スバル フォレスターが改良されて販売開始に、さらに進化した同モデルをご紹介!

access_time create folder生活・趣味
スバル フォレスターが改良されて販売開始に、さらに進化した同モデルをご紹介!

スバルは、フォレスターの改良モデルを2020年10月22日に発表しました。同モデルは、スバルがグローバル戦略車として量産している車です。2018年に発売開始した第5世代モデルでは、スバルグローバルプラットフォームを採用し、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能、ドライバーに忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現させました。

さらにスバル初採用となる乗員認識技術ドライバーモニタリングシステムや水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」なども搭載しています。

ここでは、グローバルモデルであるフォレスターのエクステリアや内装、パワートレインなどをご紹介していきます。

■スバル 新型フォレスターの概要など

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

改良モデルのポイントは、力強い走りだけでなく環境性能を高次元で両立させた新開発1.8L直噴ターボ“DIT”エンジン搭載グレード「SPORT」が追加されたことです。

また新感覚の走りの愉しさを実現するスバル電動技術e-BOXER搭載グレードを「X-BREAK」・「Touring」にも装備し、「X-BREAK」には新制御のモーターアシストe-アクティブシフトコントロールを搭載しています。

新グレードである「SPORT」では、新開発エンジンだけでなく、専用開発のダンパー&コイルスプリングを搭載することで、SUVであっても質感の高い、スポーティな走りを可能としています。

一方「X-BREAK」・「Touring」・「Advance」のパワートレインは、2.5L 水平対向4気筒DOHC16バルブエンジンから2.0L 水平対向4気筒DOHC16バルブ+モーターへ変更され搭載です。

フォレスター「SPORT」のエクステリアなど

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

エクステリアでは、ブラック塗装のフロントグリルや、ダークメタリック塗装のアルミホイール等でブラックコーディネイトされています。

「SPORT」エクステリアの主な仕様

フロントグリル(ブラック塗装+ブラック塗装加飾)
フロントフォグランプカバー(グレーメタリック塗装+グレーメタリック加飾)
電動格納式リモコンドアミラー(LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター付、グレーメタリック塗装)
SPORT用18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)
フロントバンパーガード(アクセントシルバー塗装加飾付)
サイドクラッディング(アクセントシルバー塗装加飾付)
リヤバンパーガード(シルバー塗装、ディフューザータイプ)
デュアルマフラー(SPORT用カッター付)
ルーフスポイラー(LEDハイマウントストップランプ内蔵、グレーメタリック塗装)
ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ、グレーメタリック塗装

フォレスター「SPORT」の内装など

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

内装は、ホールド性などの機能性に優れたウルトラスエードの本革シートを採用したことで、最上級スポーツグレードのドライビングシートになっています。ドライバーモニタリングシステムも全グレードに標準装備されました。

ドライバーが乗り込むと同時に、インパネセンターバイザーの内蔵カメラがドライバーの顔を認識し、シートポジションやドアミラー角度、さらに空調などを自動的に設定してくれて、安全運転支援だけでなく「おもてなし」を追求した仕様です。

「SPORT」内装の主な仕様

ウルトラスエード/本革シート[シルバーステッチ]
インパネ加飾パネル(ブラック塗装&ウルトラスエード表皮巻[ブラックステッチ])
ドアトリム(ウルトラスエード表皮巻[ブラック、シルバーステッチ])
センタートレイ加飾(アルミ調&ウルトラスエード表皮巻[ブラックステッチ])
SPORT専用マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
本革巻ステアリングホイール(高触感革[シルバーステッチ])
アルミパッド付スポーツペダル(アクセル、ブレーキ、フットレスト)

■スバル 新型フォレスターのパワートレインなど

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/powerunit.html

 

「X-BREAK」・「Touring」・「Advance」のパワートレインは、e-BOXER 2.0L 水平対向4気筒DOHC16バルブ+モーターが搭載されています。最高出力は、145ps+10psです。燃費消費率は、WLTCモードで14.0km/Lとなっています。

「SPORT」のパワートレインは、新開発1.8L直噴ターボ“DIT”エンジンを搭載しています。最高出力は、177psです。燃費消費率は、WLTCモードで13.6km/Lとなっています。

グレード別車両価格

スポーツ CVT フルタイム4WD 5名 3,289,000円
ツーリング CVT フルタイム4WD 5名  2,915,000円
X-ブレイク CVT フルタイム4WD 5名 3,058,000円
アドバンス CVT フルタイム4WD 5名 3,157,000円

■まとめ

スバル フォレスターが改良されて販売開始に、さらに進化した同モデルをご紹介!

マイナーチェンジモデルでは、パワートレインを大幅に変更しているのがポイントです。
新開発の1.8Lエンジン搭載の「SPORT」グレードが追加されました。
他グレードは、ハイブリッドユニットに統一されています。

スバル 新型フォレスターは、全グレード大きくパワートレインを変更している点がポイントです。通常のマイナーチェンジモデルでは余り見かけない大幅な仕様変更であるといえます。販売計画は、月間2.250台です。マイナーチェンジしてからのフォレスターの販売動向が気になりますね。


関連記事リンク(外部サイト)

ホンダ オデッセイがマイナーチェンジして登場、風格アップ!
難しくない!DIYでのエンジンオイル交換手順を紹介
フィアットから新型500 3+1が発表!観音開きのドアが特徴的

access_time create folder生活・趣味
local_offer
イキクル

イキクル

クルママガジン「イキクル」では、新車レビュー、ドライブ情報をはじめ、様々なクルマニュースやインタビュー、トレンドなどカーライフをより良くするためのオリジナルな情報を毎日発信しています!

ウェブサイト: https://ikikuru.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧