日本酒と料理酒はどう違う? 料理におすすめの日本酒とは

access_time create folderグルメ
日本酒と料理酒はどう違う? 料理におすすめの日本酒とは

日本酒と料理酒の違い

日本酒と料理酒の違い
kai keisuke/ Shutterstock.com

日本酒とは違い、多くの料理酒には塩などが加えられている

「日本酒(飲用清酒)」と一般的な料理酒の大きな違いは、ほとんどの料理酒には塩や甘味料などが加えられている点です。スーパーなどに置かれている料理酒の多くは「加塩料理酒(発酵調味料)」と呼ばれるもので、2~3%ほどの塩分が加えられているほか、水あめなどの甘味料、酢なども添加されています。
加塩料理酒は塩味や甘味が強いため、飲用には不向きで米の風味を感じにくい点も通常の日本酒とは異なります。また、日本酒と比べて、アルコール度数が低い傾向にあるのも特徴です。

料理酒に塩などの添加物が含まれている理由

日本酒に塩などを加えて、そのままでは飲めない状態にすることを「不可飲処置」といいます。この処置を施した加塩料理酒は、「酒類」ではなく「食品」として扱われ、酒税は課せられません。そのため、加塩料理酒は比較的安価で販売することができます。また、食品扱いなので、酒類販売免許を持たないお店でも取り扱うことができます。
なお、料理用のお酒として販売されているもののなかには、塩分や調味料が含まれていない無塩タイプの「料理用清酒」もあります。無塩タイプかどうかは、パッケージや栄養成分表示に「無塩」や「清酒」などと表記されているかどうかで確認することができます。
ただし、「酒類」として酒税がかかるため、加塩料理酒よりも価格は高めになっています。

レシピに「酒」と書かれているとき日本酒と料理酒どちらを使う?

一般的なレシピの材料リストに「お酒」と表記されている場合は、日本酒を指していますが、料理酒を使うこともできます。料理酒や日本酒を料理に使う場合のおもなポイントを見ていきましょう。

【加塩料理酒(発酵調味料)】

加塩料理酒を使用する場合は、塩や砂糖、みりんなどの量を減らす必要があります。一方で、料理によっては追加で塩や砂糖を入れずに、加塩料理酒だけで味を調えられる場合もあります。

【無塩タイプ(料理用清酒)】

塩などが含まれていないので、レシピどおりに調理に使えます。無塩料理酒には雑味や酸味などがあえて残してあるため飲用には適しませんが、料理にコクや旨味などが加わりやすいという利点がります。

【日本酒(飲用清酒)】

米と水、麹だけを原料とする日本酒には、料理の自然な旨味やコクを引き出すことができるといったメリットがあります。次の章で、日本酒を料理に使うメリットを詳しく紹介します。

日本酒が料理をおいしくする理由

日本酒が料理をおいしくする理由
Nishihama/ Shutterstock.com

日本酒が料理にもたらすメリット

日本酒と料理酒には前述したような違いがありますが、そもそも、なぜ料理の際にこれらのお酒を使用するのでしょうか。その理由として、日本酒の以下のような働きが挙げられます。

【食材の旨味やコクを引き出す】

日本酒に含まれるアミノ酸や有機酸などの成分には、料理の旨味やコクを増大させる効果があります。

【食材をやわらかくする】

アルコールには食材の水分を保つ働きがあるため、食材がパサつくのを防ぎ、やわらかな食感にすることができます。

【食材に味を染み込みやすくする】

アルコールには食材に浸透しやすいという性質があり、一緒に使う調味料の味や旨味を染み込みやすくする働きがあります。味が整いやすいので、調味料の量を抑えることにもつながります。

【食材の臭みを消す】

加熱によってアルコールが揮発するときに、食材の生臭さを取り除く効果もあります。また、日本酒に含まれるクエン酸などの有機酸にも、臭いを抑える効果があります。

日本酒を料理に使う際のポイント

日本酒の効果を存分に活かすためには、お酒はほかの調味料よりも先に入れるのがポイント。食材に下味をつける場合も、日本酒を振りかけてからほかの調味料を使いましょう。
また、お酒を料理に使用する際には、アルコールをしっかり飛ばすことも大切です。お酒やみりんを熱してアルコール分を蒸発させることを「煮切る」といいますが、これをしないとアルコールの風味が料理の味つけに影響してしまいます。
なお、水の沸点は100度ですが、アルコールの沸点はそれより低いため、沸騰させることでアルコールを飛ばすことができます。

料理におすすめの日本酒とは

料理におすすめの日本酒とは
kai keisuke/ Shutterstock.com

日本酒と料理酒は性質を踏まえて使い分けよう

料理酒と日本酒には、どちらも料理をおいしくする効果があります。ただし、加塩料理酒に含まれる塩などの調味料が味つけに影響することがあるため、状況に応じて使い分けるようにするとよいでしょう。
たとえば、できるだけ素材の風味を活かしたい場合や、料理に塩分や添加物を加えたくない場合は、日本酒や無塩タイプの料理酒が適しているといえます。逆に、濃い味つけの料理などでは、加塩料理酒に含まれる調味料が効果を発揮することもあるでしょう。
また、それぞれ価格も異なるため、とくにこだわった料理を作りたい場合は日本酒、それ以外では料理酒を使うなど、価格を意識して使い分けるのも一案です。

どんな日本酒が料理に適している?

日本酒と一言でいってもさまざまな種類がありますが、料理に使用する場合、どのような種類を選べばよいのでしょうか?
料理に日本酒を使うなら、米と水、麹だけで造られる「純米酒」がおすすめです。「純米酒」は、「吟醸酒」や「本醸造酒」のように醸造アルコールが加えられておらず、米本来の旨味や甘味、ふくよかな香りが感じられるお酒なので、食材の持つ旨味を引き出して、料理のおいしさをアップさせてくれることでしょう。
もったいない気もしますが、食事に合わせて飲む日本酒を贅沢に料理酒の代わりに使えば、さらに素晴らしいマリアージュがたのしめそうですね。

日本酒と料理酒では塩分を含むかどうかを含め、さまざまな違いがあります。両者の性質を理解したうえで使い分ければ、料理をレベルアップさせることができそうですね。


関連記事リンク(外部サイト)

長崎の日本酒【横山五十(よこやまごじゅう):重家酒造】世に再び送り出された壱岐の日本酒
日本酒をお燗でたのしむ! おいしい燗酒の作り方
〜「花見蔵」から「黒松白扇」へ〜 28年ぶりに清酒銘柄を戻した 岐阜・白扇酒造の新たな取り組みとは

access_time create folderグルメ
local_offer
たのしいお酒.jp

たのしいお酒.jp

「お酒の楽しさ」がみつかる、シニアソムリエ監修サイトのたのしいお酒.jp。お酒の魅力、楽しみ方や造り手の思いをお伝えします。イベントや最新ニュース、豆知識、飲食店やキャンペーン情報など、様々なお酒の楽しみを広げる情報を揃えています。

ウェブサイト: https://tanoshiiosake.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧