ビットコイン相場の陶酔感収まる 4万ドル割る可能性は?

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコイン相場の陶酔感収まる 4万ドル割る可能性は?

 

ビットコインの価格調整が続いている。2月22日に58000ドルを突破し最高値を更新してから一週間で44000ドル台まで下落しており、市場の陶酔感は収まったかたちだ。

「仮想通貨・恐怖と貪欲(フィア・アンド・グリード)指標」は一か月以上90以上で推移し「極端な強欲」状態が続いた後、現在は56まで低下している。

ビットコイン相場の陶酔感収まる 4万ドル割る可能性は?
仮想通貨・恐怖と貪欲(フィア・アンド・グリード)指標 情報元: Alternative.me

ビットコインの4時間足チャートを見ると、58000ドルをつけてから下降トレンドに入っており、ここからの調整は時間がかかる可能性がある。


BTC/USDT 4時間足チャート

注意すべきポイントは42500~44000ドルゾーンだ。

ここを割ってしまうと37500-39000ドルに向けて下落する可能性がある。

しかし42500~44000ドルで持ちこたえ50000~51000ドルの間のレジスタンスも突破すれば、さらなる価格上昇が期待できるだろう。

3月相場は仮想通貨価格が下がりやすい


ビットコイン/USD 週足チャート

歴史を振り返ると、3月は仮想通貨市場が調整に入ることが多い。2015年、2016年、2017年、2018年、2020年も3月に15%~60%の調整が起こっている。これら調整局面は数週間続くことがあり、また一度の下落では完了しないことが多い。35000-40000ドルへの価格調整はまだあり得るといえる。


ドル/USD週足チャート

21週移動平均線が支持線になる可能性もある。現在は28000ドル付近にあるが、今後数週間で33000-35000ドルに向けて上昇していくことになるだろう。

ここに記載されている見解や意見は筆者のものであり、必ずしもCointelegraphの見解を反映しているわけではありません。すべての投資や取引にはリスクが伴います。決断を下す際には、ご自身で調査を行う必要があります。


関連記事リンク(外部サイト)

2017年にビットコインを購入した投資家、仮想通貨の最近の強気相場でも売却せず
ビットコイン価格は天井をつけたのか? 駆け込み買いなくバブル水準には程遠い
「ビットコインはグローバルな交換手段にはならない」=バフェット氏の右腕のマンガー氏

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧