ホンダが、新型CB1300シリーズを先行公開にSPモデルも登場!

access_time create folder生活・趣味
ホンダが、新型CB1300シリーズを先行公開にSPモデルも登場!

ホンダは、CBシリーズのフラッグシップモデルとなる「CB1300 SUPER FOUR」・「CB1300 SUPER BOL D’OR」&「CB1300 SUPER FOUR SP」・「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」をアップデートしてHonda Dreamより2021年3月18日(木)に発売開始します。

同モデルは、水冷4ストロークDOHC直列4気筒1,284ccエンジンを搭載しています。これに上質で快適な走行を実現するよう、各部のアップデートや電子制御デバイスを新採用を行っているようです。

ここでは、新型モデルとなった同モデル達のエクステリアや装備、仕様などをご紹介していきます。

■ホンダ 新型CBシリーズの概要など

引用:https://www.honda.co.jp/news/2020/2201221-cb1300.html

今回のモデルチェンジのキーワードは、「大排気量モデルを操る楽しみの最大化」です。CB1300 SUPER FOUR、CB1300 SUPER BOL D’ORとCB1300 SUPER FOUR SP、CB1300 SUPER BOL D’OR SPは、このキーワードをもとに大幅に改良されているということです。

概要など

スロットルグリップ操作では、より緻密な制御を行えるように「スロットルバイワイヤシステム(TBW)」を採用しています。
走行状況やライダーの好みに合わせてSPORT、STANDARD、RAINの走行フィーリングを任意選択できる「ライディングモード」と「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」を搭載し、ライダーの「操る楽しみの最大化」させています。
「クルーズコントロール」を装備し、高速道路など長距離走行時に一定速度を設定することが可能です。これによりアクセル操作を不要とし、ライダーの疲労軽減を行い上質で快適な走行を可能にしています。

車両販売価格(消費税10%込み)

CB1300 SUPER FOUR 1,562,000円(消費税抜き本体価格 1,420,000円)
CB1300 SUPER BOL D’OR 1,672,000円(消費税抜き本体価格 1,520,000円)
CB1300 SUPER FOUR SP 1,936,000円(消費税抜き本体価格 1,760,000円)
CB1300 SUPER BOL D’OR SP 2,046,000円(消費税抜き本体価格 1,860,000円)

■ホンダ 新型CBシリーズの特徴など

引用:https://www.honda.co.jp/CB1300/design/

CB1300 SUPER FOUR、CB1300 SUPER BOL D’ORのエクステリアカラーは、パールサンビームホワイト(フレームをレッド、クランクケースカバーをゴールド色)で高級感を演出したカラーとフレームとベータシルバーメタリック(クランクケースをブラック)で落ち着いた印象を与えた2カラーが用意されています。

CB1300 SUPER FOUR SP、CB1300 SUPER BOL D’OR SPのエクステリアカラーは、従来同様カラーとしながらもシートにレッドのステッチを施しています。スポーティーさを演出したパールホークスアイブルーとキャンディークロモスフィアレッド2カラーを設定です。

■ホンダ 新型CBシリーズのパワートレインなど

引用:https://www.honda.co.jp/CB1300/powerunit/

パワートレインは、PGM-FI採用水冷4バルブDOHCインラインフォア1,284㏄エンジンを搭載しています。新採用したスロットルバイワイヤシステムによって、高精度な制御を行うことができ、ライダーの感性にスムーズかつダイレクトで力強い走りを可能にしています。

吸気系には外側の2気筒と内側の2気筒で長さの異なるφ36mmのエアファンネルを装備しています。排気系には4-1のエキゾーストパイプと2室構造のマフラーを採用し効率をアップ。

これら制御系・吸排気系を見直したことで、車体の重量を感じさせない低・中回転域でのリニアなトルクを可能にし、高回転域での出力向上も図られています。インラインフォアらしい伸びのある走りを追求。ビッグネイキッドに相応しい力強い走りと排気ガス規制の両立を可能にしています。

■ホンダ 新型CBシリーズの装備など

引用:https://www.honda.co.jp/CB1300/equipment/

メーターの文字盤は、二眼式です。高級感と視認性を高める自発光タイプとなっています。中央部は、従来モデルから文字サイズを拡大した液晶パネル式です。上部側は、ギアポジションやライディングモードを表示し、下部側では、燃費計/外気温といった情報を切り替え表示できる大型反転液晶パネルを配置しています。

グリップヒーター(5段階調節)、シート下右側にUSBソケットを装備、ウェーブタイプのキーを採用も行われています。

純正アクセサリーでは、走行時にクラッチ操作を行うことなく、迅速でスムーズなシフトアップ/ダウン操作を可能とする「クイックシフター」を用意しています。

急制動時にハザードランプを高速点滅することで、急ブレーキをいち早く後続車に伝える「エマージェンシーストップシグナル」も搭載しています。

■ホンダ 新型CBシリーズのSPって?

引用:https://www.honda.co.jp/CB1300/sp/

CBシリーズの頂点となるグレードです。SPの名を冠したモデルには、CB1300のポテンシャルが最大限に引き出されるように、厳選されたパーツを装備しています。スポーティーさを際立たせるカラーリングを採用し、シートには専用ステッチを施しています。

フロントサスペンションには、ÖHLINS製の専用設計インナーチューブ(径φ43㎜)の正立フォークを標準装備。
ÖHLINS製リザーバータンク付きリアショックアブソーバーを採用
ラジアルマウント式のBrembo製モノブロック4ポッドキャリパー

走りを最大限に引き出せる足回りを中心とした専用設計アイテムが装備されているのがSPです。

■まとめ

ホンダが、新型CB1300シリーズを先行公開にSPモデルも登場!をまとめると

2003年から販売されている2代目CBシリーズが大幅に改良されて登場します。
年間国内販売台数計画は、CBシリーズで1300台です。

ホンダの大排気量ネイキッドのフラッグシップモデルであるCB1300シリーズは、1998年から初代が販売されています。この間ずっと特徴的なディテールを守りながらアップデートし続けています。

今回のモデルチェンジで、さらに乗りやすいモデルへと更新されていることでしょう。3月の販売開始が楽しみです。


関連記事リンク(外部サイト)

日産は、キックス「AUTECH」を3/3から販売開始に
「GRモーターオイル」に新たに「Endurance」シリーズを追加、他新商品も!
ホンダから新型ビッグバイクが登場、Rebel 1100が今春発売開始に!

access_time create folder生活・趣味
local_offer
イキクル

イキクル

クルママガジン「イキクル」では、新車レビュー、ドライブ情報をはじめ、様々なクルマニュースやインタビュー、トレンドなどカーライフをより良くするためのオリジナルな情報を毎日発信しています!

ウェブサイト: https://ikikuru.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧