ムロツヨシが「この父になりたいと」と熱望した「マイ・ダディ」で映画初主演 2021年秋公開決定

access_time create folderエンタメ
ムロツヨシが「この父になりたいと」と熱望した「マイ・ダディ」で映画初主演 2021年秋公開決定 ムロツヨシ初主演映画「マイ・ダディ」2021年秋に公開決定

 映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM(以下、TCP)」の2016年準グランプリ受賞企画「ファインディング・ダディ」が、「マイ・ダディ」というタイトルで映画化。主演をつとめるのは今作が初の主演映画となるムロツヨシさん。2021年秋に劇場公開されることが決定しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「TCP」は、カルチュア・エンタテインメントと蔦屋書店が主催し、これまでに「嘘を愛する女」や「ブルーアワーにぶっ飛ばす」など、多くの良質な作品を世に生み出してきた映像クリエイター支援プログラム。「マイ・ダディ」は今作の監督・共同脚本を務める映像作家の金井純一さんが、2016年に開催された第2回TCPで、総応募数422作品の中から準グランプリを受賞した企画です。

 金井純一さんと言えば、海外や国内の映画祭でも数々の映画賞を受賞し、脚本家・監督として高い評価を受けています。2020年には、あいみょんが作詞・作曲したDISH//の楽曲「猫」を原案にドラマ化した「猫」(テレビ東京)の監督・脚本も務め、大きな反響を呼びました。

 そして、今作で主人公・御堂一男を演じるのは役者を始めて25年、2021年で45歳を迎える俳優のムロツヨシさん。映画初主演と聞いて、「えっ!映画初主演なの?」 と驚かれる人も多いのではないでしょうか。

 それもそのはず。ムロさんは2005年に本広克行監督の「サマータイムマシン・ブルース」で映画デビューして15年、大ヒット中の「新解釈・三國志」や「銀魂」シリーズ、「50回目のファーストキス」など常連となっている福田雄一監督作品、さらに「ダンスウィズミー」(矢口史靖監督)や「最高の人生の見つけ方」(犬童一心監督)など、2021年1月時点で、累計44本の映画作品に出演しています。

 また、2018年に放送されたTBSの連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」では、恋人に寄り添う健気な明るさで、これまでとは違う新たな一面を見せ、世の中の女性陣を虜に……。自ら脚本・演出・出演している舞台「muro式」も開催し、映像だけに留まらず幅広い分野で活躍を見せています。

 そんなムロさんが、台本に出会ったその日から「この世界にいたい。この人になりたい」と出演を熱望したのが「マイ・ダディ」。ムロさん演じる御堂一男は一児の父で、職業は牧師(別のアルバイトをかけもちしつつ……)。

 妻を早くに亡くし、中学生の娘とふたり暮らし。つつましくも幸せな毎日でしたが、ある日突然、最愛の娘が病気に……。さらに信じられない事実を知らされることになって翻弄され、それでもどうにかしようと動き出すひとりの父親を、ムロさんが熱演します。

 「この物語の父になりたいと思いました。この役というより、この父になりたいと」と語るムロさん。「こういう話があるんだけど、と渡された台本。2時間後に『やらせてください』と連絡していました」と舞台裏を明かしていました。

 さらに「それから数年かかってしまって、なんちゃらウィルスのため撮影も延期」と話し、「それでもここで、この映画制作のお知らせができることに、ただただ喜んでいます」と心境を述べると、「この父をやりきってきました。どうか、どうか、覚えておいてください。そして観たいという期待を持ってください」とファンにメッセージを送っていました。

 金井純一監督は、「人々の心を動かす映画を作るためには、俳優とタッグを組むことが不可欠だと思っています。今回、ムロツヨシさんとタッグを組ませていただきました。しかもムロさんにとって、この作品が映画初主演となる。この映画だけは、絶対に失敗できない。監督として尋常じゃないプレッシャーのもと、撮影に臨みました……と言いたいところですが、ムロさんのお人柄もあり、とてもいい緊張感の中で撮影ができました」と撮影を振り返っていました。

 映画のテーマは「愛」と言う金井純一監督。「脚本に4年以上かけました。最高のキャスト・スタッフで、最高の映画ができました。映画の中に、今まで見たことのないムロさんがいます。だいぶハードルを上げていますが、それを超えていける映画だと思います。『マイ・ダディ』ぜひ、期待して待っていてください」と呼びかけていました。

(c)2021「マイ・ダディ」製作委員会
情報提供:イオンエンターテイメント

(佐藤圭亮)

関連記事リンク(外部サイト)

元欅坂の今泉佑唯が喜びの結婚&妊娠報告 「お腹の中に愛おしい命を授かっており」
LiSA「一枚一枚読ませてもらってます」 大量の年賀状が届いたことを報告
ノブ「誰が観るん!?」 千鳥の「相席食堂」が全国ゴールデン進出

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧