綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

access_time create folderエンタメ
綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

綾野剛&舘ひろし初共演の『ヤクザと家族 The Family』は、ヤクザという生き方を選んだ男を3つの時代にわたって描いたヒューマンストーリー。『新聞記者』で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した藤井道人監督がスタッフを再集結させて撮った作品です。現場でのエピソードを監督に語っていただきました。

<作品概要>
『MOTHER マザー』『新聞記者』など、鋭い視点で現代を表現する映画会社スターサンズと、スタイリッシュな映像とクールな男性像を描くことに定評のある『新聞記者』の藤井道人監督が「ヤクザ」をテーマに挑んだ作品。変わりゆく時代の中で排除されていく”ヤクザ”という存在を1999年、2005年、2019年と変わりゆく3つの時代の価値観で切り取り、抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた。
少年期に柴咲組組長の危機を救ったことからヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治役に今回初のヤクザ役となる綾野剛。綾野演じる身寄りのない孤独な少年・山本に手を差し伸べ、“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を、ヤクザ役は43年ぶりとなる舘ひろしが演じた。
主題歌には綾野自らオファーしたという常田大希がmillennium paradeとして加わり、書き下ろした楽曲で本作を彩る。

<あらすじ>
1999年、父親を覚せい剤で失い、その日暮しの生活を送っている時に、柴咲組組長の危機を救った男・山本賢治(綾野剛)。自暴自棄になっていた自分に手を差し伸べてくれた柴咲博(舘ひろし)に心の救いを得て、二人は父子の契りを結ぶ。
2005年、短気な面もあるが一本気のある山本は、ヤクザの世界で男をあげていく。激化する因縁の相手・侠葉会との争い、自分と同じような境遇で育った女性との出会い、大切な家族である仲間を失ってしまうなど、人生を大きく揺り動かす激動の瞬間に愚直なまでに向き合って生きる山本。そして彼は自分の【家族・ファミリー】を守るために、ある決断をするー。
2019年、14年もの年月を犠牲にした山本が出所後目の当たりにしたのは、暴対法の影響でかつての隆盛の影もなく、存続していくのもギリギリな状態に一変していた柴咲組の姿。時代の流れによる大きな変化に戸惑いながらも、愛する家族との生活を望み、新たな人生を歩もうとする山本に、状況を根底から揺るがす事件が起きる。

カットは俳優部の動きを見てから割る

――ヤクザの抗争を描いた作品はこれまでもありましたが、家族からヤクザを描いた作品は珍しいと思いました。本作は監督の完全オリジナルですが、物語を思いついたきっかけをお聞かせください。
『新聞記者』を撮った後に、スターサンズの河村光庸プロデューサーと「次は何を撮ろうか」という話になりました。原作、オリジナルといろいろ手段はありましたが、2人でいろんな案を出していく中で、河村さんから「ヤクザの話をやらないか」と言われたのです。僕はヤクザの映画が好きなので、「いいですね」というところからオリジナルの企画がスタートしました。
ただ、好きなものと自分が撮りたいものは違います。1992年に暴力団対策法が施行され、ヤクザは社会から溢れ落ちてしまいました。しかし、ヤクザがかわいそうという物語にはしたくない。では、自分たちが今、いちばん感じているのは何だろうかと考えたとき、繋がりの弱さがその1つだと気がつきました。人はネットで繋がったりしていますが、実際の絆としては血の繋がり以外が弱くなっている。これをメッセージとして込められないかと考えて、家族とヤクザを掛け合わせたオリジナルストーリーにしました。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

――1999年、2005年、2019年と変わりゆく3つの時代の価値観で切り取った壮大なクロニクル(年代記)になっています。最初からそのような構成を思いついたのでしょうか。
すぐに脚本を書く時間が僕にはなくて、最終的には僕が書くことを前提に、初めは別の方に書いていただきました。そのときの脚本は現在だけを描いていましたが、クランクイン直前に僕ががっと書き直したときに三部構成を思いついたのです。

――第一章で山本が走って逃げるシーンを真下から撮った画がおもしろかったです。撮影が学生時代からの盟友ともいえる今村圭佑さんだからこそ、チャレンジができたのでしょうか。
あれはカメラを構えて寝っ転がっている今村の上を、剛さんが飛び越えていったのです。1秒も使っていないシーンですけれどね。
僕たちはこの10何年で2人合わせて100本くらい映画を作っています。全カット、チャレンジですが、僕らは「次はこういうチャレンジをしよう」とわざわざ現場で喋ったりしないんですよ。

――阿吽の呼吸でわかるのでしょうか。
阿吽の呼吸というのではなく、本に書いてあるという感じですね。2人で頭を突き合わせて脚本の最初から話をするんですが、そこではカット割りはしません。“基本的にほしいのはこういうことなんだ”、“こういうことのために次はこの人のこの表情からいきたい”という世界観だけ共有して、ほかは“誰々はどっち目線が基本”、“横顔は絶対にこっちから撮りたい”といった約束事だけ決めて、あとは現場勝負です。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

――カット割りをしていないんですね。
ポン・ジュノ監督のようにすごく丁寧な絵コンテを描く監督もいらっしゃいますが、僕は俳優部を絵コンテの世界に閉じ込めるのではなく、まずは自分が感じた通りに動いてほしい。それを見てからカットを割ってカメラを構えるやり方をしています。

――山本と柴咲が乗っている車が事故を起こしたシーンをワンカットで撮っているのも印象的でした。
あれはワンカット風です(笑)。

――ワンカット風なんですか!
「ワンカットでしたね」と言われるとうれしいのですが、映像的なトリックを使っていて、実はカットポイントが2つあるんです。
あのようなシーンは一般的に、銃を構えた画、驚いた表情、バンバンバンという銃口の嵐とカットを割ってテンションを上げていきます。それをあえて息継ぎなしのワンカットで見せてみようとチャレンジしました。

――今村さんはずっと助手席に乗って撮っていたのでしょうか。
乗っていますね。事故の衝撃をもろに受けて撮っています。

――カメラマンも命懸けなんですね。
「やってみたい」と本人が言い出したので、がんばってもらいました。

 

剛さんのアイデアのお蔭で脚本がよくなった

――山本が車に轢かれるシーンもワンカットに見えるのですが、いつスタントの方に変わられたのでしょうか。
あれは剛さんご本人です。スタントは入っていません。すごいですよね。

――ええっ!ご本人なんですか!! 
今回、剛さんの吹き替えは1カットもありません。海に落ちるシーンがあるのですが、それは引き画にもかかわらずご自身でされています。車に轢かれるシーンもスタントにする方法はいくらでもあったのですが、剛さんが「ここはワンカットでいったらカッコいいよね。がんばるよ」と言ってくださったのです。
普通は事前に“ここにきてこうして、次にこうして”という段取りをするのですが、轢かれるシーンはそれができないので、3回くらい轢かれてもらいました。テイク1はちょっと違う感じで、テイク3がよかったので作品に使っています。
剛さんに“行こうぜ!”みたいな気迫があって、そのスタンスでいてくれる。だから、こちらもその勢いでいけたので、カットを割らないで済みました。実は僕、轢かれる人をそのまま撮ったのは初めてでした。すげえなって思いました。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

――その綾野剛さんをキャスティングした決め手はどんなことだったのでしょうか。
次回作を相談していたときに河村さんが「綾野剛さんは素晴らしいから、綾野剛さんで何かできないか」とおっしゃったのです。そこで河村さんが剛さんの事務所にオファーに行ったところ、「ぜひやりたい」と快諾していただき、僕はほぼ剛さんに当て書きで脚本を書きました。

――監督が脚本を書く段階では綾野さんが決まっていたのですね。脚本を書く際に綾野さんにも意見を出してもらったりしたのでしょうか。
僕が書いた脚本を剛さんに読んでもらって、話す機会があり、山本がどういう人間なのか、ディティールを剛さんと一緒に作っていくというすごく贅沢な時間をいただきました。

――脚本を作りながら、綾野さんも役作りをしていかれたのですね。
剛さんはすごく忙しいのですが、撮影前の準備期間をちゃんと作る方で体の改造もしてくださいました。1999年の山本は金髪ですが、撮影の前日に染めるのではなく、撮影の何週間も前から金髪にして、ちょっとプリンにしておく。剛さんは細やかに山本を作ってくださいました。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

――綾野さんからの提案もあったのでしょうか。
剛さんとはたくさんのことを共有しましたね。クリエイターへのリスペクトが強く、「俺がこうしたいからこうしてくれ」ということがないんです。「こう思うんだけど、監督としてはどうかな?」といった感じ。それがすごくおもしろいときもあるし、「いや、剛さん、こうしたらもっと面白いよ」というときもある。そこに今村やチームのみんなが重なって、1つ1つのシーンを作っていきました。
脚本としても、僕は初稿で後味の悪いラストシーンを書いていました。それはそれで気に入ってくれたのですが、「暴力の連鎖をどういう風に止められるのか。具体的なアイデアはないけれど、山本の選択が子どもたちの未来に何かを残し、少しだけ前を向けるようなラストにしたい」と言われて、今の形になったんです。そういうことをいうと “本に口を出された”と感じる監督がいるかもしれません。しかし、本に対する主演としての感覚を教えてくれるというのはすごく大事なこと。僕は剛さんのアイデアのお蔭で脚本がよくなったと思っています。

――今回、綾野さんとかなりコミットして作っていかれたのですね。
一緒に1本のものを作るという一蓮托生の覚悟で、すごく多くの時間を過ごさせていただきました。

舘ひろしさんから作品に対する姿勢を学んだ

――柴咲組の組長を演じた舘ひろしさんは刑事のイメージが強かったので、意外なキャスティングでした。
『あぶない刑事』の印象ですね。僕は舘ひろしさんのファンですが、刑事のイメージはないのです。日常的に醸し出される舘さんの優しさから、「こういう人がお父さんだったり、柴咲組の組長だったりするといいな」と思って、キャスティングのときにプロデューサーに「この役は舘さんがいいです」と伝えました。舘さんは台本を読んで気に入り、オファーを受けてくださいました。僕にとっては一生の思い出ですね。

――舘さんの登場シーン、色気があふれていてどきどきしちゃいました。
舘さんはオーラがすごいですよね。普段は消していらっしゃると思いますが、それでももれていますからね。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

――今回、舘さんから何か学んだことはありましたか。
作品に対する姿勢ですね。舘さんは大スターですが横柄なところがなく、助監督の末端の人にもちゃんと挨拶をする。台本をしっかり読んで、監督とディスカッションをし、絶対に1つ1つの仕事の手を抜かない。出番が終わった途端、「はい、お疲れ!」みたいなこともしない。息子ほど歳の離れた僕の言葉もしっかり聞いてくださいますし、何よりもスタッフみんなにリスペクトがありますね。たくさんの功績を残した先輩がこういう姿勢で映画を作っているのですから、後輩である自分たちはさらに身を引き締めなければいけないという気持ちになりました。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

――俳優部を含め、スタッフのみなさんに舘さんへのリスペクトが生まれたわけですね。
もちろんです。剛さん、舘さんという俳優部の2人が作品づくりにものすごいエネルギーを掛けてくださっているのを見ていると、“僕たちはすごいものを作っているんだぞ”という自覚や自信が芽生えて、うまくいきました。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

――柴咲が山本の金髪の頭を撫でるシーンが印象に残りました。
僕も大好きなシーンです。柴咲が自分の若いときを山本に見つけたのかもしれませんね。山本はつっぱっているけれど、どこかで誰かと繋がりたいと思っていた。柴咲が「行くとこあるのか」と言って頭をなでることで、うちに来いという気持ちが伝わってきます。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

――そんな山本に対して、中村は言葉や行動には出しませんが、嫉妬していましたね。
中村を演じた北村有起哉さんは『新聞記者』にも出ていただきましたが、素敵な方ですよね。中村が山本に嫉妬していることを脚本に具体的には書いていません。有起哉さんがどう演じるのかなと思って見ていたら、2人を見ているだけなんです。でも、嫉妬しているのが伝わってくるじゃないですか。あれが有起哉さんの魅力です。何もしないで立っていても、その雰囲気が出せるというのはすごいですよね。
キャラクターシートはお見せしますが、自分なりに面白がって、あのように作ってくれる。有起哉さんと一緒に作品を作る醍醐味ですね。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

この作品で藤井組として1つの答えを出せた

――山本が家族を作りたかった女性・由香を演じた尾野真千子さんも素敵でした。
今回、キャストは大勢出ていますが、男性ばかり。女性は寺島しのぶさんと尾野真千子さん、新人の小宮山莉渚さんの3人しか出てきません。しかし寺島しのぶさんと尾野真千子さんの方がよっぽどたくましい。尾野さんは立ち居振舞いやお芝居から組を包み込んでくれる母性みたいなものを感じて、姐さんに甘えながらついていかせていただきました。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

――撮影を振り返って、今のお気持ちをお聞かせください。
大学時代から映画を撮り続けて、12年が経ちました。『新聞記者』で思いがけず名前が売れてしまいましたが、学生時代の自主映画からやっているメンバーと“この作品で自分はこういう監督なんだ”、“藤井組はこういうものが作れるんだ”という1つの答えを出せたと思っています。この作品は自信があるし、すごく好きです。そして、これからももっともっと答えを出していきたいと思っています。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

――監督のお話をうかがっていると、藤井組という組に対する意識が強く感じられました。
“用意、スタート”を掛けて、まとめるのが僕の仕事ですが、組がバラバラだとすぐに“あの組、撮影監督と照明の仲が悪いな”とか、“監督と助監督がうまくいっていないな”と役者にバレるんですよ。だから、自分がリスペクトできるチームで組を作り、そこに絆があって、しっかり繋がっていることが大事。その上で、そこに初めて入る俳優部を緊張しないように迎え入れてあげる体制を作りたい。それが少しずつうまくいってきているので、傍から見ても藤井組はいい組なんじゃないかと自信を持っています。
もちろん、いろんなスタッフとやることも悪いことではないと思いますが、自分はその時期が終わったと思っています。藤井組を一番好きだという人たちとしっかり結果を出して、それをどう後輩たちに還元していくかを考えていきたい。助手たち同士が映画を作ってくれたらうれしいですね。

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

――この作品で描かれる人の絆が藤井組にも感じられますね。それでは最後にこれから作品をご覧になる方に向けて、ひとことお願いします。
若干、攻撃的なタイトルではありますが、今、僕たちが人とどう繋がるかということを家族の愛に視点を置いて描いた物語です。綾野剛という唯一無二の俳優とこの作品を一緒に作れたこと、舘ひろしさんをはじめとする素晴らしいキャスト、スタッフとこの映画を作り上げたことを誇りに思います。ぜひ大事な人とご覧ください。
(取材・文:ほりきみき)

<プロフィール>

藤井道人監督
1986年生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。大学卒業後、10年に映像集団「BABEL LABEL」を設立。伊坂幸太郎原作『オー!ファーザー』(14)でデビュー。同作は13年東京国際映画祭特別招待作品に選出された。19年に公開された『新聞記者』は日本アカデミー賞で作品賞を含む6部門受賞をはじめ、映画賞を多数受賞。主な作品は『幻肢』(14)、『TOKYOCITYGIRL』(15)、『全員、片思い嘘つきの恋』(16)、『光と血』(17)、『悪魔』(18)、『青の帰り道』(18)、『デイアンドナイト』(19)、『宇宙でいちばんあかるい屋根』(20)。

『ヤクザと家族 The Family』

綾野剛がスタントなしで挑んでくれたと『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督が振り返る

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

出演:綾野剛
尾野真千子 北村有起哉 市原隼人 磯村勇斗
菅田俊 康すおん 二ノ宮隆太郎 駿河太郎
岩松了 豊原功補 / 寺島しのぶ
舘ひろし
監督・脚本:藤井道人 
音楽:岩代太郎
主題歌:「FAMILIA」 millennium parade(ソニー・ミュージックレーベルズ)
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸 
プロデューサー:佐藤順子 角田道明 岡本圭三 
撮影:今村圭佑 
照明:平山達弥 
録音:根本飛鳥 
キャスティング:おおずさわこ 
美術:部谷京子
衣装:宮本まさ江 
ヘアメイク:橋本申二 
助監督:逢坂元 
制作担当:大川哲史
題字:赤松陽構造 
スチール:八木咲
編集:古川達馬 
配給:スターサンズ/KADOKAWA
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
2021年1月29日(金) 全国公開

映画『ヤクザと家族 The Family』| 1月29日(金)全国公開


関連記事リンク(外部サイト)

撮影技術と美術、衣装、メイクのコラボレーションを楽しんでほしい『スパイの妻』黒沢清監督インタビュー
「煽りで撮ったガンちゃんの表情が印象に残る」と『名も無き世界のエンドロール』佐藤祐市監督が語る
成功するより挑戦することが大事『おもいで写眞』主演・深川麻衣さん×熊澤尚人監督インタビュー

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧