もちっと香ばしい食感がクセになる「えのきのおつまみ焼き」

access_time create folderグルメ
もちっと香ばしい食感がクセになる「えのきのおつまみ焼き」

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、ワイン、ハイボール
もちっと香ばしい食感があとを引く、不思議なおつまみを紹介します。まるで乾き物のような見た目ですが、鍋の具材でもおなじみの「えのき」です! 醤油洗いで下味をつけ、片栗粉と粉チーズをまとわせて焼くだけのカンタンなレシピですが、旨味たっぷりのおつまみになります。冷蔵庫にえのきを見つけたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
【材料/2人分】
えのきだけ…1袋(100g)
粉チーズ…大さじ1と1/2
片栗粉…大さじ1と1/2
醤油…小さじ1〜2
オリーブオイル…大さじ2
【作り方/10分】
1.えのきは石突きを切り落とし、厚みをつけずに平たくほぐす。
2.えのきを醤油洗い(醤油を全体にふりかけるようにして下味をつける)し、汁気を軽く切ったら、粉チーズと片栗粉を混ぜた粉を全体にまぶしつける。
3.フライパンを中火にかけ、オリーブオイルを入れ、「2」をじっくり両面焼いて出来上がり!


醤油洗いで下味をつけることで、衣のなじみがよくなる効果も。

【コツ・ポイント】
●日本酒と合わせるなら、大葉を加えて、仕上げに柚子やすだちを搾っても。ワインと合わせるなら、ドライハーブを加えて、仕上げにレモンを搾りかけてもよいですね。
●ビールやハイボールと合わせるなら、カレー風味の味付けもおすすめ。粉チーズと片栗粉に、カレー粉小さじ1ほどを加えて作ります。カレーの風味で、よりスナック感覚のおつまみになりますよ。


カレー粉を加えると、よりスパイシーな味わいでビールに合います。


関連記事リンク(外部サイト)

チーズフォンデュ風ポトフ「カマンベール鍋」
調味塩でバリエーションをたのしむおつまみ 「フライド大根」
乾物を使用した絶品おつまみ! 「干し椎茸のアヒージョ」

access_time create folderグルメ
local_offer
たのしいお酒.jp

たのしいお酒.jp

「お酒の楽しさ」がみつかる、シニアソムリエ監修サイトのたのしいお酒.jp。お酒の魅力、楽しみ方や造り手の思いをお伝えします。イベントや最新ニュース、豆知識、飲食店やキャンペーン情報など、様々なお酒の楽しみを広げる情報を揃えています。

ウェブサイト: https://tanoshiiosake.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧