スペイン警察、エクスタシー817,000錠等、過去最多にしてとんでもない量の合成薬物&その他諸々の違法物を押収、一方日本では大麻取締法に「使用罪」の導入を検討中

access_time create folderエンタメ
スペイン警察、エクスタシー817,000錠等、過去最多にしてとんでもない量の合成薬物&その他諸々の違法物を押収、一方日本では大麻取締法に「使用罪」の導入を検討中

The Guardian によると、スペインにて国内最大級にして過去最多の「合成麻薬」が押収されたとのことだ。スペイン警察は、合成薬物のエクスタシー817,000錠、メタンフェタミン 76kg、覚せい剤 39.5kg、液体状のアンフェタミン 217リットル、拳銃、マリファナ 89kg、違法車両9台などと、あり得ない量を押収したと報告している。
スペイン警察、エクスタシー817,000錠等、過去最多にしてとんでもない量の合成薬物&その他諸々の違法物を押収、一方日本では大麻取締法に「使用罪」の導入を検討中
この数々の違法物の押収に際し、これらを所持していたスペイン、オランダ、ルーマニア、コロンビア、イタリアに国籍を置く合計11名が逮捕された。この事件の捜査は、スペインの治安警察と国家警察による共同捜査によって行われていた。
また「スペインの麻薬取引の歴史の中で、合成薬物の製造と取引を専門とする最も重要な犯罪組織」とされるこの集団は、マリファナや大麻製品をオランダとイギリスに密輸し、代わりに合成麻薬を得てスペインで売りさばいていたとのことだ。
来年度からオランダ・アムステルダムで有名な「コーヒーショップ」に外国人観光客は入店できなくなる条例が施行される可能性があると以前のニュースでお伝えしたが、その裏にはこういった事件等の問題が絡んでいるものと思われる。
【海外旅行】「麻薬観光を減らし「低価格観光」を縮小させるため、来年度からオランダ・アムステルダムで有名な「コーヒーショップ」に外国人観光客は入店できなくなる条例が施行される可能性が
スペイン警察、エクスタシー817,000錠等、過去最多にしてとんでもない量の合成薬物&その他諸々の違法物を押収、一方日本では大麻取締法に「使用罪」の導入を検討中
一方、日本では、大麻は所持と栽培が禁じられているが、使用に関する罰則はなかった。だが、新たに大麻取締法に「使用罪」の導入が検討されていることが明らかになった。若者の間での大麻使用は近年、深刻化しており、同法違反での摘発者は2019年に4,570人と過去最多を更新している。20代は前年比28%増の1,950人、20歳未満も同42%増の609人と急増している。


関連記事リンク(外部サイト)

日本への入国時に「14日間隔離します」と書かれた誓約書への署名が必要に。14日間の隔離規則に違反した場合は氏名公表などの処罰、外国人居住者は強制送還の可能性も
米国の感染症専門家、アメリカ人口の70%~85% がワクチンの接種を順調に受けられた場合「コンサートは2021年秋には開催可能」になる可能性を示唆
【財力はパンデミックを超える……】世界のスーパースター・Madonna(マドンナ)、新型コロナによる厳しい渡航規制にも関わらず、家族と26歳の彼氏と共に3週間で5ヶ国訪問

access_time create folderエンタメ
local_offer
iFLYER

iFLYER

オフィシャルライブハウスやクラブイベント、アーティストイベントを入手しよう。iFLYER.tvでは常に日本中の最新のイベント情報を配信しています。パソコンや携帯電話からこまめにチェックしてディスカウント情報活用してナイトライフをエンジョイしよう!

ウェブサイト: https://iflyer.tv/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧