B級フード研究家・野島慎一郎の美味しかったカップ麺 月間ベスト5(2020年12月)

access_time create folderグルメ

あけましておめでとうございます。カップ麺やスナック菓子、ファストフードなどのアレンジレシピを研究する“B級フード研究家”としても活動している、ノジーマこと野島慎一郎です。

いつもガジェット通信ではアレンジレシピを紹介する記事を中心に執筆していますが、普段から研究としてカップ麺をよく食べているので、1か月で食べたカップ麺のなかから個人的に美味しいと感じたカップ麺ベスト5をご紹介しています。

今回は2020年12月のランキング。新作のカップ麺をすべて食べているわけでもないですし、新旧織り交ぜたあくまでも個人的なランキングとなりますが、皆さまのカップ麺選びの参考になれば幸いです。

第5位:エースコック 一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処花田 濃厚味噌ラーメン

5位にはエースコックから出た池袋にある味噌ラーメン専門店「麺処花田」のカップ麺「一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処花田 濃厚味噌ラーメン」を選びました。

2019年にも麺処花田のカップ麺がエースコックから濃厚辛味噌ラーメンが発売されていたのですが、そのときは「一度は食べたい名店の味」ブランドでした。1年を経てプレミアムに昇格したというわけです。

前作はかなり濃厚ピリ辛のジャンクなスープとエースコックの独特の風味がするフライ麺との相性が抜群だったのですが、今作では麺がノンフライ麺にバージョンアップ。さらにスープは一転して信州味噌と豚骨と野菜でかなりマイルドな味わいに。かなりお行儀のいい味噌ラーメンに進化しました。

個人的には前作のほうがエースコックらしさがあって好きだったりするのですが、きっと万人受けするのは今作の方。生麺に近い食感のもっちり麺と、口当たりがまろやかなスープの組み合わせはかなりレベルが高いです!

第4位:エースコック スーパーカップ大盛り プリングルズ 超サワークリーム&オニオン味焼そば

4位にはエースコックとプリングルズによる異色コラボ「スーパーカップ大盛り プリングルズ 超サワークリーム&オニオン味焼そばを選出。こちらも以前に発売されていた商品なのですが、サワークリーム&オニオンの味がさらに濃厚になって帰ってきたとのことです。

以前のものも食べたことがありますが、正直そこまで濃厚になったかどうかはわかりませんでした。2年前に食べたカップ焼きそばの記憶と味を比較するのはさすがに厳しかったです。笑

ただ方向性には一切のブレがありません。プリングルズとのコラボといってもポテトそのものが入っているわけではなく、あくまでもサワークリーム&オニオン味のカップ焼きそばなのです。

ゆえに、かやくはほぼゼロ。それでいて麺はガッツリ130g。思う存分サワークリーム&オニオン味の麺“だけ”を食えといわんばかりの、実にわんぱくなカップ焼きそばとなっています。

これで味が微妙だったらただの地獄絵図と化してしまうわけですが、これがまたニクいほどにいい味をしているんですよね。サワークリーム&オニオンの味ってこんなにもカップ焼きそばの麺と合うのかと気付かされます。

意外とペロリと食べられちゃいますし、なんだったら粉砕したプリングルズをトッピングで入れたくもなっちゃう! カロリーと炭水化物の暴力を全力で受け止めてやりましょう!

第3位:日清食品 どん兵衛 ちゃんぽんうどん

3位には日清のどん兵衛が年末シーズンに向けて投入してきた新商品「どん兵衛 ちゃんぽんうどん」を選出しました。

近年はどん兵衛も意表をついた変化球商品を出して話題作りをする傾向がありましたが、最近は正統派路線が増えてきたような気がします。今作もまさに味の想像がつく変化球。カップうどん業界の横綱として、奇をてらわずにこういう方向性の商品をどんどん突き詰めてほしいところですな!

味はカップヌードルのシーフードに近いといえば想像しやすいのではないでしょうか。魚介の旨味を凝縮した白色の塩スープに、色とりどりの具材がプカプカ浮かんで見た目も美しい。フワッとした食感のどん兵衛の麺がスープをたっぷり吸収し、これがもうメチャクチャウマい!

ちゃんぽんだからもうちょっと野菜もたくさん食べたいなという気もしますが、それでも満足させるだけの説得力があります。さすがどん兵衛としか言いようがない!

さらに今作には「味変えオイル」として焦がしニンニク油が添付されています。半分くらい食べたところで入れて味変させることが推奨されていますが、ニンニクのパンチが強くて魚介の風味が隠れてしまう印象。

個人的には入れなくても十分かなあと思ってしまいましたが、焦がしニンニク油を入れたほうが刺さる人もたくさんいることでしょうし、味をガラッと変えるという点では大成功じゃないでしょうか。

第2位:明星 大砲ラーメン ネギとんこつ味まぜそば

久留米発の人気ラーメン店「大砲ラーメン」の看板メニュー「昔ラーメン」をまぜそば風にアレンジしたという明星のカップ麺「大砲ラーメン ネギとんこつ味まぜそば」を2位に選びました。

こちらもボリューム満点のカップまぜそばで、麺の量は130g。炭水化物は100gジャストという凶悪な一品となっています。

味は濃厚豚骨だれとネギ油によってかなりマイルド。旨味が深くて最高なのですが、人によっては甘ったるく感じてしまうかもしれませんし、麺とタレだけだったら130gもの麺を飽きずに食べるのはなかなかしんどいかもしれません。

でも今作の優秀なところは後のせタイプのかやくのボリューム感! ネギ、黒胡椒、ゴマ、紅生姜といった薬味が超ガッツリと封入されていて、これをよーくかき混ぜて食べると一口ごとに味の印象が変わるので、全然単調にならないんですよね。ガリガリとした食感とともに広がる黒胡椒や紅生姜の刺激が甘みの強い麺と見事にマッチ! もうほんと、大好きな味!!

これをベースにして、酢やラー油を足して自分好みの味に整えても楽しめると思います。

第1位:マルちゃん やきそば弁当 小樽あんかけ風

2020年12月の1位には北海道限定で発売されているマルちゃんのカップ焼きそば「やきそば弁当」シリーズから「小樽あんかけ風」を選びました。これ、本当にウマかったなあ!

たまたま法事で北海道に行く機会があり、そのお土産として買ってくることができました。どうやら2020年の夏に発売されていた商品のようです。

あんかけのカップ焼きそばは日清のU.F.O.も何度か発売したことがあり、湯切りをしないでそのままとろみをつけるというスタイルでした。こちらは一旦湯切りをしたあとまた半分ほど熱湯を注ぎ、あんかけの素を混ぜてとろみをつけるというスタイル。あんかけの素はフタの上で温めてはいけないとか注意点も多く、説明をよく読まずに作ったら失敗しそうな、若干面倒な一品となっています。

しかし手をかけて作る分完成度の高さは段違い! ごま油やオイスターなどがギュギュギュッと凝縮された濃密なあんかけが麺にどっぷりと絡みつき、口の中でその旨味がブワーッと炸裂!! きくらげやキャベツなど食感のアクセントになる具材もたくさん入っていますし、満足度がメチャクチャ高い一品に仕上がっていました。

北海道限定のカップ麺で、小樽市のB級グルメ「小樽あんかけ焼そば」を商品化しているというのも素敵じゃないですか。いつまで販売されるのかはわかりませんが、できることなら未来永劫売り続けてほしいし、なんだったら北海道限定といわず全国に展開して小樽あんかけ焼きそばの美味しさを広めてほしいですね!

総評

以上、2020年12月に食べたカップ麺の中から美味しかったものを5品選んでみました。寒い冬はスープのあるラーメンやうどんなどで暖を取りたくなるものですが、結果的にカップ焼きそば、カップまぜそばを多く選出する1か月となりましたね。

2020年も実に早いサイクルでたくさんのカップ麺が発売されました。もう買えなくなっている商品が多いかもしれませんが、近いうちに2020年の年間ベスト5も選出してみたいと思います。

次回2021年1月のランキングは2月上旬頃に発表予定です。どうぞお楽しみに!

(執筆者: ノジーマ)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧