「あたしら別れよう」→「それはいや」になったのは? 幼馴染から付き合うことになった男女高3生マンガが商業単行本化

access_time create folderエンタメ

社宅のお隣同士で10数年来の幼馴染の祐希と夏葉が、高校3年生になって彼氏彼女の関係になってからの日々を描いているPericoさん(@perico_op)のマンガ『マジで付き合う15分前』。2021年2月26日に商業単行本第1巻がKADOKAWA少年エースより刊行となります。

ファミレスで「祐希、あたしら別れよう」という夏葉の衝撃のひと言から始まるこのストーリー。「オレら付き合ってたっけ?」「いや、付き合ってない」「どゆこと?」「いやあたしら幼なじみじゃん。付き合ってるって噂されてるから」「まぁ噂は噂だし…」「--と否定しなかったせいで、お互い決まった相手もなく、まもなく高校卒業を迎えるわけだけど」と独特の距離感の会話の中でメニューを注文。「え?じゃあ付き合う?」「じゃあってなんだよ。あんた今さらあたしに欲情できんの?」「ギリできる」「ギリってなんだよ」「…けどまぁ志望校違うし、卒業したら変わるんじゃね。勝手に、お互いいろいろ」というと、店内の雑踏から目を逸らした夏葉が「…それはいやだなぁ…」とポツリ。それを見た祐希から「つ…付き合ってみるか……」と言い、ぐすっとした夏葉も「……………うん…」と答えたのでした。

2019年9月にTwitterで公開された際に約26000RTと111000以上の「いいね」を集めて大きな反響を呼んだこのシリーズ。既に同人版・電子書籍版が3巻まで刊行・配信されていますが、Pericoさんは商業版刊行についてTwitterで次のように説明しています。

15分前の商業書籍化の話はこれまで色んな出版社から頂いて何度か断っていて、それは同人誌2冊分を同人誌の半額で売りたくない、これまで私の希望価格で買ってくれた読者さんに申し訳ないって気持ちがあったからなんですが…

けどこうして商業本として1冊にまとまって本屋で売らないと届かない人がいることは事実で、そういう人にも届けたいと思ったこと。また今後も同人版と電子版は変わりなく個人で発行したいという希望を少年エースさんが飲んで下さったので今回刊行にいたりました

第1話の夏葉の「…それはいやだなぁ…」というセリフに驚く祐希のページをカラーにしたものが表紙になっており、新規描き下ろし短編18Pが収録されているので、ファンならずとも注目したいところ。合わせてpixivコミックにも配信がスタートしており、ふたりの恋の行方を見守りたいという人がより増えそうです。

PericoさんのTwitter
https://twitter.com/perico_op [リンク]

access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧