サガン鳥栖、レンゾ・ロペスの退団発表「憧れの日本で再びプレーすることが出来て…」

access_time create folderエンタメ

サガン鳥栖、レンゾ・ロペスの退団発表「憧れの日本で再びプレーすることが出来て…」
サガン鳥栖

 明治安田生命J1リーグのサガン鳥栖は15日、FWレンゾ・ロペスが期限付き移籍期間満了に伴い退団することを公式発表している。

 ウルグアイ人のレンゾ・ロペスは2014年にラシン・クラブ・デ・モンテビデオへ加入した後、ウルグアイ国内やスペインのクラブへのレンタルを繰り返す。2018年には1年レンタルにより京都サンガに加わると、J2リーグ37試合に出場し11ゴールをあげ本来のパフォーマンスを発揮。その後、チリのクラブへのレンタル期間を経て2020年にサガン鳥栖へ加入。しかし、昨季はリーグ戦14試合の出場で3ゴールという結果に終わっていた。

 同選手はサガン鳥栖を離れることについて「サガン鳥栖のファン・サポーター、スタッフの皆様。憧れの日本で再びプレーすることが出来て、とても嬉しく楽しい時間でした。2020シーズンは、世界が大変な時でしたが、どんな時も皆さんの応援・サポートにたくさんの力をもらい、感謝しております。クラブの今後の発展を心より願っております」とクラブ公式サイトを通じて別れを惜しむコメントを残した。


関連記事リンク(外部サイト)

水戸ホーリーホック、京都サンガ退団の金久保順を獲得!「大先輩である本間幸司選手と共に…」
柏レイソル、ブラジル人2選手の獲得で合意!新型コロナの入国制限緩和後に正式契約へ
サガン鳥栖、チアゴ・アウベスの契約満了を発表「サガン鳥栖の成功を遠くから応援します」

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧