【横浜FM】前田大然、心は冷静に。熱いプレーで勝利を誓う「ゴール前での落ち着きが大事」

access_time create folderエンタメ
【横浜FM】前田大然、心は冷静に。熱いプレーで勝利を誓う「ゴール前での落ち着きが大事」

樺山諒乃介の開幕スタメン抜擢に「チームメイト全員が刺激を受けたと思う」。

[ルヴァンカップ GS1節] 横浜 – 仙台/2021年3月3日18:00/ニッパツ三ツ沢球技場

 横浜F・マリノスの前田大然が3月1日、リモートによる取材に応じて、J1リーグ開幕の川崎フロンターレ戦(●0-2)を振り返るとともに、3日に行われるルヴァンカップのグループステージ1節のベガルタ仙台戦に向けた抱負を語った。

 後半開始から投入されたものの得点を奪えなかった前田は、「スタートから出られず、チームとしても勝てなかったので悔しい。けれど後半から明らかに自分たちのサッカーができていたと思うので、そこはプラスに捉え、次の試合に向かえればと思います」と、次戦へ気持ちを切り替えていた。

 興國高校から今季加入した樺山諒乃介がリーグ開幕スタメンの座を掴んだ。チームメイトでもあるが、ライバルにもなるアタッカーの抜擢に、前田は「高卒でスタメンを張れるのはすごいですし、僕だけではなくチームメイト全員が刺激を受けていると思います。ここからしっかりみんなで勝てていければと思います」と受け止めていた。

 川崎戦は後半開始からピッチに立ち、オナイウ阿道と縦関係とも言える2トップでもプレー。練習では取り組んでいなかった形だが、一つのオプションになり得そうだ。

「後半は点を取りに行かなければいけなくて、だから、自分たちの形になったところはあったと思います。2トップは僕が一番やりやすい形で、それをできたのは良かったです。でも攻撃陣は(得点)ゼロで終わってしまったところは反省しなければいけません」

「まずは与えられたポジションでプレーすることが大事ですけれど、どこで出ようとゴールを取らないと。しっかり前でやる以上はゴールとアシストという目に見える結果で貢献できたらと思います」

 また前田が投入されたあと、彼がプレッシングを掛けることで、全体の守備もスイッチが入った。

「ゴール前の駆け引きであり、クロスに突っ込んでいくようなプレーが大事になってきます。前から行くのは得意なので、勢いを付けられるようにスイッチを入れていければと思います」

 とはいえ、前田はあくまでも得点に絡むことにまずこだわる。

「結果的にゴールは取れていないので、FW陣、攻撃陣、全員が反省しなければいけない。次チャンスがあれば、そこにこだわっていけなければダメだと思います。チャンスには顔を出せているので、ゴール前で落ち着いてプレーすることが大事だと感じています」

 23歳の弾丸アタッカーは心は冷静に、しかし熱いプレーを見せると誓った。

注目記事:久保建英、この壁の先へ。来季レアル・マドリード復帰はブラヒムがリード?

[文:サカノワ編集グループ]


関連記事リンク(外部サイト)

横浜F・マリノス、外国籍5選手が一身上の都合で一時帰国
【神戸】31歳の徳山大樹氏が新社長に抜擢、立花陽三社長は勇退
【仙台】ガーナ出身の左WGオッティ、セルビア人大型GKストイシッチを獲得

access_time create folderエンタメ
local_offer
サカノワ

サカノワ

サカノワ │ 広がっていくサッカーの輪。「国内」「海外日本人選手」を中心としたサッカー情報サイトです。

ウェブサイト: https://sakanowa.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧