暗黒帯を包み込む淡い輝き。“かみのけ座”の「黒眼銀河」

access_time create folderデジタル・IT
暗黒帯を包み込む淡い輝き。“かみのけ座”の「黒眼銀河」

渦巻銀河「NGC 4826」(M64)(Credit: ESA/Hubble & NASA, J. Lee and the PHANGS-HST Team)

こちらは「かみのけ座」の方向およそ1700万光年先にある渦巻銀河「NGC 4826」です。メシエカタログに「M64」として収録されているこの銀河は、1779年にイギリスの天文学者エドワード・ピゴットによって発見されました。

明るい中心核の周りで赤黒く渦巻く暗黒帯が印象的なNGC 4826は、その姿から「Black Eye Galaxy(黒眼銀河)」「Evil Eye Galaxy(邪眼銀河)」とも呼ばれています。画像を拡大してみると、暗黒帯を背景に青色や赤色で輝く星々からの光が、美しい螺鈿(らでん)細工を思わせます。

欧州宇宙機関(ESA)によると、NGC 4826では外側の領域と内側の領域にあるガスがそれぞれ逆方向に回転しています。これはNGC 4826が過去に逆行する伴銀河と合体したことが理由ではないかと考えられていて、互いに逆回転するガスが衝突する領域では新たな星が形成されているといいます。

冒頭の画像は「ハッブル」宇宙望遠鏡の「広視野カメラ3(WFC3)」による光学および紫外線の観測データをもとに作成されたもので、ESAからハッブル宇宙望遠鏡の今週の一枚として2021年2月22日付で公開されています。

NGC 4826を捉えた冒頭の画像を拡大したもの(Credit: ESA/Hubble & NASA, J. Lee and the PHANGS-HST Team)

NGC 4826を捉えた冒頭の画像を拡大したもの(Credit: ESA/Hubble & NASA, J. Lee and the PHANGS-HST Team)

 

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, J. Lee and the PHANGS-HST Team
Source: ESA/Hubble
文/松村武宏


関連記事リンク(外部サイト)

船乗りを導く灯台の光のような“ろくぶんぎ座”のレンズ状銀河
太陽系で最も遠い準惑星を「すばる望遠鏡」が発見。ボイジャーの旅した果てと同等の遠さ
ミニネプチューンの一部はスーパーアース?「超臨界水」の水圏をもつ可能性

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧