【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

access_time create folderエンタメ
【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

人気コミックを実写化し、社会現象を巻き起こした映画『デスノート』シリーズ。今回は、そんな『デスノート』シリーズのあらすじや、シリーズに出演したキャストを大紹介します。

映画『DEATH NOTE』

イントロダクション

大場つぐみ原作・小畑健作画の大人気コミック「DEATH NOTE」を映画化。
悪を裁くダークヒーローの主人公・キラを藤原竜也が、キラに立ち向かう名探偵・Lを松山ケンイチが演じています。
前編となる第1作目の『DEATH NOTE デスノート』、後編となる第2作目の『DEATH NOTE デスノート the Last name』の2部作となっています。

映画『DEATH NOTE』あらすじ

第1作目『DEATH NOTE デスノート』あらすじ

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/710Q0GydxnL._AC_SL1057_.jpg

優れた頭脳を持つ大学生・夜神月。
刑事である父親のように正義感にあふれる月でしたが、日々起こる凶悪犯罪に司法の限界を感じていました。
そんな月のもとにある日、一冊の黒いノートが落ちてきます。
「デスノート」と書かれたそれには「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」との言葉が。
半信半疑で殺人犯の名前を書き込む月。
すると翌日、その殺人犯が死に至ったことが明らかに。
これをきっかけに月は、凶悪犯や法から逃れた犯罪者を、ノートを使って裁いていきます。
世界で起こる犯罪者の不可解な死に疑念を持った警察は、世界的名探偵・Lとともに捜査に乗り出すことに。
Lはこれまでのキラの行動から、キラは東京に住む大学生であると推理。
そして警察関係者である可能性にたどり着き、その家族である月にも監視の目が及んでいきます。
そして月は、FBI捜査官・レイに尾行をされるようになっていき・・・。

DEATH NOTE デスノート(2006)

DEATH NOTE デスノート(2006)

2006年/日本/126分

作品情報 / レビューはこちら

第2作目『DEATH NOTE デスノート the Last name』あらすじ

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61eUccxa2cL._AC_SL1043_.jpg

月は、「キラ逮捕に協力したい」と捜査本部への参加を志願。
月のことを疑うLとけん制しあいながらも、持ち前の知力で捜査本部の信頼を獲得していきます。
そんな中、アイドル・弥海砂のもとに「デスノート」が。
キラの熱心な信者であった海砂は「第2のキラ」として殺戮をはじめ、キラの正体である月への接触します。
月に協力することになった海砂は、顔を見るだけで相手の名前と寿命が見える「死神の目」でLを抹殺しようと試みます。
しかし、海砂が「第2のキラ」である証拠が掴まれ、海砂は監禁・尋問されることに。
月を守るためノートの所有権を放棄することを決めた海砂。
そんな中、月も自らがキラであるという可能性を消すために監禁されることを申し出ます。
しかしそれは月の計画で、月はその監禁中にノートの所有権を放棄、海砂の死神・レムに依頼して、ノートを別の者の手に渡らせたのでした。
デスノートを手に入れたのは、TV局のキャスター・高田清美。
ノートを手にした清美は「第3のキラ」として裁きを開始し・・・。

DEATH NOTE デスノート the Last name

DEATH NOTE デスノート the Last name

2006年/日本/140分

作品情報 / レビューはこちら

映画『DEATH NOTE』主なキャスト

夜神月 役:藤原竜也

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

Tatsuya Fujiwara at the Grand Hyatt Tokyo in Tokyo, Japan. (Photo by Tomokazu Tazawa/WireImage)

本作の主人公・夜神月を演じたのは、藤原竜也。
夜神月は、強い正義感と優れた頭脳を持ちながらも、法や司法制度の限界を感じる大学生。
ある日「デスノート」という死神のノートを手にしたことで、ダークヒーロー「キラ」として悪を裁いていくことに。
正義感があり冷静に振る舞いながらも、徐々に「キラ」として狂気を見せていく姿を熱演しました。

L 役:松山ケンイチ

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

HONG KONG, CHINA – OCTOBER 28: Japanese actor Kenichi Matsuyama attends a promotion of his new movie ” Death Note: The Last Name ” on October 28, 2006 in Hong Kong, China. The first installment of the movie topped the Japanese box office for two straight weeks, and the new movie is scheduled to premiere on November 3, 2006. (Photo by MN Chan/Getty Images)

Lを演じたのは松山ケンイチ。
Lは、世界で頻発する犯罪者の不可解な死を解明するため派遣された名探偵。
キラの居住地域や世代を早い段階から見抜き、夜神月にも疑いの目を向け、月と激しい頭脳戦を繰り広げます。
松山ケンイチは、謎めいた存在でありながらもどこか愛嬌を感じさせる不思議なキャラクターを好演しました。

レイ 役:細川茂樹

レイを演じたのは、細川茂樹。
レイは、キラを追うFBI捜査官。
キラの正体を掴むにあたり、警察関係者やその家族を調査し、月のことを尾行します。

南空ナオミ 役:瀬戸朝香

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

TOKYO, JAPAN – MAY 7: Actress Asaka Seto attends press conference of Fuji TV drama ‘ageha’ on May 7, 2012 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

南空ナオミを演じたのは、瀬戸朝香。
ナオミは、FBI捜査官・レイの婚約者であり、彼女もまたキラの正体に迫っていきます。

秋野詩織 役:香椎由宇

秋野詩織を演じたのは、香椎由宇。
月の恋人である詩織ですが、キラとなり裁きをするようになった月の計画に利用されていくことになります。

弥海砂 役:戸田恵梨香

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

HONG KONG, CHINA – OCTOBER 28: Japanese actress Erika Toda attends a promotion of her new movie ” Death Note: The Last Name ” on October 28, 2006 in Hong Kong, China. The first installment of the movie topped the Japanese box office for two straight weeks, and the new movie is scheduled to premiere on November 3, 2006. (Photo by MN Chan/Getty Images)

弥海砂を演じたのは、戸田恵梨香。
弥海砂は、アイドルとして活動しながらも家族を殺された過去を持ち、その犯人をキラが殺したことから、キラの熱狂的な信者となりました。
とあるきっかけで「デスノート」を手にしキラである月へ接触、「第2のキラ」として月の計画を助けていきます。

高田清美 役:片瀬那奈

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

TOKYO, JAPAN – JUNE 2: Actress Nana Katase attends the SoftBank press conference on June 2, 2011 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

高田清美を演じたのは、片瀬那奈。
高田清美は、TVキャスターとしてキラの事件を追いながらも、局内では日の目を浴びない毎日を過ごしていました。
そんな中、月の計画によってノートを手にし、キラの代わりに裁きを実行していきます。

リューク 役:中村獅童

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

Shidou Nakamura during “Fearless” Tokyo Press Conference at Grand Hyatt Tokyo in Tokyo, Roppongi Grand Hyatt Tokyo, Japan. (Photo by Tomokazu Tazawa/WireImage)

リュークの声を演じたのは、中村獅童。
リュークは、デスノートを月のもとへ落とした死神。
月の頭脳や計画を面白がる一方で、一歩引いた目で見ている部分も。

ワタリ 役:藤村俊二

ワタリを演じたのは、藤村俊二。
Lに仕え、身の回りの世話や調査に関する協力をする、右腕的存在です。

夜神総一郎 役:鹿賀丈史

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

Takeshi Kaga during Warner Entertainment Japan Announces Production of New Film “Death Note” – April 20, 2006 at Grand Hyatt Tokyo in Tokyo, Grand Hyatt Tokyo, Japan. (Photo by Tomokazu Tazawa/WireImage)

夜神総一郎を演じたのは、鹿賀丈史。
夜神総一郎は、月の父で「キラ捜査本部」の指揮を執る、警視庁の刑事部長。
強い正義感を持ち、「キラ」逮捕へ全力を注いでいきます。

夜神粧裕 役:満島ひかり

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

VENICE, ITALY – SEPTEMBER 06: Actress Hikari Mitsushima attends a photocall for ‘Traces Of Sin’ during the 73rd Venice Film Festival at on September 6, 2016 in Venice, Italy. (Photo by Andreas Rentz/Getty Images)

夜神粧裕を演じたのは、満島ひかり。
月の妹である粧裕ですが、ある時、キラによる事件に巻き込まれることに。

スピンオフ映画『L’ Change the WorLd』

※映画『DEATH NOTE』のネタバレを含みます。

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61aLzJWzp3L._AC_SL1024_.jpg

イントロダクション

キラとの闘いを命を懸けて制したL。
そんなLに残された23日間を描いたスピンオフ映画です。
『リング』シリーズなどで知られる中田秀夫が監督を務め、世界的脅威に立ち向かうLの姿を描いています。

あらすじ

策略として自らの名前を「デスノート」に書き、キラ事件に終止符を打ったL。
デスノートに名前を書いたことで23日後の死が決定づけられているLでしたが、世界的探偵として残された時間をかけて難事件の解決にあたります。
そんな中、日本に恐ろしい威力を持った新種のウイルスが持ち込まれてしまいます。
アジア感染症センターの二階堂公彦は、ワクチンの開発にあたるものの難航。
一方、「ブルーシップ」という環境保護団体がそのウイルスを手に入れようともくろんでいました。
そんな中、真希という少女がLのもとを訪れます。
実は真希は二階堂の娘で、父親からウイルスの情報が入ったSDカードを託されていたのでした。
二階堂はワクチンの開発に成功していたものの、この恐怖のウイルスに自身の部下である九條季実子と「ブルーシップ」が関わっていると推測。
彼らからワクチンを守るために自ら命を落としてしまったのでした。
そんな中、二階堂が開発したワクチンを真希が持っていると考えた季実子は、Lと真希のもとへやってきて・・・。

L change the WorLd

L change the WorLd

2008年/日本/128分

作品情報 / レビューはこちら

主なキャスト

L 役:松山ケンイチ

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

The film L Change the World’s actor Kenichi Matsuyama meets the media at Harbourplaza Hotel in Hung Hom. 02 February 2008 (Photo by Oliver Tsang/South China Morning Post via Getty Images)

映画『DEATH NOTE』に引き続きLを演じた松山ケンイチ。
世界的名探偵であるL。
「キラ事件」解決のためにデスノートに自らの名前を書いたことにより、23日後に死ぬ運命に。

九條希実子 役:工藤夕貴

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

LOS ANGELES, CA – JULY 30: Actress Youki Kudoh arrives to the premiere of “Rush Hour 3” at Mann’s Chinese Theater on July 30, 2007 in Hollywood, California. (Photo by Jeff Vespa/WireImage)

九條季実子を演じたのは、工藤夕貴。
季実子は、ウイルス研究に従事する二階堂公彦の部下。
しかし、増えすぎた人口を抑制するために新型のウイルスを開発してしまいます。

二階堂真希 役:福田麻由子

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

The film L Change the World’s actress Mayuko Fukuda meets the media at Harbourplaza Hotel in Hung Hom. 02 February 2008 (Photo by Oliver Tsang/South China Morning Post via Getty Images)

二階堂真希を演じたのは、福田麻由子。
二階堂公彦の娘である真希は、公彦の死後、ウイルスに関する重要データが入ったSDカードを持ってLのもとを訪れます。

二階堂公彦 役:鶴見辰吾

二階堂公彦を演じたのは、鶴見辰吾。
二階堂公彦は、アジア感染症センターでウイルスの研究とワクチンの開発に従事。
新型ウイルスのワクチン開発に成功するものの、そのワクチンを守るため自ら命を落とします。

的場大介 役:高嶋政伸

的場大介を演じたのは、高嶋政伸
的場は、環境保護団体「ブルー・シップ」のメンバー。
ウイルスを使った金儲けを画策します。

松戸浩一 役:平泉成

松戸浩一を演じたのは、平泉成。
松戸は優れた研究者であり、Lから新型ウイルスのワクチンの開発を依頼されます。

『デスノート Light up the NEW WORLD』

※映画『DEATH NOTE』のネタバレを含みます。

イントロダクション

夜神月、通称「キラ」による大量殺人から10年後を描いた最新作。
東出昌大や池松壮亮、菅田将暉ら新キャストによって「デスノート」を巡った争奪戦が繰り広げられていきます。

あらすじ

「デスノート」を使って凶悪犯の大量殺戮を行った「キラ」こと夜神月と、キラ事件を追う世界的探偵・Lの死闘から10年。
世界で再び犯罪者の不可解な死が頻発するようになります。
警視庁は一連の事件をキラ再来と考え、夜神総一郎の遺志を継いだ「デスノート対策本部」が捜査にあたることになります。
そこに「Lの正当な後継者」とされる探偵・竜崎が参加。
世界ではロシアやウォール街、そして渋谷で「デスノート」による大量殺人が勃発。
そしてある日、世界的なサイバーテロが発生し、キラのメッセージが発信されます。
その動画の内容から、デスノート対策本部は10年前の「キラ事件」の関係者・弥海砂について捜査を開始し・・・。

デスノート Light up the NEW world

デスノート Light up the NEW world

2016年/日本/135分

作品情報 / レビューはこちら

主なキャスト

三島創 役:東出昌大

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

TOKYO, JAPAN – NOVEMBER 02: Actor Masahiro Higashide attends ‘Satoshi: A Move for Tomorrow’ Stage Greeting at Ex Theater Roppongi on November 2, 2016 in Tokyo, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage)

三島創を演じたのは、東出昌大。
三島はデスノートについて深い知識を持つ刑事。
「デスノート対策本部特別チーム」の捜査官として、「キラ事件」の10年後に発生した大量殺人を追うことになります。

竜崎 役:池松壮亮

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

VENICE, ITALY – SEPTEMBER 07: Sosuke Ikematsu walks the red carpet ahead of the “Killing (Zan)” screening during the 75th Venice Film Festival at Sala Grande on September 7, 2018 in Venice, Italy. (Photo by Eamonn M. McCormack/Getty Images)

竜崎を演じたのは、池松壮亮。
Lの遺伝子を受け継いでいる竜崎は、Lの正当な後継者として事件の捜査に参加することになります。

紫苑優輝 役:菅田将暉

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

TOKYO, JAPAN – MARCH 21: Actor Masaki Suda attends the ‘Assassination Classroom’ Press conference on March 21, 2015 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

紫苑優輝を演じたのは、菅田将暉。
紫苑は、サイバーテロリスト。
キラの信奉者であり、デスノートを集めて「キラ復活」を企てます。

弥海砂 役:戸田恵梨香

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

TOKYO, JAPAN – MARCH 20: Actress Erika Toda attends the WOWOW original program press conference on March 20, 2016 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

弥海砂を演じたのは、映画『DEATH NOTE』に引き続き、戸田恵梨香。
弥海砂は、10年前の「キラ事件」の関係者であり、元・デスノート所有者。
現在は女優として活躍しており、「デスノート」に関する記憶は失っています。

青井さくら 役:川栄李奈

【伝説の実写映画】『デスノート』シリーズの「あらすじ」「キャスト」を大紹介

TOKYO, JAPAN – NOVEMBER 04: Actress Rina Kawaei attends the press conference for the launch of Domestic Violence And Child Abuse Hotline at on November 7, 2020 in Tokyo, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage)

青井さくらを演じたのは、川栄李奈。
青井さくらは、デスノート所有者。
渋谷でデスノートを使った大量殺人を行います。

映画『デスノート Light up the NEW world』公式サイト

『デスノート』シリーズをチェック☆

いかがでしたか?
映画『DEATH NOTE』をはじめ、シリーズ作品には人気俳優が多数出演。
今、増えがちなおうち時間に『デスノート』シリーズを是非振り返ってみてはいかがでしょうか☆


関連記事リンク(外部サイト)

【人気俳優が集結!】菅田将暉に竹内涼真、永野芽郁も☆映画『帝一の國』のキャスト・見どころ【まとめ】
【ライター厳選】今、注目度上昇中!2021年に「さらなる活躍に期待の女優」8選
【ライター厳選!】主演でもバイプレーヤーとしても活躍する「U30の若手演技派女優」7選

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧