アマゾン・トリオ 日野聡&豊永利行が“衝撃”とベタ褒め!蒼井翔太「明日何が起きても成仏できそう」劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」インタビュー

access_time create folder映画

25年の時を経て、2021年に2部作連続公開される劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」(《前編》1月8日(金)、《後編》2月11日(木・祝)公開)に登場するアマゾン・トリオを演じた日野聡さん、豊永利行さん、蒼井翔太さんのインタビューをお届けします。

本作では、地球と月の征服をもくろむデッド・ムーンが地球に入り込んでくるところから物語が始まります。アマゾン・トリオは、デッドムーン・サーカス団の【アマゾネス・カルテット】の一人、パラパラの『玉の輿』の力を受けて動物から人間の姿に変身します。

セーラー戦士たちの敵ながら、90年代当時から人気の高いキャラクターですが、今回の劇場版では新たに、虎から変身するタイガーズ・アイを日野聡さん、鷹から変身するホークス・アイを豊永利行さん、魚から変身するフィッシュ・アイを蒼井翔太さんが演じます。

取材では、写真撮影時からお互い褒め合ったり、「お姉さまから」と譲り合ったり、和気あいあいと大騒ぎだった3人。アフレコの裏話などを、にぎやかに語ってくださいました。

アフレコ現場の様子は……日野聡「隙あらばオネエになるわよね」

――出演が決まったときの感想と、『美少女戦士セーラームーン』にどのような印象を持っていたかをお聞かせください。

豊永:まず、オーディションを受け「ホークス・アイに決まりました」と聞いたときに、「マジで!?」と結構なボリュームで言いました。奥さんが『美少女戦士セーラームーン』の大ファンなので、決まったことを伝えたら、僕と同じくらいのテンションで「マジで!?」と返されました(笑)。「アマゾン・トリオってどういう人なの?」と聞いたら、詳しく喋っていたので(笑)、僕はそこで見識を深めることが出来ました。

もちろん、僕自身も作品は存じ上げてますし、子供の頃は、叔母の部屋に原作の単行本が置いてあったので、そこで読んでいました。『美少女戦士セーラームーン』は、いわゆる美少女戦士というジャンルが確立された金字塔なんじゃないかなという印象を僕は持っているので、その作品に自分が出させていただけるというのは、本当に有り難いことだと思いますし、色々なプレッシャーはありましたが、素直に嬉しかったですね。

日野:僕の妹が幼少期の頃に『美少女戦士セーラームーン』が大好きで一緒に観たりもしていたので、このビッグタイトルのこれまた大人気の「デッド・ムーン」編というシリーズで、アマゾン・トリオの1人をやらせていただけると決まったときは、本当に喜びでいっぱいでした。僕も豊永くんと一緒で、マネージャーに「よっしゃー!」と言いました(笑)。

タイガーズ・アイの印象は、クールでセクシーな佇まいの中に虎の持つ獰猛さみたいなものも秘めている役どころなので、演じる上でもそこは意識しながら演じていこうというプランではあったんですけど、監督や音響監督から、オーディション含め「クールというより、もっとオーバーに」と演出いただいたので、収録では熱くオーバーに意識して演じさせていただきました。

蒼井:僕は声優という職業を認識することになったきっかけのキャラクターが、フィッシュ・アイでした。元々『美少女戦士セーラームーン』が大好きで、セーラー戦士の中でも好きな人達は何人もいますが、その中で「好きなキャラクターは誰ですか?」と聞かれると、必ずと言っていいほどフィッシュ・アイと言わせていただいていました。

当時90年代のTVアニメでは石田彰さんがお声を担当されていらっしゃって。大好きなキャラクターなので、オーディションが受けられるというだけで奇跡にも近い喜ばしいことなんですけど、包み隠さずに言ってしまうと、「あ、石田さんじゃないのか……」という、ちょっと複雑な気持ちも多少はありました。けれど、すごく大好きなキャラクターのオーディションに参加させていただくことで、瞬時に「受かりたい。その役をやりたい」という夢に変わって、ものすごい緊張の中、自分の中のフィッシュ・アイを精一杯、石田さんのフィッシュ・アイというキャラクターを忠実にモノマネをするのではなく、今回の劇場版の自分にしかできないフィッシュ・アイを表現したい、と誠実に向き合ってやらせてもらいました。

合格の連絡をいただいたときは、もう言葉では言い表せない感情が湧き上がってきて、同時に事務所で大泣きしました。僕にとって『美少女戦士セーラームーン』は青春そのものであり、彼女たちにどれほど助けられたかという大きな作品でもあります。当時は女の子たちの憧れでもありましたが、ただ、歳を重ねてまた見直してみると、憧れだけではない中学生ながらにとても大きな使命を背負っていることがどんどんわかってきて、何度でも噛み締められる作品だなと思います。

――アフレコ現場の雰囲気や裏話があれば教えてください。

(ここから急にオネエ口調になる3人)

蒼井:それは、もう!

日野:アフレコの印象といえば、ねえ!

豊永:アタシ達ね、このアマゾン・トリオを演じさせていただいて、収録中「少々お待ちください」と椅子に座って待っている間の日常会話も、こんな感じで喋るの。いつの間にか! 主に日野お姉さまが仕掛けてきていた記憶があるんだけど。

日野:そうそう、そうね。

豊永:でも、そういうのアタシも大好きだから、すぐ乗っかっちゃって。

日野:だってもう、隙あらばオネエになるわよね。

豊永:そうね……。あと、この喋り方になるといろいろ楽っていうことに気づいちゃったの(笑)。すんごい楽なの、この喋り方。だから、しょーたんにも「ねえ、しょーたん♪」なんて言ったり。

日野:しょーたんもちゃんと返してくれるから。

蒼井:お姉さま方を際立たせることがワタクシの役目でありますので。

日野:そういうところ素敵よ。

豊永:すごくいいと思う。だから、さっき写真撮影のときにやっていたあのテンション、あの感じよ。すごく楽しかった!

――アフレコ中だけではなく、休憩中も楽しんでいらしたんですね。

日野:知りたいのそこじゃなかった?

豊永:あ、聞きたいのは収録中の話ね。でも、このやり取りをしていたからこそ、ちょっと力が抜けたというか。この喋り口調に対する慣れみたいなものを収録に臨んだ瞬間に「このやり取りで会話していて良かった!」と思ったの(笑)。

日野:あなたの番のときはそうね! アタシの番は、もう終わってた。

(一同爆笑)

日野:アタシ達(日野さんと蒼井さん)の収録はもう終わってたわよね。

豊永:そうだったわね(笑)!

蒼井:でも、現場でも(豊永さんは)一番最後だからこのやり取りをしていて良かった、と言っていましたよね。

豊永:そうそう、とてもやりやすかったの。

3人で声を合わせる「ねー!」のシーンに注目!

――では、演じている中で印象に残っていることは?

日野:タイガーズ・アイに対しては、僕の中で獰猛クールでセクシーなイメージを持っていて、TVアニメシリーズでタイガーズ・アイを演じられていた、先輩の置鮎龍太郎さんのお芝居も参考にさせて頂きつつ、オーディションでは自分の思うタイガーズ・アイを演じようとしていたんです。でも、音響監督からの演出のオファーとして、「もっとオーバーに!」とオーダーをいただき、それを加味してやらせていただいて。実際に本番を録るときも、隙があらばクールでセクシーなところを出していこうと思ったら、都度「オーデションのとき、そんな風にやってないよね。もっと変だったよね?」というツッコミを音響監督からいただき、都度、軌道修正をしてもらうというやり取りがありました(笑)。

豊永:言われてた(笑)。その究極系がミラーハウス。

日野:ミラーハウスのシーン、みんなぜひ観て♪(再びオネエに)

豊永:ホークス・アイはフィッシュ・アイとタイガーズ・アイの後の3番目に戦いにいくので、収録もその順番で録っていました。蒼井くんの奮闘だったり、日野さんの都度修正されつつ、あがきながらも熱くてセクシーなタイガーズ・アイを作り上げていくのを見ていました。どちらかというとホークス・アイはちょっとスタイリッシュなイメージを持っていて。役者はよく、まず役作りをした後に削ぎ落としていく作業をするんですけど、引いていったものでいこう、と用意していたプランを日野さんのディレクションを見て慌てて直しました(笑)。「あ、これ自分の持ってきたホークス・アイだと全部直されるやつだ」と思い、自分の番になったときには、「結構ぶっ飛んでみよう」と思って演じさせていただきました。

ディレクションあるあるなんですけど、いわゆるやりすぎたものを抑えてくれ、と言われるのはやりやすいんです。でも、「もっと出してくれ」と増幅させるのは非常に難しいんですね。だから、「もうちょっと抑えてくれ」と言われたほうがいい、と思って、少し誇張気味にやったら、ほぼそのままでOKという状況になりました(笑)。僕は日野さんとは真逆で、ほぼ何も言われず(笑)。本当にお姉さまと妹に助けられたところはありましたね。

蒼井:フィッシュ・アイは一番手だからこそ、とてつもないプレッシャーはありました。1人目として出陣する直前のシーンで、動物本来の姿から人間にかえてもらって、そこから自己紹介をして「フィッシュ・アイも頑張っちゃう」と言ってから、3人で「ねー!」って声を合わせるシーンがあるんですけど、そのシーンをやった瞬間に劇場版のアマゾン・トリオが出来上がった気がしたんです。だから僕としては、あの一瞬の「ねー!」と、ちょっとギャルっぽいところが一番3人がシンクロして、1人目として出陣するプレッシャーに勝てる要因になった気がします。

豊永:アタシ的には、あの「ねー!」のシーンで、自分で用意してきたプランニングのアプローチがちょっと見えるのよ。まだ軌道修正しようと思う前だから(笑)。

一同:あはははは!

日野:そこは注目ね。

「もう衝撃でした」3人とアマゾン・トリオが似ているところは?

――仲の良さが伝わってきますが、お互いから見て、それぞれ演じられたキャラクターと似ているところを教えていただけますか? まず、豊永さんとホークス・アイが似ている部分はどんなところだと思いますか?

日野:やっぱりお店を持とうとしているところですかね。

豊永:そうですね~(笑)。

日野:あはは! 合わせてくれた、優しい(笑)。

蒼井:でも、年上キラーなのかしら。
※90年代のテレビアニメでの設定では、ホークス・アイは年上女性好き。

豊永:あ~! おばさま、お姉さまにすごい気に入られてた時期ありましたね(笑)。

蒼井:やっぱりそこは似ているところですよ。仕留めますもんね、ホークス・アイは。僕から見ても先輩なんですけど、正直かわいいと思ってしまうところがあるんです。

豊永:ふふふ(笑)。

蒼井:僕は年下ですけど、年上の方にもすごく好かれそうな方だな、と感じておりました。

日野:豊永くんの持つ冷静で落ち着いていろいろ分析しながら物事を俯瞰で見られるクレーバーな姿と、ホークス・アイの持つ鳥類が狩りをする時の感覚的なものが似ているな、と思う瞬間はありますね。大人な部分と、はっちゃける部分のバランスがものすごく良いです。

蒼井:確かに、分析系!

豊永:この質問、すごく良い質問ですね……! 僕、今とても気分が良いです!

――良かったです(笑)。では、日野さんとタイガーズ・アイの似ているところは?

蒼井:大人の男性の色気。

豊永:たまに黄色いレオタードを現場で穿いてますもんね。

日野:ムチを持って、穿いてますね。「おはよ~!台本忘れちゃったけど、ムチ持ってきた~♪」みたいな(笑)。

豊永:あはは!見たことないっす(笑)! でも、静観されている時からの振り幅というか、虎の狩りの仕方のような、いきなりガブッといく、爆発力みたいな芝居のアプローチの仕方は、ちょっと共通してあるんじゃないかなと思います。普段、本当にお優しい方で、現場でいつもニコニコされていて、ものすごい素敵な先輩だと思うんですけど、いざマイク前に立つと、ガツンと行くシーンだったりしたら、まぁ豹変なさるので。

日野:これ、本当に気分に良いですね、素敵な質問です。豊永くんの言っていた意味がわかる(笑)。

豊永:あはは! やっぱりそう思いますよね(笑)。めちゃめちゃ気持ちいいです。

――では、蒼井さんとフィッシュ・アイの似ているところをお願いします。

蒼井:楽しみです。

日野・豊永:ハードル上げてきた(笑)!

日野:フィッシュ・アイの持つ、可愛らしさをしょーちゃんからはものすごく感じます。

豊永:あざとい!

蒼井:それは、すごい褒め言葉です(笑)。

日野:守ってあげたくなる、そんな可愛さがありますよね。

豊永:それわかるわ~。褒め言葉ですけど、「ずるい」。

日野:だって狙ってやってないでしょ? 自然な可愛らしさがあるから。

蒼井:ねら……狙っては……(口ごもる蒼井さん。笑)。そういう風に育ちまして。

豊永:あざとい(笑)!

日野:だから、今日も第一声でしょーちゃんに「フィッシュ・アイすっごい良かった」って伝えて。

蒼井:そうなんですよ、言ってくださって~!!

豊永:すごい良かったよ。

日野:もう衝撃でした。アフレコのときに隣で一緒に掛け合いさせていただいたときも思ったんですけど、実際に画とマッチさせたときのインパクトがものすごくて。ちょっと感動しました。

蒼井:うわあ、嬉しいです……。いや~、不安も大きかったですけど、そう言っていただけたことが一番です。

日野:だって男性も女性も演じられるって最強の武器じゃないですか。そういう意味でも、今回この劇場版でフィッシュ・アイが再び登場するとなったときに、アニメシリーズからキャストを一新して作り変えるとなると他に演じられる方がいないなと思いましたね。

蒼井:嬉しいです……。なんか、明日何が起きてもすぐに成仏できる気がします(笑)。

――そんなことおっしゃらないでください(笑)。ぜひ、みなさんに素敵なアマゾン・トリオを劇場で堪能してほしいです。ありがとうございました!

関連記事:
あのキャラも煉獄さんと同じ人!?『鬼滅の刃』『呪術廻戦』『ゼロ魔』『バクマン。』声優:日野聡が劇場版「美少女戦士セーラームーン」で人気の敵キャラに!豊永利行・蒼井翔太と競演
https://getnews.jp/archives/2880596

敵だけど可愛いアマゾネス・カルテットの魅力は?劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」上田麗奈・諸星すみれ・原優子・高橋李依インタビュー
https://otajo.jp/95929[リンク]

作品情報

■タイトル:劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《前編》/劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《後編》
■公開日:《前編》2021 年 1 月8日(金) 《後編》2021 年 2 月 11 日(木・祝)
■キャスト:三石琴乃 金元寿子 佐藤利奈 小清水亜美 伊藤 静 福圓美里 野島健児
皆川純子 大原さやか 前田 愛 藤井ゆきよ 広橋 涼 村田太志 中川翔子 松岡禎丞
渡辺直美 菜々緒
■スタッフ:原作・総監修/武内直子 監督/今 千秋 脚本/筆安一幸 キャラクターデザイン/只野和子 音楽/高梨康治
アニメーション制作:東映アニメーション/スタジオディーン 配給/東映
■主題歌:「月色 Chainon」(読み方:ツキイロシェノン) 作詞:白薔薇 sumire 作曲:小坂明子 編曲:月蝕會議
ももいろクローバーZ with セーラームーン(CV:三石琴乃)&セーラーマーキュリー(CV:金元寿子)&セーラーマーズ(CV:佐藤利奈)&セーラージュピター(CV:小清水亜美)&セーラーヴィーナス(CV:伊藤 静)

■映画公式 HP:sailormoon-movie.jp[リンク]
■映画公式 Twitter:@sailor_movie
(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」製作委員会


・劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》予告映像60秒//Pretty Guardian Sailor Moon Eternal The Movie Trailer
https://youtu.be/p4ntci4Sr8U

【STORY】
うさぎたちは無事高校へ進学し衛も大学の医学部に合格。そして、ちびうさは戦士としての修行を終え30世紀の未来へ帰る準備をし、それぞれの夢に向かって新たな生活を送ろうとしていた。桜舞う4月、街は今世紀最大の<皆既日食>でお祭りムード。
新月が太陽を覆い隠し、次第に薄暗くなっていく中、うさぎとちびうさは自らに助けを求める<ペガサス・エリオス>と出会う。ゴールデンクリスタルの封印を解く、選ばれたる“乙女”を探しているというエリオスは、ある日ちびうさの夢に現れ、「力を貸してほしい」と告げるのだった。時を同じくして、街にはと名乗る謎のサーカス団が現れる。彼らの狙いは、悪夢の化身レムレスをばらまき、「幻の銀水晶」を手に入れて、月と地球を支配し、やがて宇宙までも支配しようと目論んでいた。一方、衛は皆既日食の後から自らの体に異変を感じていたが、うさぎに心配をかけたくない思いから言い出せずにいた……。
“乙女”と呼ばれ、自らを必要としてくれるエリオスに淡い恋心を抱くちびうさ。自分はうさぎの足手まといなのではと苦悩する衛と、自分のせいで衛を危険な目にばかり合わせてしまうと思い悩むうさぎ。そして、戦いの中で次第に露わになる「夢」と「使命」。
―――今、時を超えた壮大な「夢」の物語が幕を開ける。

access_time create folder映画

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧