【レベルス】MISAKI、ぱんちゃんに勝って「ベルトもファンも根こそぎ持っていきます!」

access_time create folderエンタメ

【レベルス】MISAKI、ぱんちゃんに勝って「ベルトもファンも根こそぎ持っていきます!」
輝く笑顔で計量パスするMISAKI(2019年7月)

 8月30日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『REBELS.65』にて、[REBELS-BLACK女子46kg級初代王座決定戦]でぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)と対戦するMISAKI(TEAM FOREST)のインタビューが主催者より届いた。

 MISAKIはシュートボクシング(SB)で活躍し”ツヨカワ”ファイターとして人気。決して引かずにパンチで前に出続ける”猪突猛進”なファイトスタイルで、17年にはJ-GIRLSミニフライ級王座も獲得している。

ぱんちゃん璃奈(右)とMISAKI

 注目度の高いぱんちゃんとの対戦について「あれだけ知名度があって、ただのプロ7戦目の子とやるよりも、ありがたいし、オイシイって思ってます(笑)」と、プロ21戦のキャリアからか、余裕を感じさせるコメント。

 MISAKIが156cm、ぱんちゃんが164cmと身長差を心配する声もあるが、会見で並んでも「大きい感じはしなかった」と気にならないという。そして、普段48kgでほとんど減量がない小柄な身体ながらも、階級が上の選手や海外の強豪とも対戦してきた経験からパワーに対しても怖さはないと語った。

鋭い蹴りを叩きこむMISAKI

 昨年7月の前戦で女神(TIA辻道場)に2R TKO負けを喫し、今回が再起戦。全治4か月の重傷を負った上に、コロナの影響もあり実に1年ぶりの試合となる。ブランクの間には出稽古や、ボクシングトレーナーによるレッスンを受けており「技術的にちょっと進化は見せられるんじゃないか」と自信をのぞかせる。

 自身が愛知県在住であることから、「格闘技をよく知らない人が見ても『MISAKIの試合は面白い!』と思う試合をして『地方の選手だけどぜひ使いたい』と思って貰えないと次のチャンスは貰えない」と分析、REBELSに定期参戦を狙う。

笑顔でシュートサインのMISAKI

 そのためにも絶対に逃せない今回の試合に向け「いつもの『猪突猛進スタイル』で体を張って頑張って戦うので、ぜひ楽しみにしててください」とファンにメッセージを送り、「『REBELS女子はぱんちゃん』(というイメージ)を覆して、勝ってベルトを巻いて、ぱんちゃんのファンも私が根こそぎ持っていきます!」と意気込んだ。

▶次ページは、MISAKIが過去の入院体験を語る「心の中に闇を隠してました」

MISAKIが語る過去の自分『何か目標があると変わるよ』

■18歳で入院「心の中に闇を隠してました」

過去の入院体験を語ったMISAKI

 MISAKIは、現役時代にシュートボクシングで活躍した父・山村教文(TEAM FOREST代表)の影響で子供のころに空手を習い、17歳の時にアマチュア大会にも参戦したが格闘技に対してそこまで熱心ではなかったという。

 教師を志して4年制大学に通っていた18歳の時に心身のバランスを崩して入院し、大学も1年で中退。

「外ではニコニコしてたので『明るい子だね』と言われていたんですけど、心の中に闇を隠してました。ある時、何かが上手くいかない、格闘技が上手くいかない、友達と上手くいかない、本当にたまたま、いろんなことが重なってしまって鬱のようになって入院したんです」

■入院中に気づいた格闘技への想い

 そして入院中に、他の入院患者と会話をするうちに自分にとって格闘技がいかに大事なものかに気づいたという。「『目標が何もない』っていう子ばかりで、私のようにシュートボクシングで活躍してるRENAちゃんが大好きで、格闘技をやっててチャンピオンになりたいって目標を持ってる子がいなかったんです。その時に、私は格闘技にめちゃめちゃ助けられてきたんだって気づきました」

 退院後には正社員として1年間働いてお金を貯め、栄養士の資格を取るために短期大学に入り直し、勉強の傍ら格闘技にのめり込んでいった。「20歳までにプロデビュー。ランキングに入りたい。チャンピオンになりたい」と立てた目標を次々と達成していった。

■「同じような辛い思いをしている子の参考になれば」

MISAKIの憧れであるRENA

 これまでMISAKIは入院経験を人に話してこなかったが、今は「同じような辛い思いをしている子の参考になれば」と自ら話すようにしているという。

「養護施設を訪問した時、昔の私と同じように悩みを抱えてる子に会ったんです。そういう時は自分の経験を話して、必ずミットを持って行くので蹴ったり殴ったりを体験して貰います。『私は格闘技だったけど、お金が欲しいでもギャンブルに勝ちたいでも何でもいいから、何か目標があると変わるよ』って話しています」

「RENAちゃんも『昔は引きこもりだった』と自分の体験を公表して、話していますけど、そういう子が爆発すると強いんですよね。だから、今、悩んでいる子には『何かをやってみた方が絶対にいいよ』っていうことを伝えていきたいです」と、以前自分がRENAの背中を見て「プロ格闘家」に夢を描いたように、自分が頑張っている姿を見て「私も頑張ろう」と思ってくれる子どもたちが現れることをMISAKIは願っている。


関連記事リンク(外部サイト)

【レベルス】8.30 チケット制生配信、ゲスト解説に北川“ハチマキ”和裕、グラドル山本ゆう登場
【レベルス】ぱんちゃん璃奈、仕上がった腹筋で計量パス「明日はMISAKI選手に泣いてもらう」=8.30王座戦
【レベルス】初参戦・平岡琴、タイトル戦見据え「KOで勝って実力証明する」=前日計量

access_time create folderエンタメ
local_offer
イーファイト

イーファイト

eFight【イーファイト】は格闘技ニュース速報、格闘技試合速報、コラム、動画からカラダ作りまで、武道や格闘技に関する情報を網羅しています。

ウェブサイト: https://efight.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧