中国総合動画配信プラットフォーム「bilibili(ビリビリ)」とエイベックスが、J-POPミュージック・ビデオのライセンス契約を締結、保有する約3,300曲を提供

access_time create folderエンタメ
中国総合動画配信プラットフォーム「bilibili(ビリビリ)」とエイベックスが、J-POPミュージック・ビデオのライセンス契約を締結、保有する約3,300曲を提供

エイベックス株式会社が、100%子会社の Avex Hong Kong Limited を通じて、中国の若年層が集まる総合動画配信プラットフォーム「bilibili(ビリビリ)」を展開する上海寛娯数碼科技有限公司と、日本のメジャー・レーベルとしては初となる J-POP のミュージック・ビデオのライセンス契約を締結し、エイベックス・グループが保有するミュージック・ビデオ約3,300曲を提供するとのことだ。
中国総合動画配信プラットフォーム「bilibili(ビリビリ)」とエイベックスが、J-POPミュージック・ビデオのライセンス契約を締結、保有する約3,300曲を提供
中国の動画メディア市場は、正規にライセンスを受けた国内外の優良な映像コンテンツが増えてきたことなどにより市場が健全化され、課金ユーザーも急速に増加している。「bilibili」は、月間アクティブユーザー数約2億人(前年同期比54%増)、課金ユーザー数1,500万人(同89%増)を抱える総合動画配信プラットフォームで、2020年6月 QuestMobile 研究院の発表によると、中国の「Z世代偏愛アプリ」と「Z世代偏愛エンタテインメントアプリ」の2つの分野で1位を獲得するなど、成長を続ける中国の動画メディアの中でも、特に2000年以降に生まれた若年層のユーザーからの支持が高いのが特徴。また、J-POPは、主に中国都市部に住む若年層から強く支持されており、日本のドラマ・映画などで使用された楽曲がヒットする事例も多く見られているため、本提携により、エイベックス・グループが保有する音楽・アーティストを中心としたIP(コンテンツ)を、親和性が非常に高いユーザーに届けることが可能となる。
エイベックスは、「Entertainment×Tech×Global」を戦略テーマに掲げ、新たな時代を勝ち抜く「強いIPの創造」を目指しており、エイベックスが保有する IP を日本だけではなく、さらなる成長市場である世界各国に展開するため、グローバルでのコンテンツ開発やネットワークの強化を続けてきた。中国市場においては、C-POP アーティストの獲得・開発のほか、中国の大手プラットフォーマーとの契約・パートナー体制の強化を行っており、本提携は、その取り組みの一環となるとのことだ。
エイベックスは、本提携をスタートラインとし、オンラインライヴの展開などさらなる協業を通じて、当社が保有する IP の本格的な中国展開を目指していくという。
▼「bilibili」特設ページ
https://www.bilibili.com/blackboard/topic/bilibili_avex.html
 

【上海寛娯数碼科技有限公司(bilibili)について】
中国の若年層が多く集まる総合動画配信プラットフォーム「bilibili」を運営。ユーザーやクリエイターにより良質なコンテンツを生み続けるエコシステムを構築し、生活、ゲーム、ファッション、知識、音楽など、数千のジャンルにおいて非常に強い影響力を持つ。2018年3月に米ナスダックに上場。「BrandZ」レポート2019で、最も価値ある中国ブランドベスト100にも選出された。
https://www.bilibili.com/
 

関連記事リンク(外部サイト)

【ライブ配信'21年1月版】藤巻亮太、秦基博、般若、ヒトリエ、バーチャル中田ヤスタカ、SPYAIRなど有料無料のオンラインイベントをピックアップ!
恋したら聴きたい!! カルビン・ハリス、アヴィーチー、マーティン・ギャリックス、DJ スネーク…定番~最新までミュージック・ビデオも最高な「ベストEDMラブソング」10選!(歌詞日本語訳抜粋付き)
【おうち遊園地】年末年始はYouTube動画でスリル満点のジェットコースター体験してみる!?

access_time create folderエンタメ
local_offer
iFLYER

iFLYER

オフィシャルライブハウスやクラブイベント、アーティストイベントを入手しよう。iFLYER.tvでは常に日本中の最新のイベント情報を配信しています。パソコンや携帯電話からこまめにチェックしてディスカウント情報活用してナイトライフをエンジョイしよう!

ウェブサイト: https://iflyer.tv/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧