dubbi Festival』も最大限の収容人数での開催が可能となった訳である。そしてこの発表を受け『Ubbi Dubbi Festival』は、独自のガイドラインを設け、開催決定のお知らせを発表。
 

アメリカ ・テキサス州、マスク着用義務を含む新型コロナ関連の規制を全面解除! 最大限の収容人数で開催可能となった「Ubbi Dubbi Festival」の最新ガイドラインとは……!?

(一部翻訳)
新型コロナの症例数も減少し、多くの人がワクチン接種をし始め、皆さんの助けがあれば、Ubbai Dubbi Music Festival の開催が可能となります。
私たちは、新型コロナのリスクを低減する専門家、地方自治体、医療関係者と提携しています、そして皆さんと一緒に協力していきます。一緒にマスクを着用し、笑顔で、そして懸命に努力し、安全で素晴らしいフェス空間を作り、みんなで一緒にレイヴをしましょう!
世界で(新型コロナ後に)初めて安全な状態で開催されるフェスティバル。このフェスが成功するかどうかは、皆さんの支援と、新しいガイドラインの順守にかかっています。最新の「Health Pass」を導入します。「Health Pass」の詳細とラインナップの追加、調整については、再度お知らせを発表します。

Health Pass」についての詳細はないが、ワクチン接種済みの証明書や新型コロナウィルスの陰性証明提出などになるのではないかと思われる。また、州の規定ではマスクなしでも OK になってはいるものの、このフェスティバルでは「マスク着用は必須」となっている。新型コロナウィルス後の世界初、規制なしの大型フェスティバルは一体どのようになるのだろうか。今後の情報にも注目だ。

Ubbi Dubbi Festival

Facebook
Instagram
Twitter

関連記事リンク(外部サイト)

Laidback Luke(レイドバック・ルーク)がルーツである "テクノ" にフォーカスした別名義「DARK CHANELL(ダーク・チャネル)」として EP『No.1』をリリース!
アメリカ、レコーディングされた音楽の収益は2020年は9.2%増加で約122億ドル、ストリーミング有料サブスクは13.4%増加で101億ドルに
世界最大級のライブ・エンターテインメント企業、Live Nation(ライブネーション)のCEOが「国際的なツアーやイベントといったライブ音楽は2022年に復活する」と予測

access_time create folderエンタメ
local_offer
iFLYER

iFLYER

オフィシャルライブハウスやクラブイベント、アーティストイベントを入手しよう。iFLYER.tvでは常に日本中の最新のイベント情報を配信しています。パソコンや携帯電話からこまめにチェックしてディスカウント情報活用してナイトライフをエンジョイしよう!

ウェブサイト: https://iflyer.tv/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧