「ドメーヌ」はどんなワイン生産者? 「シャトー」や「ネゴシアン」とどう違う?

access_time create folderグルメ
「ドメーヌ」はどんなワイン生産者? 「シャトー」や「ネゴシアン」とどう違う?

ドメーヌとシャトーの違い

ドメーヌとシャトーの違い
Massimo Santi/ Shutterstock.com

「ドメーヌ」はブルゴーニュ、「シャトー」はボルドーのワイン生産者

「ドメーヌ」と「シャトー」はいずれもブドウ畑を所有し、ブドウの栽培から醸造、瓶詰めまでを一貫して行うワイン生産者です。「ドメーヌ」はブルゴーニュ、「シャトー」はボルドーのワイン生産者に対して用いられます。
フランス語で「ドメーヌ」は、「所有地」や「区画」という意味です。「ドメーヌ」は家族経営で小規模なところが多く、生産量が少ないうえ、その畑や造り手によって品質や評価にも大きな差があるため、ワインによってはかなり高額で取り引きされるものもあります。
一方、「シャトー」もフランス語で、「城」や「宮殿」という意味を持ちます。言葉のイメージ通り、シャトーは広大な敷地にお城のような醸造所を構え、大規模なワイン造りを行うところが多いという特徴があります。

「ドメーヌ」と「シャトー」はブドウ畑の所有の仕方も異なる

ブルゴーニュの「ドメーヌ」とボルドーの「シャトー」では、ブドウ畑の所有の仕方にも違いがあります。
ボルドーではひとつの畑をひとつの「シャトー」が所有するのに対し、ブルゴーニュではひとつの畑を複数の「ドメーヌ」が分割して所有するのが一般的です。
ブルゴーニュでは、大きな畑の場合、100近い「ドメーヌ」が分割所有していることもあります。それぞれが自分の所有する領域でワイン造りを行っているため、同じ畑の名を冠するワインであっても、「ドメーヌ」の数だけ異なる味わいのワインが存在することになります。
なお、ブルゴーニュでもひとつの畑をひとつの「ドメーヌ」が単独所有している場合もあり、そのような畑は「モノポール」と呼ばれます。

ドメーヌとネゴシアンの違い

ドメーヌとネゴシアンの違い
Stokkete/ Shutterstock.com

「ネゴシアン」はブドウ畑を所有しないワイン生産者

「ネゴシアン」はフランス語で、「交渉人」や「卸売業者」という意味です。ワインにおけるネゴシアンとは自社でブドウ畑を所有せず、ブドウや果汁、ワインなどを買いつけて熟成や瓶詰め、一部は醸造を行い、自社製品として出荷する生産者を指します。
多くの「ネゴシアン」は大規模な生産ラインを所有する大手企業で、量産が可能な体制が整っています。
ブドウ栽培からこだわりのワイン造りを行う「ドメーヌ」のワインの方が個性的で品質がよいという見方もありますが、「ネゴシアン」ならではの長所も見逃せません。
複数の農家からブドウやワインを仕入れる「ネゴシアン」は、安定した品質を保ちやすいといえます。また、原料選びやブレンドなどにおいて優れた見識や技術を持つ「ネゴシアン」も多く存在します。

ドメーヌとネゴシアンを兼ねる生産者も

「ドメーヌ」とネゴシアンはそれぞれのやり方でワイン造りを行っていますが、なかには「ドメーヌ」と「ネゴシアン」両方の顔を持つワイン生産者もいます。
たとえば、ブルゴーニュで活躍する日本人醸造家、仲田晃司氏による「ルー・デュモン」は、「ネゴシアン」としてワイン造りをスタートし、のちに自社畑を所有する「ドメーヌ」としての活動も開始しました。
ほかに、「ドメーヌ・ルロワ」や「フェヴレ」、「ルイ・ジャド」「オリヴェイ・ルフレーヴ」「ルイ・ラトゥール」なども、「ドメーヌ」と「ネゴシアン」の顔を持つ生産者として知られています。

個性豊かなワインを生み出す「ドメーヌ」

個性豊かなワインを生み出す「ドメーヌ」
Andy Dean Photography/ Shutterstock.com

世界的に知られる「ドメーヌ」

ブルゴーニュには3,900(2016年時点)におよぶ「ドメーヌ」がありますが、ここでは、世界的に知られる「ドメーヌ」を3つ紹介します。

【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(D.R.C)】

ブルゴーニュで最高峰のワインである「ロマネ・コンティ」は、一本100万円を超える価格で取り引きされ、世界でもっとも高額なワインのひとつといわれています。ワイン愛好家でなくとも、その名を聞いたことがある人は多いでしょう。
「ロマネ・コンティ」は、その偉大なワインを生み出すブルゴーニュの特級畑(グラン・クリュ)の名前でもあります。この畑を「モノポール」として単独で所有しているのが、生産者の「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」です。
「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」は1942年から現在まで、ブルゴーニュの名門ド・ヴィレーヌ家とルロワ家による共同経営体制が続いています。素晴らしいテロワールに加え生産者の妥協のないこだわりが、唯一無二の味わいをつないできたといえるでしょう。

【ドメーヌ・ルロワ】

1868年に「ネゴシアン」としてワイン造りをスタートしたルロワ社は、ブルゴーニュでも別格とされる存在です。
自社畑のブドウでワイン造りを行う「ドメーヌ・ルロワ」は、現在のオーナーであるラルー・ビーズ・ルロワ氏(マダム・ルロワ)によって1988年に設立されました。
マダム・ルロワは、かつて「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」の共同経営者でもありました。類まれなテイスティング能力で知られ、現在も「ドメーヌ・ルロワ」とネゴシアン「メゾン・ルロワ」において、「ロマネ・コンティ」と肩を並べる高品質のワインを造り続けています。

【ドメーヌ・ルフレーヴ】

世界最高峰の白ワインの産地といわれるピュリニー・モンラッシェの名門「ドメーヌ・ルフレーヴ」も、世界が認める最高峰のドメーヌです。
「ドメーヌ・ルフレーヴ」は1717年に設立され、現在ではピュリニー・モンラッシェに約25ヘクタールものブドウ畑を所有する大規模なドメーヌとなっています。
すべての畑で有機農法の一種であるビオディナミ農法(バイオダイナミック農法)を実践していて、テロワールを重視した気品ある味わいが魅力です。

ドメーヌは日本にもある

ドメーヌはもともとブルゴーニュのワイン生産者を指す言葉ですが、日本にもブドウの栽培から醸造、瓶詰めまでのワイン造りを一貫して行うドメーヌが存在します。
たとえば、ピノ・ノワールに特化したワイン造りを行う北海道の「Domaine Takahiko(ドメーヌ タカヒコ)」や、重力を利用した醸造方法「グラビティ・フロー・システム」を国内で初めて採用した山梨県の「Domaine Mie Ikeno(ドメーヌ ミエ・イケノ)」などです。
ワイン造りが盛んな北海道や山梨県、長野県、山形県を中心に、個性豊かなドメーヌが独自のワイン造りを行っています。

多くのドメーヌでは、生産者である醸造家が、土地造りやブドウ栽培、醸造、瓶詰めまでの工程に深く関わり、ワイン造りを行っています。ドメーヌによるワインを飲む際は、その特徴やこだわりを知っておくと、より深くたのしむことができそうですね。


関連記事リンク(外部サイト)

「キュヴェ(Cuvée)」とはどんなワインのこと?
ワインの注ぎ方、注がれ方のマナーを知ろう
<“Urban”ワインを巡る⑦> 東京・渋谷/渋谷ワイナリー東京「赤身肉と合わせるフレッシュワイン」

access_time create folderグルメ
local_offer
たのしいお酒.jp

たのしいお酒.jp

「お酒の楽しさ」がみつかる、シニアソムリエ監修サイトのたのしいお酒.jp。お酒の魅力、楽しみ方や造り手の思いをお伝えします。イベントや最新ニュース、豆知識、飲食店やキャンペーン情報など、様々なお酒の楽しみを広げる情報を揃えています。

ウェブサイト: https://tanoshiiosake.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧