東堂の見どころは虎杖への熱すぎる友愛!? 注目のベストフレンド戦『呪術廻戦』榎木淳弥&木村昴インタビュー パンダ役・関智一への愛も告白

access_time create folderエンタメ

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて原作連載中、大好評放送中のTVアニメ『呪術廻戦』が2021年1月より第2クールに突入し、「京都姉妹校交流会編」で対決する虎杖悠仁役の榎木淳弥さんと東堂 葵役の木村 昴さんのインタビューをお届け。

2021年1月から始まった第2クール「京都姉妹校交流会編」では、呪術高専・東京校と京都校のメンバーが揃い、生徒同士での激しい戦いを繰り広げます。

東京校・虎杖悠仁役の榎木淳弥さんと京都校・東堂 葵役の木村 昴さんに、見どころとお互いの演技の印象などたっぷりとお話を伺いました。

『呪術廻戦』は余裕のある“クールなやつほど、強い”イメージ

――第1クールの放送開始から、毎週SNSなどでも盛り上がり話題の作品となっていますが、反響はいかがですか?

榎木:別の現場に行ったときに、スタッフさんから「観てます」と言われることが、かなり多くて。男女、年齢問わず、いろんな方に言っていただいて、一般の友達からも連絡が来たりしたので、すごい人気なんだなと他人事のように感じています(笑)。僕はただお芝居をしているだけなので、あまり当事者という感じがしないというか。もちろん、作品が売れたほうが業界的にも良いですし、続きも作れたりしていろんな人が幸せになれるので、すごく有り難いことだなとは思いますね。

――東堂も8話より登場してしますが、反響はありますか?

木村:有り難いことに、原作のファンの方が多いので、東堂が登場してからいろんな方からご連絡をいただいて、お会いすれば「『呪術廻戦』観ているよ」と言っていただけるのは嬉しいなと思います。この間、朝のニュースを観ていたら、書店の店長にインタビューをしている番組があって。店長さんが、「非常に人気があるので、我が書店としましても本棚を領域展開していこうと思っております」と、“店長、前日にそのコメント考えてたな”と思いました(笑)。名誉なことですし、評判が良く何よりもお客さんに楽しんでいただいていることが有り難いです。

――オープニングも段々キャラが増える演出が話題になったり、エンディングもお洒落で。

木村:めちゃくちゃオシャレですね。

榎木:2クール目のほうはまだ見れていないんですけど、また踊ってるのかな?とか気になります。

木村:本編は「次回どうなっていくんだろう」みたいな、緊張感のある終わり方を毎回するので、あのエンディングでちょっと余韻に浸りつつ、ポップになれる。ドーンと暗い方向に引きずりこまれずに、ちゃんと抜け出せる感じが良いなと思います。


TVアニメ『呪術廻戦』ノンクレジットEDムービー/EDテーマ:ALI「LOST IN PARADISE feat. AKLO」
https://youtu.be/AWEm4tA2hMc

――榎木さんはここまで演じてきて最初と変わってきたことや、見えてきたものなどありますか?

榎木:虎杖は、すごく印象が変わったという感じはないですけど、単純に見えてものすごく冷静というか。戦闘中も相手のことを気にしていますし、自分の感情の向き合い方とかも頭が良い。基本的に他のキャラクターもみんな考えて行動していて、それぞれの想いがありますよね。

――『呪術廻戦』は真面目なバトルシーンでも、ギャグっぽいセリフというか、ちょっと面白いやり取りが入ったりするじゃないですか。そこがテンション的に難しそうだなと観ていて思うのですが……。

木村:それは僕も観ていて、虎杖のテンションの保ち方ってどうしてるんだろう?と思いました。印象的だったのは、千葉 繁さんが演じる漏瑚(じょうご)と五条先生が戦っているところ。虎杖は映画鑑賞で修行しているところから戦闘の場面に連れてこられるんですけど、五条先生と漏瑚の熱い戦闘で、地面がえぐれたり、ものすごい戦いが繰り広げられている中での虎杖のクールさみたいな。

――――あのシーン、すごく思いますよね! 冷静にツッコミを入れる、みたいな。

木村:完成した中だと「異質でギャップがあって面白いなあ」と観れるシーンなんですけど、声優目線で観ると、アフレコの段階では(まだ完成する前のため)画での情報ってすごく少ないので、その中で、このギャップをしっかりと演じてらっしゃるから、「すげえな!」と本当に思います。

榎木:あんまり意識したことはなかったな。

木村:あはははは!すごいな(笑)。

榎木:たぶん、台本がそういう風にできてるからという気がしますね。僕がどうこうというより、台本を追っていったらそうなるように作られているという。だからよく出来ている作品、キャラクター造形なんだと思います。それぞれの役割が明確に分かれている作品だと思いますね。

木村:虎杖は主人公としてすごく魅力のあるキャラクターだなと思います。

榎木:王道ぽくって王道ではない感じの面白いキャラですよね。

――東堂は、木村さんが演じると聞いて想像していたものから、実際の東堂の声を聴いたら、ちょっとイメージが違って。想像していた木村さんの声より、少し骨太というか、大人っぽい感じで、「あ、こういう感じなんだ!」と意外性がありました。

榎木:落ち着いた感じですよね。

木村:ディレクションいただいたところが大きいんですけど、僕としても色々挑戦させていただいて、8話の収録の間にキャラクターを作っていった感じです。

個人的な僕の課題としても、“もっとナチュラルに演じたい”というのがあって。一番最初のテストのときは、もっと大きな演技をしていたんです。「どんな女がタイプだーーー!!!」みたいにやりたくなっちゃうところがあったんですけど、そこから削ぎ落としていって、今の東堂の形になりました。本当に今まで僕も演じたことのないタイプだと思います。すごく楽しいですし、そうおっしゃってくださって、ちゃんとキャラクターとマッチしているのであれば嬉しいです。

――とても強く屈強な男感が出ていると感じました。

木村:ありがとうございます。僕が『呪術廻戦』を観ていて感じた印象ですけど、この物語において“クールなやつほど、強い”みたいな。

榎木:あ~、余裕がある感じは確かにありますね。

木村:そう! 大声を出していると、ちょっと小者に見えちゃう感じがあるので、なるべく抑えることを意識してアフレコに臨みました。

榎木:最近、共演する機会も増えているので、なんとなく木村さんが東堂をやるとしたらこんな感じかな?みたいなのは予想していたんですけど、そこから全然違う、まさに骨太で誇張しすぎない感じというのは、最初に観たときに「あ、こうくるんだ!」と驚きがありました。でも、やるところは大きくやるという、メリハリはすごく面白くて、そこが魅力的だなと感じました。

木村昴演じる東堂に感謝「すべて説明してくれて、ありがとう」

――お二人の対決シーンはどんな仕上がりになっていますか?

榎木:どんな風になってるんですかね? もう必死にやっていました(笑)。『呪術廻戦』はけっこうディレクションを頂く現場なので、そこに対応していくのが僕は大変だなと思っていて。一生懸命やっていましたけど、何より東堂はセリフ量が圧倒的に多いので大変そうでした。「すべて説明してくれて、ありがとう」と思っていました(笑)。

木村:あはははは! セリフとは別に、モノローグと言われる頭の中の声もとにかく多くて。そこがちょっと大変というか、やりごたえのある内容だったので。

榎木:偉い! 僕だったら大変だって言っちゃう。これからは「やりごたえがある」を使っていこう(笑)。

木村:さっきも言ったように、映像の情報が少ない状態で、その中からアクションを汲み取らなければいけなくて。みなさんが観ている状態ほど滑らかに画が動いていないので、何回パンチをしているのか? パンチが当たって相手がどうなっているのか、みたいなことを想像で補いながら引き出していくことをしなければいけない。僕はそれが得意じゃなくて、テストのときに闇雲に声を入れて、ちょっとずつ直してくというか(笑)。今回はアドリブが非常に多かった印象もあります。

榎木:アフレコのときはまだ絵コンテのシーンもあったので、どっちが殴ってるんだろう?とかもわかりにくいときがあって。家でコマ送りみたいな感じで再生・停止を連打しながら「これがパンチかなあ?」とか、確認したり。虎杖も東堂もけっこうアバウトだから、台本にもパンチのところが「!」だけとか(笑)。それでも出来たから良かったなと思います。

木村:アドリブとかも、バトルシーンだと「うおおおお!」みたいにやりたくなりそうなものなんですけど、榎木さんが非常にシャープなアドリブを入れていっている印象がありました。「デュクシ!」みたいなのじゃなくて、「フッ」とか息遣いのある、よりリアリティーのあるアドリブで、「そうか!これカッコイイな、いいな!」と思って真似して(笑)。なるべく誇張したアクションのお芝居にならないよう注意して、いろいろ挑戦させてもらいました。

榎木:普段はあまりやらないアクションでしたよね。映像が完成したら、この表現で合ってるのかな?と少し怖いと思いつつ、とりあえずやってみよう、みたいな感じで2人ともやっていました。完成を観るのが楽しみですね。

――特に2人は肉弾戦っぽい戦い方なので、より想像で補うのは難しそうだなと思いました。

木村:確かに、手数が多い。これがキックなのか、頭突きなのか、パンチは何発出てどこに当たっているのかでも変わってくるので。本当に我々、頑張りました(笑)。

榎木:よくやりましたよ(笑)。

木村:シンプルにお話を楽しみつつ、2回目を観る方は、「あ、頑張ってるんだな。最初は闇雲だったんだな……」と思いながら観ていただけると(笑)。

榎木:「それがこんなにピッタリ合うようになったんだ!」って(笑)。

虎杖は大っ好きなベストフレンド!?「東堂の中から愛が溢れてたまらない状況に」

――ディレクションが多い現場だとおっしゃいましたが、印象的だったディレクションはありますか?

榎木:僕は一番最初に「力を抜いて喋っていいよ」と言われたので、そこからあまりセリフを脚色しすぎないというか、誇張しすぎずに喋ろうと意識してやっていますね。

木村:僕が言われたのは、「虎杖への愛だよ!」ですね。割とラブ面をディレクション頂くんです。「東堂は、ここはもう虎杖への愛が溢れまくってます! 東堂の中から愛が溢れて今たまらない状況になってます!」みたいな。このあと進んでいく中でも、東堂は虎杖との実在しないはずの大親友だった青春の思い出を見るんです。虎杖に勝ちたいという感じじゃないんですよね、東堂は青春の1ページの感覚というか。

東堂の中で虎杖は、好きな女のタイプが一緒の親友。友達としての存在価値がだんだん上がっていく過程で、愛がどんどん大きくなっていく。何を言ってるんだ?と思うかもしれないですけど(笑)、そのディレクションがすごく印象的でしたね。あと、やっぱり東堂って途中から戦いを楽しみだすので、その引き金となる、有り難いディレクションだったなと思いました。

――その滲み出る虎杖への愛や熱い友情を感じ取りながら観てほしいですね。

木村:ベストフレンドへのラブを。さっきも「マイベストフレンド虎杖悠仁」のセリフがあって、テストで普通に言ったら「もう大っ好きなベストフレンドだよ!? もっと褒めて!」と言われたから、なんかもう若本規夫さんみたいになっちゃって(笑)。若本先輩ではないですけど、愛がこもりまくった「マイベストフレンド」が聴けると思うので、最終話を楽しみにしていてください。

榎木:楽しみです(笑)。

2人がマイベストフレンドになれそうなキャラは? 木村昴は東堂と夢の国へ行きたい!

――では、お二人がマイベストフレンドになれそうな『呪術廻戦』のキャクターは?

榎木:パンダかなぁ。

木村:ああー!! 思ったー!

榎木:パンダは一番常識的なパンダなので(笑)。先輩というところもありますけど、後輩の面倒見もいいですし、何より見た目が良いですよね。パンダと意思疎通ができるという意味で、マイベストフレンドになりたいなと思います。

木村:僕は意外と釘崎みたいな、一見きついんだけど、鎧を着ている感じの人って嫌いじゃなくて。あとズバズバものを言う人と僕は仲良くなれるんです。逆に人の悪いところを言わない人を僕はあまり信用していないというか(笑)。

榎木:素直になんでも言うみたいな。

木村:そう! 嫌いなものを嫌いって言える人を僕は信用しているので、あれくらいハッキリしていてくれると、僕は友達としては仲を深められるのかなと思いますね。僕はそういうタイプです。

榎木:へえ。

――榎木さんは、あまりズバズバ言う人は苦手ですか?

榎木:でも友達はそういうタイプが多いですよ。僕があまり素直に言わないタイプなので。真逆の人と仲良くなるというのが学生時代からありますね。

――では榎木さんも、もしかしたら釘崎と仲良くなるかもしれないですね。

榎木:釘崎はちょっと難しいですね。

――なんでですか(笑)!?

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧