手越祐也さん「自分に重なる部分も多くてすごく共感出来たし感動しました」 映画「えんとつ町のプペル」を観たとツイートし反響

access_time create folderエンタメ

昨年末に公開され話題となっている、西野亮廣さん製作総指揮の映画「えんとつ町のプペル」。堀江貴文さんや中田敦彦さんをはじめ、さまざまな有名人が映画を称賛している。一方で、東野幸治さんの評価は微妙といったところか。

参考記事:
東野幸治さん「教団プペルでしょ?」「田村さん気持ち悪かった」 YouTubeで対談した西野亮廣さん「この人、本当に頭がおかしい…」
https://getnews.jp/archives/2933851[リンク]

また、2月9日発売の光文社「FLASH」は、テレビ番組で西野さんを「捕まってないだけの詐欺師」と評した千鳥の大悟さんに直撃取材。プペルはまだ観てないが応援したいと思っている、とのコメントが掲載されていた。

2月11日には、手越祐也さんがTwitterにて

今日は映画観てきたー
えんとつ町のプペルー!自分に重なる部分も多くてすごく共感出来たし感動しました。
改めて西野さんすごいなと思ったし、観にいってよかった〜♪

とツイートし、映画の半券を手にした画像をアップした。
反響を呼び、「私も観ました」という返信が寄せられる。「泣きました」「感動しました」という感想が比較的多かったようである。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧