サーフィンでの着替え場所・方法は?おすすめアイテムも

access_time create folder生活・趣味
サーフィンでの着替え場所・方法は?おすすめアイテムも

サーフィンをするときは当然のことながら水着やウェットスーツに着替えます。

しかし、場所によっては「どこで着替えたらいいのか?」と困るときがありますよね。

海まで車を使って行っていれば車内で着替えることが出来ますが、そうでない場合は着替える場所を探さなければいけません。

特にサーフィンを始めて間もない頃というのは、こうした「着替え場所問題」に遭遇することが多々あります。

そこで、この記事ではサーフィンをする時の着替え場所や着替える方法、便利に着替えられるおすすめのアイテムなどをご紹介していきます。

こちらの内容さえ把握しておけば着替えの問題で困らなくなりますので、どうぞ参考にしていってください。

サーフィンでの着替え場所・方法は?

サーフィンをするときはあらかじめ着替える場所があるかどうか調べておくことが大切です。

特に女性の場合は着替える場所がないと困ってしまうケースが多いと思います。

そんなときは海の近くに「公共施設の更衣室」もしくは「サーフショップ」がないか調べてみましょう。

公共の更衣室

「サーフィンをするために水着やウェットスーツに着替えたい」といったときにあると便利なものが公共施設の更衣室です。

サーフィンが盛んにおこなわれているエリアだと、更衣室を貸し出している公共施設が近くにあるケースが多いです。

たとえば、神奈川県の鵠沼海岸には「湘南海岸公園」の敷地内にサーフビレッジという施設があります。

サーフビレッジの詳細はこちら

こちらには更衣室やコインロッカー、さらに温水シャワーなどの設備が整っていて非常に便利です。

誰でも気軽に利用ができますので、鵠沼海岸近くでサーフィンをする機会が多い方はぜひ覚えておいてください。

ちなみに貴重品をコインロッカーに預けておけると、安心してサーフィンに没頭できます。

また、ここまで大きな施設でなくてもサーファーが多い海沿いの地域には、更衣室兼コインシャワーが利用できる施設があったりもします。

千葉県のサーフィンが盛んな九十九里浜の近くには、更衣室とコインシャワーが併設されている施設もあり、夏以外でも利用できるようになっています。

99beach コインシャワー

さらにこの施設では自前のポリタンクにお湯を入れることも可能です。

持ち運べるくらいの大きさのポリタンクであれば、お湯を入れて海まで持っていくというのも良いでしょう。

このように海辺には意外と更衣室やコインシャワーが使える公共施設がありますので、サーフィンに出掛ける前にぜひ下調べをしておいてください。

サーフショップの更衣室

サーフィン時に着替えるときは海の近くにあるサーフショップで更衣室を借りるというのもひとつの手です。

サーフショップは公共施設より見つかる可能性が高いので、あらかじめ調べておくと非常に助かります。

更衣室やシャワーの貸し出しを有料で実施しているサーフショップは数多くあり、サーフボード・ウェットスーツのレンタルなどもおこなってケースが多いですので、レンタルする場合にはあわせて更衣室も利用するというのもいいでしょう。

もちろんこうしたサーフショップは全国各地にあります。

試しにサーフショップで更衣室を借りてみると店員さんの人柄なども分かり、行きつけのサーフショップが見つかるかもしれません。

こうした出会いもまた、サーフィンの醍醐味と言えるでしょう。

ポンチョ

公共施設やサーフショップがないほどローカルなポイントでサーフィンをする場合は、ポンチョを利用して着替えをおこないましょう。

最近はサーフィン用のポンチョがたくさん販売されていますので、探すのには困りません。

男性でも女性でも身体がすっぽりと隠れるサイズのポンチョを身に着けていれば、どこでも着替えることが出来ます。

そのため、サーフィンを始めたばかりの方はひとつで良いのでマイポンチョを購入しておいてください。

サーフィンでのポンチョの必要性

着替えるときにポンチョがあると便利と伝えましたが、ポンチョはただ着替えるためだけに使うものではありません。

サーフィンをするときに専用ポンチョを持っていると、寒さ対策にも効果があります。

実際、真夏以外のシーズンだと1ラウンド目と2ラウンド目の間に身体が冷えてしまうことが多々あります。

そういった経験がある方はぜひポンチョをひとつ海まで持っていってください。

普通の服を着ると海水でベタベタしてしまって気になるという方でも、サーフィン用のポンチョであれば気にならないはずです。

また、ポンチョは身体をササっと拭くのにも使えるので一石三鳥くらいの働きをしてくれます。

さらに女性の方の中には身体をあまり見られたくないといった方も多いと思いますが、ポンチョがあればそういった視線からも身体を隠せますのでとても便利です。

このように、サーフィン用のポンチョはサーファーの必須アイテムとも言えます。

そこで、次におすすめのポンチョ3選をご紹介していきたいと思います。

サーフポンチョおすすめ3選

ここからはサーファーにおすすめのポンチョを3つご紹介していきますので、ぜひ参考にしていってください。

お着替えポンチョ 着替え タオル 速乾 マイクロファイバー メンズ レディース サーフ ポンチョ サーフィン スポーツタオル 海 海水浴
posted with カエレバ
楽天市場
Amazon
Yahooショッピング

まずひとつ目は吸水力と速乾性に優れた「マイクロファイバーポンチョ」です。

ゆったりとしたデザインとサラサラの肌触りが魅力的なポンチョで、ひとつ持っておけば防寒・紫外線対策・バスタオルとしての用途に使えます。

なお、カラーはピンク・ネイビー・ダークグレー・ライトグレーの4パターンです。

価格的にもひとつ2,000円程度なので、気軽に購入がしやすいかと思います

こちらのポンチョはエクササイズのためにプール通いをしている方にもおすすめです。

サーフィンでの着替え場所・方法は?おすすめアイテムも
DECANT デキャント ポンチョ MICRO FULL ZIP UP PONCHO マイクロフルジップアップポンチョ マイクロファイバー お着替え 袖有り サーフィン 海水浴 日本正規品
posted with カエレバ
楽天市場
Amazon
Yahooショッピング

2つ目は「ジップアップタイプのポンチョ」です。

身体の前部分がフルジップアップになっているので、女性の方の場合は髪型を崩さず着脱ができます。

また、こちらのポンチョは内側に1つと外側に2つのポケットが付いていて非常に便利です。

浜辺にスマホや小銭入れを持ち込む際にも使えるので、ぜひ試してみてください。

さらにフードが付いているので顔への紫外線対策にも役立つと思います。

カラーバリエーションが6種類と豊富なところも特徴的で、柄の入ったデザインに関しては海でも目立つこと間違いなしです。

サーフィンでの着替え場所・方法は?おすすめアイテムも
【RVCA】ルーカ 2020春夏 RVCA メンズ RVCA TROOPER PONCHO ポンチョ ジム トレーニング サーフィン カッパ【あす楽対応】
posted with カエレバ
楽天市場
Amazon
Yahooショッピング

最後にご紹介するのはサーフブランド「RVCA(ルーカ)」から販売されているオシャレなポンチョです。

こちらの特徴にはとにかくスタイリッシュなシルエットをしているところが挙げられます。

海でもオシャレさを忘れたくない方には最適なポンチョと言えますね。

もちろん機能性に関しても抜群で、素材には半分以上コットンを使っているため肌触りも最高です。

色々なシーンに使えるポンチョですので、どうぞひとつ購入しておいてください。

まとめ

サーフィンのときの着替え問題を解消するため、おすすめのポンチョ3選をご紹介してきました。

ご覧いただいたポンチョはどれも品質の良いものばかりですので、きっと気に入ってもらえるかと思います。

なお、本文の前半でもお伝えしたようにサーフィンをするときは着替える場所があるかどうか事前にチェックしてから出掛けるようにしましょう。

サーフィンポンチョおすすめ12選!メンズ・レディース別におしゃれなブランドを厳選

The post サーフィンでの着替え場所・方法は?おすすめアイテムも first appeared on Slow Surf Style(スローサーフスタイル).


関連記事リンク(外部サイト)

【水野亜彩子 監修】簡単ピラティスエクササイズ|サーフィンの上達〜ダイエットにも
サーフィンが楽しめるラジコンとは?『RCサーファー』の特徴・遊び方
Def Tech・MicroとShu Dosoによる新ユニット『WST』の新曲MVが公開

access_time create folder生活・趣味
local_offer
Slow Surf Style

Slow Surf Style

サーフィンにまつわるニュースやライフスタイル、おすすめサーフアイテム、4コマ漫画などを発信するメディア

ウェブサイト: https://naminorihack.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧