【ユタ州】あの有名なアーチを見にいこう!「アーチーズ国立公園」

access_time create folder生活・趣味
【ユタ州】あの有名なアーチを見にいこう!「アーチーズ国立公園」

この記事はittaが配信しています。
【ユタ州】あの有名なアーチを見にいこう!「アーチーズ国立公園」

アメリカ、ユタ州の有名な観光スポットといえば…
アーチーズ国立公園(Arches National Park)のデリケートアーチ(Delicate Arch)!

 

【ユタ州】あの有名なアーチを見にいこう!「アーチーズ国立公園」

こちらの写真を見て「あ、見たことがある!」と思った方も多いのではないでしょうか。
このアーチはユタ州を訪れることが決まってから私がぜひ行きたいと思っていた場所で、今回実際に訪れてみて、その魅力に圧倒されました。

今回はそのアーチーズ国立公園をみなさんにご紹介していきます。

アクセス・施設

アーチーズ国立公園にはユタ州、モアブの中心街から車で約10分で行くことができます。

 

【ユタ州】あの有名なアーチを見にいこう!「アーチーズ国立公園」

料金所を通ってすぐ右手にはビジターセンターがあり、公園内の情報を集めたり、お土産を買ったりすることができます。

ビジターセンターにはもちろんですが、数カ所の駐車場にもトイレが設置されているので、困った時は料金所でもらえる地図を頼りに、近くのトイレを探すようにしましょう。
広い公園内のそれぞれの観光スポットには駐車場があることが多いですが、混雑時は駐車できないこともよくあるみたいなので、訪れる際には覚悟しておいた方が良さそうです…。

アーチまでの道のり

アーチはとても人気な観光スポットとなっているので、ハイキングコースは多くの人が行き交います。

 

【ユタ州】あの有名なアーチを見にいこう!「アーチーズ国立公園」

ハイキングの序盤は道が綺麗に舗装されていて、とても歩きやすいです。
しかし、途中からそのような道はなくなり、ゴツゴツした岩の上や砂道を歩くことになります。

 

【ユタ州】あの有名なアーチを見にいこう!「アーチーズ国立公園」

上の写真からもわかるように、赤土が特徴的なトレイルがいつもと違ったハイキングを演出してくれます。

デリケートアーチに到着!

人気スポットということもあり、アーチのすぐそばには写真を撮る人で長蛇の列が。
並んでいると日が暮れてしまう…と困っていたら、一緒に訪れた友人がとてもいい感じに写真を撮ってくれました。

 

【ユタ州】あの有名なアーチを見にいこう!「アーチーズ国立公園」

アーチから少し距離はありますが、他の人が写らないようにタイミングを見計らえば、列に並ばずともこのように素敵な写真を撮ることができます!

アーチだけじゃない!見どころいっぱいの公園内

アーチーズ国立公園はとても広いため、他にも様々な観光スポットがあります。

 

【ユタ州】あの有名なアーチを見にいこう!「アーチーズ国立公園」

上の写真では影によって少し見づらくなっていますが、写真中央にアーチが二つ見えます。
その左側のアーチはダブルアーチ(Double Arch)と呼ばれていて、二つのアーチが隣接していることで有名です。

私は今回、同伴していた友人が足を怪我していたので近くまでいくことができませんでしたが、ダブルアーチまでのハイキング自体はかなり短いので、みなさんが訪れた際はぜひ、近くまで行ってみてください。

 

【ユタ州】あの有名なアーチを見にいこう!「アーチーズ国立公園」

こちらのバランスロック(Balanced Rock)は、大きな岩がほんの少しの接着面だけで下の岩に支えられている不思議な地形となっています。
名前のように実際にバランスをとっているわけではなく、上半分の表面が滑らかな砂岩が、下半分の侵食された泥岩と一部分でくっついてこのような形になっているとのこと。

この国立公園内の他の地形もそうですが、長い年月と共に風化が進んで作り上げられた地形からは神秘的な印象を受けました。

以上、ユタ州のアーチーズ国立公園を紹介しました。
この記事で紹介した二つ以外にもまだまだたくさんのスポットがあります。気になる方はNational Park Serviceが管理しているアーチーズ国立公園のページをチェックしてみてください!


関連記事リンク(外部サイト)


小さな街に魅力たっぷり!シンガポールの定番観光スポット6選


山口県民がオススメする!山口に来たら絶対食べて欲しいグルメ


【銀座】カツカレー発祥の名店「銀座スイス」

access_time create folder生活・趣味
local_offer
itta

itta

思わず誰かを旅行に誘いたくなる旅のしおりを紹介するサービス。旅好きライター達が実際に「行った!」場所を体感することができます。

ウェブサイト: https://itta.me/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧