美食のスーパー、こだわりの缶詰! 『紀ノ国屋 さばカレー煮』のおいしさを確かめた

access_time create folder生活・趣味

 

カレーと言えば肉が主流だが、今や大人気になったさば入りのカレー。全国で人気の”さばカレー”だが、美食のスーパーマーケットとして知られる高級スーパー・紀ノ国屋が国産のまさばをカレーで煮込んだ『紀ノ国屋 さばカレー煮』を販売中だ。カレーはよく見かけるが、カレー煮込みとは珍しい! 一体どんな味なのだろう?

 

ご当地グルメの”さばカレー”から個性派の”さばカレー煮込み”登場

株式会社紀ノ國屋(東京都新宿区)はスーパーマーケットや食品の製造・販売を行うメーカーだ。明治43年に、青山で果物商として創業し、100年以上の歴史を持つ。以来世界中の美味な食品や、産地や生産にこだわった生鮮食品、自家製パンやスイーツなどを扱い、高級・美食のスーパーマーケットとしてその人気を確立している。

ごくシンプルなデザインの缶

同社が発売する『紀ノ国屋 さばカレー煮』(1缶総量190g・販売価格 税抜399円・発売中)は、秋冬に水揚げされる脂の乗ったまさばを、濃厚でコクのあるカレーで煮込んだ缶詰だ。ごはんにのせてカレーライス風はもちろん、うどんやそうめんにかけてもOKだとか。もちろん、おつまみとしてそのままでも美味しくいただけるそう。

 

さばカレーは、千葉県銚子市のご当地グルメ。今でこそ全国的に有名だが、元は人気テレビドラマで登場したことがきっかけで、商品化されたご当地カレー。生臭さのある青魚をカレーのスパイスが消し、食べやすいと評判だ。

 

カレーもさばも大好きな記者。これは魅惑のコラボ! 早速いただいてみたい。

 

さばの味を消しすぎず、脂とルーがトロリとマッチ!

開封するとカレーのスパイシーな香りの後に、さばの香りも少しする。

 

さば味噌のような大きな切り身!

お皿に出すと、ゴロンと大きな切り身が!

 

スプーンを入れると、ほろっと割れる柔らかさだ。まずはそのままいただきます。カレーのスパイシーな風味に、鯖の濃厚な脂がこってりと残る。

調味料には、トマトペーストやカレー粉の他、しょうゆや生姜汁を使用していて、さばとルーがマッチしている。ピリッと刺激的な後味が多少あるものの、甘口〜中辛程度。辛すぎないので食べやすい。

冷めていても柔らかくほぐれる食感だ。カレーライスのように白米といただいてみたが、ご飯が進む! ルーが少なめで、さばの味を消さない。これは、カレールーというよりも、さばを主としたカレー煮。さば好きにはたまらない。骨まで柔らかく食べられるので、魚嫌いの子供でも食べやすそうだ。

 

温めてみると、さらに身が柔らかくなってトロリとした食感に。カレーとさばが、さらに一体化する味わいになった。開けて乗せるだけという手軽さで、このボリュームとクオリティは嬉しい。

ただ香りはやや魚くささがある。苦手な人には、少々生臭く感じるかもしれない。さばもカレーも好きな記者は、おつまみとしてお酒と一緒に、キャベツやじゃがいもなどを添えていただきたい。

 

購入は、オンラインショップの他、一部の紀ノ国屋・グルマンマーケット・百貨店・紀ノ国屋アントレ・KINOKUNIYA Sutto(キノクニヤスット)・デイリーテーブル・ベーカリー専門店から可能。詳しくは公式サイトを参照してみて欲しい。

 

関連記事リンク(外部サイト)

【10/11 OPEN】新作メニュー目白押し!『成城石井アトレ新浦安店 SEIJO ISHII STYLE』取材&試食レポート
三陸産の人気商品が9年ぶりに待望の復活! 骨までやわらかな 『三陸産あなご醤油煮缶詰』は ごはんのお供にぴったり
辛さが従来比1.5倍になって再来襲した『カラムーチョちくわ』。確かに辛い、辛すぎる!
添加物を減らして消費期限を延ばす!?笑顔で心をみたすスイーツ『eMitas』のヒミツとは?
常温でもおいしい大容量は在宅ワークに最適! 新『キリン ファイア ワンデイ ブラック』【新旧飲み比べ】

access_time create folder生活・趣味

おためし新商品ナビ

お店に並ぶ新商品を実際に買って、使って、食べて、記事にしています。写真はプロカメラマンが撮影! 楽しいお買い物のナビゲーターとしてご活用ください!

ウェブサイト: http://www.shin-shouhin.com/

TwitterID: Shin_Shouhin_

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧