ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本日発売開始!UQ WiMAXのモバイルWi-Fiルータ「Aterm WM3800R」を徹底検証!リモート起動やWi-Fi自動オフなどを試した【レビュー】

WiMAX対応の新ルータ「Aterm WM3800R」が発売開始!
本日発売開始のWiMAXに対応したNECアクセステクニカ製モバイルWi-Fiルータ「Aterm WM3800R」(以下、WM3800R)は、コンパクトなボディーに連続通信時間が最大約8時間の長時間利用が可能なモデル。

有機ELディスプレイ搭載や、スマートフォンからのリモート起動にも対応するなど従来モデルよりもさらに使い勝手を考えた新機能も搭載する。

今回は、そんなWM3800Rをじっくりと使い込んでみたので、気になる使用感を徹底的に検証したのでレビューをお届けする。

■リモート起動と休止を試す
まずはWM3800Rの目玉機能である「リモート起動・休止」機能について。今回、リモート機能の動作を確認するあたって、サムスン電子製のAndroidスマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」、アップル製の「iPhone 5」、そしてアップル製のPC「MacBook Air 2012」を用いた。

NECアクセステクニカ製のモバイルWi-Fiルータは従来端末より「スマートフォンからの休止状態への移行」には対応していたが、WM3800Rは日本で発売されるモバイルWi-Fiルータとしては初めて「スマートフォンからの起動」に対応している。

WM3800Rをスマートフォンから起動する方法は、スマートフォンのOSによって異なっており、Androidでは専用のアプリケーションから「リモート起動」を実行することで、スマートフォンから簡単にWM3800Rを起動する事ができる。

130206_WM3800R_01

Android向けの「Aterm WiMAX Tool」からリモート起動

iOSの場合はアプリケーションからのリモート起動には非対応となっており、iPhoneやiPod touchの 設定 > Bluetooth に表示される、WM3800Rを選んで起動する必要があり、Androidのアプリケーションからの起動と比べて少々手間がかかる。

130206_WM3800R_02

iOSではBluetooth設定から起動

WM3800Rのリモート起動は、スマートフォン側でBlutoothヘッドセットを使用して音声通話や、音楽再生を行っていても問題無く可能となっているので、スマートフォンでBluetoothを頻繁に使っている場合でも支障なく利用することが可能。

WM3800Rのリモート起動機能については、Android、iOS以外のBluetooth対応端末からの起動が可能となっており、Bluetooth搭載のノートパソコンなどからも起動することが可能となっている。

■リモート起動機能の注意点
WM3800Rのリモート起動機能を使用する場合に注意が必要なのは、WM3800R本体の電源ボタンを押して休止状態に移行した場合は、リモート起動が可能な状態にならないため、この場合は再度WM3800R本体の電源ボタンを押して休止状態から復帰する必要がある。

WM3800Rがリモート起動が可能な状態かどうかは、WM3800Rのディスプレイに表示されるアイコンで確認することが可能。リモート起動が可能な状態の場合は、ディスプレイ左上に電波を示すアイコンが表示される。

130206_WM3800R_03

電源ボタン操作で休止状態に移行(リモート起動不可)

130206_WM3800R_04

スマートフォンから休止状態に移行(リモート起動可能)
WM3800Rのリモート起動はBluetooth接続を使って実現されているが、BluetoothをWi-Fi代わりに利用してインターネットに接続する機能には非対応となっている。(Bluetooth PAN接続に非対応)

■休止と復帰の性能向上
細かい点ではあるが、スマートフォンからのリモート起動・休止操作だけでなく、WM3800R本体のボタンで休止操作を行う際も、電源ボタンとSETボタンの“ヘコみ具合”が僅かに異なっており、カバンやポケットに入れたまま電源ボタンを操作する場合、本体を目視しなくても電源ボタンとSETボタンの二つのボタンの違いがわかるようになっているのは嬉しい点だ。

さらに、スマートフォンからのリモート起動と合わせて「休止状態からの復帰の高速さ」がWM3800Rの使い勝手を大きく改善している。

WM3800Rはスペック上、休止状態から約6秒で復帰が可能となっており、実際に休止状態からの復帰スピードを測定してみると、Wi-Fi接続の復帰までが約5秒以内、その後WiMAXの接続が完了までに15秒程度だった。

前モデル「Aterm WM3600R」(以下、WM3600R)では、WiMAXの接続完了までに約30秒前後が必要だったことを考えると、休止状態からの復帰が大幅に高速化されており「通信を利用しない時は休止状態」という使い方が安心してできるようになっている。

また、休止状態においける「連続待機時間」が約250時間で、前モデルWM3600Rの約170時間と比較して80時間も長くバッテリーがもつことになっている。

WM3800Rは、多くのユーザにとっては実際の稼働時間を延ばす事が可能となることで、WM3600Rでは10時間だった連続通信時間が約8時間に短縮されたデメリットを上回るメリットを享受する事ができる。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。