【贅沢グルメ】ラーメン二郎のラーメンは生卵に浸して食べるとウマイよ / 生とじ玉子だと最強

access_time create folderグルメ

ramen-jiro6

 

ラーメン二郎はそのまま食べても美味しいが、一部のお店で食べることができるトッピングを足せば、その美味しさが増幅されることがある。なかでも試してほしいのが、ラーメン二郎のラーメンに生卵をトッピングする方法だ。

 

……と偉そうに書いているが、ラーメン二郎好きであれば多くの人たが知っている食べ方。ラーメンの麺を生卵に浸して、すき焼きのように食べる方法である。スープやニンニクを纏ったガッツリコッテリな麺が、生卵によって濃厚なコクが付加されるのだ。

 

・生卵は「生とじ玉子」がベスト

特にラーメン二郎歌舞伎町店の生卵は「生とじ玉子」と呼ばれており、生卵に刻み海苔が入れられているのだが、これに麺を浸して食べると絶品。海苔の香ばしさや、海苔が吸い込んだ生卵が麺のコクをさらに強めるのである。

 

ramen-jiro2
ramen-jiro4
ramen-jiro6
ramen-jiro7
ramen-jiro5
ramen-jiro1

 

・まさにリッチなラーメン二郎ともいうべき食べ方

そのまま食べれば極上のラーメン二郎のラーメンが楽しめ、生卵に浸せばすき焼きの高級感溢れるテイストを堪能できる。まさにリッチなラーメン二郎ともいうべき食べ方なのである。ちなみに、ラーメンに生卵を入れて食べる方法もあるが、あなたはどんな食べ方がお好きだろうか。

 

・頼もしいラーメン二郎マニアの味方

ラーメン二郎マニアによると、初めはラーメンをそのまますすり、途中からすき焼き風に食べ、最後は生卵を丼に投入し、麺も具もスープも完食するのが最高に幸せな食べ方だという。そう、生卵があるだけで、美味しさが何倍にも膨らむのである。生卵は、なんとも頼もしいラーメン二郎マニアの味方といえよう。

 

ramen-jiro

 

 

もっと詳しく読む: 【贅沢グルメ】ラーメン二郎のラーメンは生卵に浸して食べるとウマイよ(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2021/02/01/ramenjiro-namatamago-umai/

 

ラーメン二郎 新宿歌舞伎町店
住所: 東京都新宿区歌舞伎町2-37-5
時間: 11:30~27:00 (緊急事態時は20:00まで / 要確認)
休日: 水曜日 (要確認)

 

access_time create folderグルメ

東京メインディッシュ

気になる”お店”のオススメが分かる、使えるレストラン情報! 東京を中心とした秘密のグルメや”おいしい”ニュースを、某編集者たちがお届けします☆

ウェブサイト: http://main-dish.com

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧