【歴史グルメ】浅草はヨシカミのビーフシチューを食べに行くところ

access_time create folderグルメ

yoshikami

 

浅草はハイカラな街。昭和時代からそんなイメージがありましたが、それは令和時代も同じ。外出している人が少なく、いつもの賑やかさは感じないかもしれませんが、洋食レストラン「ヨシカミ 浅草店」(東京都台東区浅草1-41-4)は元気に営業中。店内では多くの客が洋食を楽しんでいます。

 

・看板メニューと化しているビーフシチュー

ヨシカミのメニューには「これぞ洋食!」といえる料理がずらりと並んでいます。オムレツ、オムライス、カツサンド、カツレツ、カレーライス、コロッケ、スパゲティ。……日本人がイメージする洋食はほとんどこの店で食べられます。特に看板メニューと化しているのがビーフシチュー。

 

yoshikami3
yoshikami4
yoshikami
yoshikami1

 

・強い旨味をヨシカミの職人技が増幅

ビーフシチューは当然「液体」なのだが、液体と思えないほど濃縮、濃厚、濃密。しかし、だからといって塩味も酸味も甘味も濃すぎるわけではなく、食材それぞれから放出された強い旨味をヨシカミの職人技が増幅させるのです。

 

・ビーフシチューを昇華させる職人技

1人前2600円ですが、可能ならば3人前ぐらいガッツリと食べたくなります。ここまでビーフシチューを昇華させる職人技。歴史ある洋食レストランだからこそ生まれた味なのでしょう。

 

 

 

もっと詳しく読む: 【歴史グルメ】浅草はヨシカミのビーフシチューを食べに行くところ(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2021/02/05/tokyo-asakusa-yoshikami/

 

ヨシカミ 浅草店
住所: 東京都台東区浅草1-41-4
時間: 11:30~22:00 (通常営業時 / 要確認)
休日: 木曜日 / 木曜祝日の際は営業 (要確認)
備考: 臨時休業や営業時間短縮など常に変更になることがありますのでご確認ください

 

access_time create folderグルメ

東京メインディッシュ

気になる”お店”のオススメが分かる、使えるレストラン情報! 東京を中心とした秘密のグルメや”おいしい”ニュースを、某編集者たちがお届けします☆

ウェブサイト: http://main-dish.com

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧