9人の刺客たちと死闘を繰り広げる福士誠治さんがひたすらにクール! クライムアクション『ある用務員』:映画薄口レビュー

access_time create folder映画

半年ぶりの寄稿となります今回の勝手に映画薄口レビューは、公開が始まった映画『ある用務員』です。ソ・ジゾブ主演の『ある会社員』みたいなタイトルですが、大変興奮する映画でした。このレビューは薄口ですが、映画の味付けはヒリヒリする緊張感に満ちたアクション映画!以下、ネタバレの感想を展開していくので、気になる方は退避してください。

■公式サイト:https://www.youmuin-movie.com/ [リンク]

お話の構成はシンプルなほうでした。用務員としてとある高校で働く主人公・深見は、元暴力団員だった父がいましたが、幼い頃、何者かに射殺されています。深見は暴力団には属さず、学校で用務員として働いている背景には、その父親の組兄弟・真島善喜の命令で、彼の娘・真島唯の見張りをしているからです。ところがある日、暴力団の抗争が勃発して善喜が殺されてしまい、その娘の唯までも狙われるハメに…というお話です。

9人の刺客が放たれ、瞬く間に戦場と化した学校で深見は用務員としての衣を脱ぎ捨て、唯のガードに入るのですが、意外にも映画初主演&本格アクション初挑戦の深見役の福士さんが、身を呈して守り抜こうとするわけです。一度始まったら続々と刺客が深見&唯に襲い掛かり、ノンストップでラストまで駆け抜けるのですが、逃げずに応戦していく福士さんがですね、これがまた、ひたすらにカッコいいです。

初期の沈黙のセガールみたいに圧倒的に強い暗殺マシーンというわけではなく、だんだんとダメージを負いながらも彼女を守り抜こうとして満身創痍になっていく。そこには悲哀も漂い、本作とは関係ないですが、ウォンビン主演の『アジョシ』を思い出しました。

また、般若さんや前野朋哉さん、渡部哲さんなどなど、豪華キャスト陣の、まるでお芝居を楽しんでいるかのような熱演も気持ちがいいほか、個人的に面白いなと思ったのは、随所に入っている小さな笑いの数々。その効果は「シリアスとのバランスを図る」「余計に怖くなる」など、いろいろとあろうかと思いますが、意外なものも多く、面白かったです。興奮を煽る音楽や、どうしても気になるラストシーンまで、シンプルに見えて一筋縄ではいかないような味わいがあり、非常に楽しめる作品でした。

そして唯を演じた女性は、若手女優の中で今もっとも注目を浴びているだろう芋生悠さん。ちなみにガジェット通信では、映画公開に合わせて、芋生さんにインタビューを行いました。芋生さんご本人は空手を得意とするのですが、今回はアクションをまったくしておらず、それもまた意外性の妙とでも言いましょうか。唯というキャラクターを通じて、あるメッセージを投げかけたいと思ったそうで、合わせてお読みください。

■関連記事:「いま夢を持てない人に観てほしい」女優・芋生悠が、映画『ある用務員』のヒロイン役を通じて届けたい想いとは? [リンク]

ちなみに全上映劇場で来場者に劇場パンフレット(全32P)を進呈しているそうで、これにもびっくりしました。映画のおともに、映画鑑賞の記念にもなるので、在庫があるうちに(?)映画館へ行ってみてください。

映画『ある用務員』
公開中
(C) 2021「ある用務員」製作委員会

(執筆者: ときたたかし)

access_time create folder映画
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧