『ラーヤと龍の王国』世界を救う鍵となる“最後の龍・シスー”の写真解禁! 青く光る神秘的な風貌

access_time create folder映画

『アナと雪の女王』『モアナと伝説の海』のディズニー・アニメーションから、全世界待望の最新作が誕生。 “龍の王国”を舞台に繰り広げられる少女ラーヤの戦いと成長を描く壮大なスペクタクル・ファンタジー『ラーヤと龍の王国』から、主人公ラーヤが世界を再び一つにするために探し求める伝説の”最後の龍“シス―の場面写真が解禁となりました。

本作の主人公は、幼い頃のある出来事により父を失い、他人を信じることをやめて、たった1人で生きてきた孤独なヒロイン、ラーヤ。彼女が住むのは本作の舞台である、<龍の王国>クマンドラ。かつては聖なる龍たちに守られ、龍と人とが共存する平和な王国だったが、突如現れた邪悪な魔物ドルーンとの戦いによってすべての龍たちが犠牲となり、姿を消したのです。残された人々は信じあう心を失い、王国は分断されてしまいます。聖なる龍の力が宿るという<龍の石>の守護者一族の娘であるラーヤは、伝説の“最後の龍”の力を蘇らせ、バラバラになった世界を再び一つにするため、王国の“最後の希望”として一人旅立ちます。

そんなラーヤが長く孤独な旅の末にようやく見つけ出し、分断された世界を一つにする“鍵”となるのが、今回解禁となった龍のシスー。壮大なファンタジーを予感させる、青く光る神秘的な風貌をしたシス―は、魔物ドルーンとの戦いの中唯一生き残ったとされる伝説の”最後の龍“で、分断された世界を再び一つにするにはその力が不可欠であり、ラーヤは長年その存在を探し求めていました。

やがてラーヤはその存在に辿り着き見事にシスーを蘇らせるが、その魔法の力は失われていた・・・。魔法の力を取り戻すためシスーと共に旅を続けるラーヤは、次第に魔法よりも大切なものに気づかされていきます。

“最後の龍”シス―は、どんな時も楽観的で信じすぎるほど容易に人を信じる、ラーヤとは正反対の天真爛漫なキャラクター。人を信じることができずひとりぼっちで生きてきたラーヤが、シスーと出会うことでどう変わっていくのか? 世界を救うのは、そして世界を分断させてしまったのは一体なんだったのか? 2人の旅にはさらに様々な仲間が加わり、ユニークで壮大な冒険へと展開していきます。

本作は、日本でも大ヒットしアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した『ベイマックス』のドン・ホールと『ブラインドスポッティング』のカルロス・ロペス・エストラーダの二人の監督がタッグを組み、ディズニーの新たなヒロイン誕生を描いたもの。また製作は『モアナと伝説の海』のオスナット・シューラー、『アナと雪の女王』シリーズのヒットメーカー、ピーター・デル・ヴェッコが担当。名だたる作品を手掛けてきた製作陣が夢の集結を果たし誕生した、新時代のヒロイン、ラーヤの活躍にご注目を!

『ラーヤと龍の王国』は、3月5日(金)映画館とディズニープラス プレミア アクセス 同時公開。

【動画】「ラーヤと龍の王国」特報
https://www.youtube.com/watch?v=9cDQNqQMdj8 [リンク]

(C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧