「ヒトラーの口髭みたい」との批判を受けAmazonがショッピングアプ‪リ‬のアイコンを変更

access_time create folder生活・趣味

今年の1月にショッピングアプ‪リ‬のアイコンを変更したばかりのAmazonが、アイコンをひっそりと再変更していたことが明らかになりました。


https://twitter.com/alexhern/status/1366396140116131842

左が変更前で、右が変更後のアイコンです。


https://twitter.com/xxcrivvvssjcb/status/1353901291374710784

1月にアイコンを変更した直後から、アイコンの青いテープの部分に対して「アドルフ・ヒトラーの口髭みたい」といった声がSNS上で聞かれるようになりました。上記のツイートでは「ニヤニヤしてるヒトラーが見える」という一文が投稿されています。こうした批判を受けた後の2月下旬に、アイコンのマイナーチェンジが行われました。

CNNによれば、“ヒトラーの口髭”風アイコンが表示されたのはイギリス、スペイン、イタリア、オランダのiOSアプリのみということです。

このニュースに対する反応は以下のようなものが見受けられました。

・ヒトラーの口髭って青かったの?
・Amazon使わないからアイコンなんてどっちでもいいし
・変更後はチャップリンに見える
・次は「性的区別のない段ボール箱」なんだろ
・人類が確実に退化してることがわかるニュース
・聞いただけで疲れるニュースだな
・どっちのアイコンもヒトラーには見えないけど
・アイコン見ただけでヒトラーを連想するか
・どちらのアイコンもカッコ悪い
・人類がもはや異常
・冗談かと思ったらホントの話なのね
・常に誰かが何かに文句を言う時代
・今度はムッソリーニに見えるぞ

※画像:
https://twitter.com/nypost/status/1366754350480171012

※ソース:
https://edition.cnn.com/2021/03/02/tech/amazon-app-logo-change/index.html

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧