8コのキューブにタッチディスプレイを搭載したキューブパズル的ゲーム機「WOWCube」がCES 2021に出展 事前予約受付を開始

access_time create folderデジタル・IT

Cubiosはオンラインで開催中のCES 2021に、3面のタッチディスプレイを搭載する8コのキューブを組み合わせたゲーム機「WOWCube」を出展。オンラインで事前予約の受付を開始しました。

8コのキューブは磁石で接合され、「ルービックキューブ」などキューブパズルのように回転操作が可能。動かした個々のキューブの画面が連動するユニークなゲームプレイが楽しめます。「Cut the Rope」「Lady Bug」「2048」といったゲームタイトルがWOWCube向けにカスタマイズして提供され、現在19タイトルの対応ゲームがラインアップされています。SDKとAPIが公開されているので、アプリ開発者は対応アプリを自作することもできます。

個々の画面にウィジェットを表示して、情報端末兼オブジェとして飾ることも可能。

WOWCube Entertainment System(YouTube)
https://youtu.be/YNNz9FE2i0k

Cubiosのウェブサイトでは、単体が249米ドル、50ドル分のゲームコードとのセットが289米ドル、50ドル分のゲームコードとスクリーンプロテクターのセットが319米ドルで事前予約を受付中。2021年末に製品化予定で、予約可能になった段階で登録したメールアドレスに案内が届くようです。日本への配送に対応するかどうかは不明ですが、なんとも気になるデバイスですよね。開発者のSavva Osipov氏は現在16歳で、12歳の時にWOWCubeのアイデアを考案したという事実も驚きです。

WOWCubeウェブサイト
https://wowcube.com/[リンク]

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧