ホンダから新型ビッグバイクが登場、Rebel 1100が今春発売開始に!

access_time create folder生活・趣味
ホンダから新型ビッグバイクが登場、Rebel 1100が今春発売開始に!

ホンダは、大型クルーザーモデルとなる「Rebel(レブル)1100 Dual Clutch Transmission」を2021年3月11日(木)&「Rebel 1100」を2021年5月13日(木)に、Honda Dreamより発売開始することを発表しました。

シンプルなだけでなくクールなイメージの同モデルは、ロー&ロングスタイリングなディテールに軽量かつ低重心で取り回しやすいボディサイズです。パワートレインは、扱いやすい特性に仕上げた水冷4ストロークOHCの直列2気筒1,082ccユニットが搭載されてます。

ここでは、新型となるRebel 1100のエクステリアや装備、価格、Rebelモデルの歴史などをご紹介していきます。

■Rebel 1100&Rebel 1100 Dual Clutch Transmissionの概要

引用:https://www.honda.co.jp/Rebel1100/

Rebel 1100は、「Sit back & Enjoy the ride」を基本コンセプトにしています。Rebelモデル共通コンセプトである低いシート高、フレームにくびれを持たせたディテールでナロースタイルに仕上げています。これらによって、低重心で安心感のある足つき性を可能にしています。

ライダーの乗車プロポーションを綺麗に魅せるだけでなく、ステップをペダル操作のしやすい位置に設置してます。エンジンは、35度のバンク角にしたことでスポーティーな走行も楽しめる仕様です。

普段のルーティンな走行だけでなく、ツーリング旅行や大勢での走行場面までの幅広いシチュエーションに対応しています。道路状況に合致した走行フィーリングになるように、ライディングモードが搭載されています。ドライバーをサポートすることも考えられていますね。

同モデル本来の自由に楽に乗って、さらにプロポーションよく格好良いスタイリングを最大限引き出すディテールであるといえます。

エクステリアカラーは、ガンメタルブラックメタリックボルドーレッドメタリックの2色です。

■Rebel 1100&Rebel 1100 Dual Clutch Transmissionのエクステリア

引用:https://www.honda.co.jp/news/2020/2201218-rebel.html

Rebelシリーズの「SIMPLE」&「RAW(未加工の素材)」デザインに、「CASUAL」と「SERIOUS」を追加しています。排気量相応の重厚感を醸し出し、乗車した状態で人馬が一体感のあるクールで、格好よく見えるプロポーションを醸し出しています。

アメリカンスタイルであっても、乗り辛かったり運転しにくいバイクになることのないように、配慮された作りこみがされているということでしょう。

これは、もともとラインアップにあるRebel 250&Rebel 500でもこの設計技法が使用されています。ただし、排気量増大に伴った重厚感アップと使いやすさを両立させている点が大きく異なっているといえるでしょう。

■Rebel 1100&Rebel 1100 Dual Clutch Transmissionの車両価格

引用:https://www.honda.co.jp/news/2020/2201218-rebel.html

車両販売価格一覧

・Rebel 1100 1,100,000円

・Rebel 1100 Dual Clutch Transmission 1,210,000円 価格は消費税込みです。

主要スペック一覧

車名・型式 ホンダ 8BL-SC83
全長 2,240㎜
全幅 850㎜
全高 1,115㎜
軸距 1,520㎜
最低地上高 120㎜
シート高 700㎜
車両重量  223㎏
乗車定員  2人
燃料消費率 WMTCモード値18.7㎞/L
最小回転半径 2.9m
エンジン型式 SC83E
総排気量 1,082㎤
内径×行程 92.0×81.4㎜
圧縮比 10.1
エンジン種類 水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒エンジン
最高出力 64[87](kW[ps]/7,000rpm
最大トルク 98[10.0]N・m[kgf・m]/4,750rpm
タイヤ フロント130/70B 18M/C 63H・リア180/65B 16M/C 81H
ブレーキ形式 フロント油圧式ディスク・リア油圧式ディスク

■Rebel 1100&Rebel 1100 Dual Clutch Transmissionのエンジン

引用:https://www.honda.co.jp/Rebel1100/design/

パワートレインは、1,082cc水冷4ストロークOHCの直列2気筒を搭載しています。最高出力は、87psです。270度位相クランクから生み出される不等間隔爆発によるトラクション性能とパルス感が魅力です。同エンジンは、高回転域までスムーズに吹け上がる特性に仕上げ、スロットルの開放感が楽しめる仕上げとなっています。

トランスミッションは、ライダーのクラッチ操作やシフト操作のいらないデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)仕様と、ライダー操作で、シフトチェンジをしていくマニュアルトランスミッションの2タイプが用意されています。

■Rebelの歴史

ホンダRebelは、1986年に日本国内向けに導入されたアメリカンタイプのモデルです。同モデルは名は、日本語訳では「反逆」を意味しています。これは、自由に行動を走行するという意味をあらわしていたといわれてます。

ホンダだけでなく、他のメーカーでもアメリカンタイプのバイクを製造していて、一定の人気を博していました。その中でもこのRebelは、スマートな印象のアメリカンタイプであったといえます。同モデルは、250㏄のカテゴリーで1998年の自動車排出ガス規制で一旦販売を終了しました。

その後2017年にアメリカで継続販売されていたRebelがフルモデルチェンジされたのに合わせ、日本国内でも販売することを発表しました。アメリカでは300㏄と500㏄であったのに対し、日本の規格に合うように250㏄と500㏄という排気量に変更して販売開始しました。

それから数年後の2021年に排気量を大幅に高めたRebel 1100&Rebel 1100 Dual Clutch TransmissionがビッグバイクとしてRebelモデルの頂点となることとなりました。

もともとアメリカでは、ハーレー等の大排気量バイクが一般的であったことから、このRebel 1100&Rebel 1100 Dual Clutch Transmissionもアメリカでの発表が先でもありました。

■まとめ

ホンダから新型ビッグバイクが登場、Rebel 1100が今春発売開始に!をまとめると

クルーザースタイルのRebelに大排気量モデルが登場します。
販売開始は、今春3月と5月を予定しています。
乗りやすさはそのままに、操る楽しさをアップさせたモデルです。

バイクのシーズンにあわせた3月・5月に販売開始になるのが魅力ですね。同モデルを検討している方は、じっくり検討する時間がありそうです。


関連記事リンク(外部サイト)

保険会社の特約でよく聞く「弁護士費用特約」って?
ホンダのピックアップトラック「リッジライン」が2021モデルを発表!
自動車保険のノンフリート等級ってどんな制度?

access_time create folder生活・趣味
local_offer
イキクル

イキクル

クルママガジン「イキクル」では、新車レビュー、ドライブ情報をはじめ、様々なクルマニュースやインタビュー、トレンドなどカーライフをより良くするためのオリジナルな情報を毎日発信しています!

ウェブサイト: https://ikikuru.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧