ロサンゼルスのPCR検査場へ行ってみた件!【アメリカ】

access_time create folder生活・趣味

ロサンゼルスのPCR検査場へ行ってみた件!【アメリカ】

ロサンゼルスは、2020年12月半ばには、1日に2万人以上ものコロナ感染者を記録した日もあり、それでなくても、常に1万人超えが当たり前の毎日となっています。ちなみに、2021年1月10日現在、ロサンゼルスだけでコロナ陽性者数はトータルで90万人を超え、死者は1.2万人を超えました。「そりゃあ、約1年もオンライン授業が続くわけだよ」という感じです。
さて、気になるロサンゼルスのPCR検査ですが、各地で有料や無料の検査を行うことができます。無料と言っても、結局は予約の際に医療保険の番号を入れるので、保険がカバーしているだけで、実際には無料ではありません。有料の場合は、当日結果をもらうなら$200(約2万円)程度です。
ロサンゼルスのPCR検査場へ行ってみた件!【アメリカ】
屋外で検査する所もありますが、このようにコミュニティセンターのホール内で検査を行う所も各地にあります。もちろん、ソーシャルディスタンス。訪れた際には夕方だったので人は少なかったのですが、朝は外まで行列です。

 

ロサンゼルスのPCR検査場へ行ってみた件!【アメリカ】
まずは、ネット予約したのでチェックインをします。

 

ロサンゼルスのPCR検査場へ行ってみた件!【アメリカ】
このキットをもらい。

 

ロサンゼルスのPCR検査場へ行ってみた件!【アメリカ】
緑のシートがかかったテーブルまで行き、綿棒を鼻に入れて検査します。基本はセルフですが、子供や、自分でやりたくない人はスタッフにやってもらうこともOK。
検査が出るまで1~5日と、混み具合によって変わります。検査結果が出るまでドキドキですが、結果はメールで届き、陰性の時の安堵と言ったら…。そんな気持ちを抱く人が、ロサンゼルスでは日常茶飯事いる状況です。

関連記事リンク(外部サイト)

知らないと損をする英会話術47:「ウィズコロナ、ニューノーマル」コロナ禍で誕生した新しい英単語をおさらい!
2020年ニューヨークのクリスマスシーズン、コロナ禍での変化とは?
【2020年11月25日更新】再びロックダウンのイギリスの生活は?新型コロナウイルス最新情報

access_time create folder生活・趣味
ワウネタ海外生活

ワウネタ海外生活

ワウネタ海外生活は海外にスポットを当てた話題やネタを海外ナビする海外情報ネタサイトです。プチ海外生活を疑似体験できます。

ウェブサイト: https://www.wowneta.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧