精密なCGらしさを残した映画「メトロポリス」の背景原図

access_time create folderデジタル・IT

アニメーション制作においては、映像背景の元絵となる「背景原図」と呼ばれる作業があります。背景は、作品内で起こるあらゆる事象や世界観をビジュアルとして表現し、作品そのものの雰囲気を決定づける重要な要素です。

TVアニメシリーズやアニメ映画の美術原図や美術設定、CGストラクチャーデザインで知られる高畠聡さんの原図集「高畠聡アニメーション精密背景原図集」では、高畠さんが過去に手がけた映像作品の背景原図と、本人による解説に加え、制作当時のエピソードやインタビューなども併せて収録。緻密で正確な仕事の一端を垣間見ることができます。

本記事では、同氏がCGストラクチャーデザインを担当した映画「メトロポリス」(2001)の背景原画と解説を抜粋して掲載します。

©手塚プロダクション/METROPOLIS製作委員会

>この連載の他の記事はこちら


高畠聡アニメーション精密背景原図集

作品紹介

2001年に公開された劇場用アニメーション作品。手塚治虫の同名漫画である『メトロポリス』を原作としている。

国際指名手配されている科学者ロートン博士を逮捕するため、人とロボットが共存する大都市メトロポリスにやってきたケンイチ少年は、そこで謎の少女に出会う。その少女はメトロポリスの実権を握るレッド公が製作させたロボットだったが、それを知らないケンイチ少年は少女と行動を共にし、やがてレッド公との戦いに巻き込まれていく。

手塚治虫のキャラクターや世界観を活かしながら大胆にCG技術が導入されており、その美しい映像は海外でも評価が高い。高畠聡は「CGストラクチャー・デザイン」としてクレジットされている。

©手塚プロダクション/METROPOLIS製作委員会

作業解説

『AKIRA』の連載が終わった後、北海道に移住していました。その頃、デジタルを覚えたいと思い、コナミコンピュータエンタテインメント札幌に所属して、1997〜1998年ごろまでゲーム制作の仕事をしていました。そこではSoftimage3Dという3D用のソフトを使っていたのですが、その時『AKIRA』のアシスタントを一緒にやっていた末武康光さんから「Soft image3Dを使ってアニメーションの背景を作る仕事があるので、東京に来ないか?」と誘いを受けたのが『メトロポリス』参加のきっかけです。当時はノウハウが何もなく、自分達のアイデアや手探りで方法論を模索し、色々と本当に大変でしたが楽しかったです。

どの作業も一筋縄では行かなくて、ひとつひとつの素材に物凄い手間がかかっています。ビルの街並みなどもビルを一棟一棟別々にレンダリングしてあとからコントラストや色味を一棟ずついじれるようにしてあるんです。レイヤー数で言うと、100レイヤーを超えている素材もありました。昔のマシンで作業していましたからデータサイズが重すぎて動かなくなるとかよくありました。あの頃が懐かしいです。

ラジオシティの3Dモデル

これは作品序盤に出てくるラジオシティという建物で、元々あったデザインを参考に3Dモデルで組んでいます。ただ、手描きのデザインやディテールが足りなかったので、3Dモデルで組む際に私達でディテールを考えて加えていきました。

当初は色味も違い、単色での構成だったのですが、それではCGっぽい感じがするので掲載している画稿のようなカラーリングに変更しました。色に関しては二転三転して、一度背景美術の美峰さんに彩色を依頼したこともあります。とても違和感の無い素晴らしい背景が上がってきたのですが、それでは普通の背景美術に見えてしまい、3Dモデルの良さが埋もれてしまっていたので、CGはCGとわかった方が良いということになり、最終的にはわざとCGっぽさが残るようにしています。


ラジオシティはひとりで全て作ったものではなく、何人かのスタッフに振り分け、できたパーツを最終的に高畠聡がまとめている。

用語解説

背景原図
原画スタッフが描いたレイアウトの背景部分に対して細かいディテールを描き込んでいき、美術スタッフが背景を制作できるように整える作業を指す。レイアウトの修正作業も含まれる。

レイアウト
原画スタッフが描いたカットの設計図を指す。絵コンテを元にそのカットがどういう場所(背景)で、キャラクターがどういう芝居をするのかを描き込んだ物である。これを元に原画スタッフが原画(主にキャラクター)を、美術スタッフが背景原図の作業を行う。

背景美術
背景原図を元に美術スタッフが彩色を行った物を指す。これが本編でキャラクターと合わさり、背景として使用される。

3Dモデル
3Dで制作された立体的な素材全般を指す。主にキャラクター、美術、プロップなどが挙げられる。3Dモデルに対して2Dのテクスチャ(素材)を貼り付けてディテールアップをすることもある。

CG
コンピュータグラフィックスの略。Photoshopなどで描かれた2Dの画稿なども含む、デジタルで制作された素材全般を指す。


高畠聡アニメーション精密背景原図集

関連記事リンク(外部サイト)

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.5
キヤノン写真新世紀2020年度(第43回公募)グランプリ受賞者決定
アート展示で日常の中に出現する増田セバスチャンの世界

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
PICTURES

PICTURES

PICTURES(ピクチャーズ)は、玄光社が運営するものづくりを刺激するウェブマガジン。写真・映像・イラスト、本など、クリエイティブの最新情報が満載。

ウェブサイト: https://genkosha.pictures/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧