日本に行けずルーもないので自分で作った……日本風カレーをイチから手作りしたラトビア人が話題に

access_time create folder動画

「どなたか我と感動をわかちあってはくれくか!!」(原文ママ)

コロナ禍のため日本に訪れる事ができず、ルーも売っていないので、やむなくスパイスから手作りで日本風カレーを再現したラトビア人がTwitter上で注目を集めている。

https://twitter.com/ArturGalata/status/1362360487904751616?s=19

「我が名はアルトゥル!!日本へ行けず悲しいラトビア人!!日本のカレーが食べたくて自分で作った!!ルーは売ってないから全部手作りであります!!23種類の材料を使い、完全に日本のカレーができたんだ!!野菜もお肉もごろごろしていて日本の家庭で作るカレーだよ!!どなたか我と感動をわかちあってはくれくか!!」

“日本推しYouTuber”として活動するアルトゥル(@ArturGalata)さんが作ったのは、スパイス、野菜、オイル、ワインなど23種類の材料から作ったというカレー。深い褐色で具材がゴロゴロした見た目はまさしく日本風!

アルトゥルさんのカレーに対し、Twitterユーザーからは数々の称賛のコメントが寄せられている。

「我々が普段何気なく使っているルーがそんなに貴重品になるとは…改めて安定した価格で提供してくれる企業さんに感謝」
  
「とても本格的で美味しそうです
是非また日本のカレーを食べにいらしてください」
  
「スパイスを集めるほうが、ルーをてに入れるより、より大変だったかもしれないと思います。」
  
「スパイスから作るなんてハードル高い!と思いましたが、こんなにいい感じに出来上がるならぜひ挑戦したい!!」
  
「アルトゥルさん、日本のカレーの再現素晴らしい!ラトビア行きたーい!」

アルトゥルさんは自身のYouTubeチャンネルでこのカレーを作る様子をレポートしている。

『【カレーライス】スパイスからガチで作った本格が日本のルーを超える!』
https://youtu.be/KtjSobyXhgs

非常に美味しそうな仕上がりだが、食材の流通事情がまったく異なる中でイチから材料を集め、日本風のカレーを作るのは大変なご苦労だったと推察する。遠く離れたラトビアで、こうまで日本風のカレーに恋い焦がれる人がいたとは驚きだった。

アルトゥルさんが日本で好きなだけカレーを食べられるよう、一刻も早い新型コロナウイルスの終息を願いたい。

※画像提供:アルトゥル(@ArturGalata)さん

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folder動画
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧