大人の雰囲気を醸し出すイケメン俳優サイモン・ベイカー出演作品おススメ3選

access_time create folderエンタメ
大人の雰囲気を醸し出すイケメン俳優サイモン・ベイカー出演作品おススメ3選

日本でも屈指の人気を誇るイケメン俳優サイモン・ベイカー。彼が出演した映画や海外ドラマの中から、特におすすめの作品を厳選して紹介します!

『堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン-』(2001-2004)

大人の雰囲気を醸し出すイケメン俳優サイモン・ベイカー出演作品おススメ3選

https://www.imdb.com/title/tt0285370/mediaviewer/rm1187414016?ref_=tt_ov_i

作品情報・あらすじ

放送:2001年~2004年
放送局:CBS
製作総指揮;デヴィッド・ホランダー/マーク・ジョンソン ほか
出演:サイモン・ベイカー/ダブニー・コールマン/アラン・ローゼンバーグ/チャールズ・マリク・ウィットフィールド/ラファエル・スバージ/エリカ・リーセン/ウェンディ・モニツ/キャスリーン・チャルファント ほか
敏腕の企業弁護士だったニック・フォーリン(サイモン・ベイカー)は、麻薬を使用したことにより有罪となり、児童法律サービス(CLS : Children’s Legal Services)での社会奉仕活動を余儀なくされてしまう。
彼が、全く異なる2つの世界に関わることで苦悩や葛藤をしていく姿を描く。

予告編・見どころ

1988年に俳優デビューを飾ったサイモン・ベイカーにとって、その名前が一躍有名になった出世作。
まだまだ若々しい魅力にあふれたサイモンの姿を見ることができ、福祉事務所での仕事を続けていくうちに、自身のものの見方や考え方が次第に変化していく様を見事に体現して魅せました。
その演技力に関しても非常に光っており、容姿のカッコ良さだけではないことを証明した作品でもあります。
また、本作には今となっては世界的に有名になった俳優がゲスト出演していることもあり、バリエーションに富んだゲスト俳優たちも見逃せません!

『プラダを着た悪魔』(2006)

大人の雰囲気を醸し出すイケメン俳優サイモン・ベイカー出演作品おススメ3選

https://www.imdb.com/title/tt0458352/fullcredits?ref_=tt_ql_1

作品情報・あらすじ

公開:2006年
製作国:アメリカ
監督:デヴィッド・フランケル
出演:メリル・ストリープ/アン・ハサウェイ/スタンリー・トゥッチ/サイモン・ベイカー/エミリー・ブラント/エイドリアン・グレニアー ほか
ジャーナリスト志望のアンディ(アン・ハサウェイ)は、誰もが望むファッション誌「ランウェイ」のカリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントに選ばれるが、ミランダの要求は計り知れないものだった・・・。

予告編・見どころ

ファッション業界の喧騒を上手く描き出していて、何度観ても面白い!
誰もが一度は悩むであろう仕事か友人・家族かという選択を、本当に大事なものは何かというメッセージと共に描いています。
華やかな世界の裏側には支えている人間が数多くいるということも伝えているのが素晴らしい。
主人公アンディの目を通して、ファッション業界を滑稽にしているところも良い意味で新鮮です。
サイモン・ベイカーは、アン演じるアンディの恋のお相手となるクリスチャン・トンプソン役に扮します。
大人の魅力を醸し出したまさにサイモンにピッタリの役どころですが、どこか信用できないようなオーラを放っているのも新鮮。
それでも、アンディの手助けになってくれることも多く、頼れる存在でした。
そのほか、メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニアーといった俳優陣の演技も必見です。

『メンタリスト』(2008-2015)

大人の雰囲気を醸し出すイケメン俳優サイモン・ベイカー出演作品おススメ3選

https://www.imdb.com/title/tt1196946/mediaviewer/rm1925288960?ref_=tt_ov_i

作品情報・あらすじ

放送:2008年~2015年
放送局:CBS
製作総指揮:ブルーノ・ヘラー
出演:サイモン・ベイカー/ロビン・タニー/ティム・カン/オウェイン・イオマン/アマンダ・リゲッティ ほか
妻と娘を殺した宿敵レッド・ジョンを追うため、カリフォルニア州捜査局(CBI)の犯罪コンサルタントとなったパトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)が、様々な難事件を解決へと導いていく姿を描いた、サスペンス・ミステリー。

予告編・見どころ

全米で大ヒットを記録し、ここ日本でも絶大なる支持を集めた、犯罪捜査ミステリー。
2010年代を代表する海外ドラマのひとつで、本作から「メンタリスト」と呼ばれる肩書が有名になったようなものです。
毎回、主人公のパトリック・ジェーンが類まれなる心理を読み解くスキルを駆使して、凶悪犯罪を解決していき、次第に宿敵レッドジョンを追い詰めていく様は、かなり小気味のいい作品に仕上がっている印象です。
また重厚な人間ドラマにも魅力があり、登場人物たちの絶妙な関係性も見逃せません。
主演のサイモン・ベイカーは、そのセクシーな魅力でファンを魅了し、一躍人気俳優の仲間入りを果たしました。
『メンタリスト』の放送終了後は、『ブレス あの波の向こうへ』(2017)、『私のニューヨーク』(2018)、『High Ground』(2020)といった映画で活躍している印象のサイモン・ベイカー。
セクシーイケメンの代名詞的存在でもある彼の姿を大スクリーンで見られるのは嬉しいですが、やっぱりテレビドラマで彼の姿を見たい気持ちが強いです。
『メンタリスト』の放送終了から5年以上が経過しているため、そろそろ海外ドラマに帰ってきてもらいたいですね。
サイモン・ベイカーの今後の動向に注目です!


関連記事リンク(外部サイト)

『メンタリスト』サイモン・ベイカーが監督デビュー!予告編から伝わる才能の片鱗
ジェニファー・アニストンの演技の幅広さを体感できるオススメ出演作品3選
【今昔写真集】『LA’s FINEST/ロサンゼルス捜査官』シド役 ガブリエル・ユニオン

access_time create folderエンタメ
海外ドラマboard

海外ドラマboard

海外ドラマのニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキングなどを掲載している海外ドラマサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧