カロリー計算に意味はない!? ダイエットで陥りやすい落とし穴

access_time create folder生活・趣味

カロリー計算に意味はない!? ダイエットで陥りやすい落とし穴

「ダイエット成功の秘訣はカロリーをとりすぎないこと」という、世の中にはとんでもない常識がはびこっています。でも、カロリー計算なんて面倒……そうなるとどうするか? 「じゃあ、食事を抜けばいい」ということになるわけです。しかし体重を減らしたいからといって、食事の量を減らしてはいけません。見直すべきは食事の質なのだとフードプロデューサーの南清貴氏は言います。

※本記事は、南清貴:著『じつは体に悪い19の食習慣 [改訂版]』(ワニ・プラス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

カロリーとは食品をただ燃やした熱量にすぎない

ダイエットとセットになって必ず持ち出されるのがカロリーですが、私はそもそも食品のカロリーに意味はないと思っています。食品のカロリーは、どのように測定されているかご存じでしょうか? 簡単にご説明しましょう。

まず食品に含まれている、糖質・タンパク質・脂質を分析して重量を測ります。これに、糖質・タンパク質・脂質それぞれを燃やしたときに発生する、1グラム当たりのカロリー(熱量)をかけ、全体の合計値を出します。簡単に言ってしまうと、食品のカロリーというのは、食品をただ燃やしたときに発生する熱量のこと。

そこには、体内でどのように消化・吸収されているかなどということは、いっさい加味されていません。


▲カロリーとは食品をただ燃やした熱量にすぎない イメージ:PIXTA

だから仮に、おにぎりのカロリーが200キロカロリーだったとして、体内に入ってからも200キロカロリーのエネルギーが生まれるかというと、そんなことはないのです。また、人によっても消化能力は違うわけですから、同じおにぎりを食べても、AさんとBさんでは発生するエネルギーは当然ながら違います。

カロリーに翻弄されることが、いかに無意味か、おわかりですね?

もうひとつ「カロリーの内容」についての問題があります。糖質とひとことで言っても、ブドウ糖もあれば果糖もある。ところが、カロリーを計算するときは、種類が違っても、ひとくくりにされます。

たとえば油脂1グラムの熱量は、すべて9キロカロリーとされていますから、有害なトランス脂肪酸もバターなどの飽和脂肪酸も、必須脂肪酸のオメガ3の不飽和脂肪酸も、同じグラム数ならカロリーは同じになります。

こんな稚拙な考え方でいいのでしょうか? カロリーに気をとられていると、本当に大事なことが見えなくなってしまう危険性があるのです。

食べていないのに太ってしまうカラクリ

ダイエット中の人から「食事を減らしてがんばっているのに、ちっともやせない」という嘆きを聞くことがあります。これも実は、カロリー計算の落とし穴。

ダイエット法を提唱する人のなかには、摂取カロリーが消費カロリーよりも少なければそれでいいという人がいます。ところが人間の体は、算数の答えを出すように単純にはできていません。

人間は、たとえ寝ていても呼吸はしているし、内臓は活動し体温を保つために熱をつくってもいます。つまり、常に基礎代謝が行われていて、一定量のカロリーは消費されているのです。

摂取カロリーが食事を制限するあまり、この基礎代謝に必要なカロリーを下回ってしまうことがあります。そうすると、体は飢餓状態になったと勝手に判断し、そのための体制を整えようとします。いわゆる飢餓スイッチですね。このスイッチが入ると、いつまで続くかわからない飢餓状態に備えて、体は入ってきた食べものを蓄えようとするわけです。


▲冬眠前のリスのように蓄えるスイッチがオンに イメージ:PIXTA

入ってくるカロリーが少なくなると、飢餓と錯覚し、炭水化物をすみやかに皮下脂肪につくり変えて蓄えようとします。その結果、食べないのにやせない! カロリーを抑えているつもりが、逆に肥満を招いてしまうことになるのです。

さんざんダイエットという言葉を使ってきましたが、そもそもダイエットというのは、やせるための食事や方法をさす言葉ではありません。本来は健康的な食事のことを言います。

ところがいつの日からか、やせるための方法全般をダイエットというようになり、今では、ほとんどの人は、ダイエットとウエイトロスを完全に混同しています。

体重を落とすことだけを目的にしたリンゴやキャベツ、納豆ダイエットは、本来のダイエットではなく、ウエイトロスのための食事法です。本来のダイエット、つまり健康的な食事をとるようにすれば、その人の適正な体重に落ち着いていきます。

現在よりも、もう少しスリムな体形が、その人本来の体形であれば、自然に体重は落ちていくでしょう。逆に、体重が落ちない人がいるかもしれません。それは、現在の体形(体重)が“本来のあるべき姿”だからです。その人本来というのは、健康で体の機能がフル稼働し、美しく輝いている状態なのですから。


関連記事リンク(外部サイト)

「あすけんダイエット」で食事と運動を記録して健康的に痩せる
「ダイエットをしているつもりが、ゆっくりと太る」残念な人たち
朝はコップ1杯の水から!2週間で変わる腸活ダイエット

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧