中川大志の鬼舞辻無惨コスに大反響「美しい」「似合いすぎ」「こういう事に受信料を使ってほしい」NHKで『鬼滅の刃』パロディコント披露

access_time create folderエンタメ

俳優の中川大志が大人気漫画『鬼滅の刃』の登場キャラクター・鬼舞辻無惨になりきった姿を披露し、反響の声が寄せられている。

12月22日に放送されたNHKのコント番組『LIFE!人生に捧げるコント』内で、新作コントとして、『鬼滅の刃』のパロディを取り入れた「スーパースター 割引の刃編」を放送。

スーパーマーケットで、「鬼滅の刃」風に店頭商品の割引セールのパフォーマンスが行われるという内容で、店長が割引を阻止したい鬼となり、内村光良さん演じる竈門炭治郎ならぬ割治郎と対峙。シソンヌのじろうさんが禰豆子に扮した。

店長が鬼になるきっかけの回想シーンで、鬼舞辻無惨として登場したのが、中川大志。

その妖艶な姿に、

・中川大志くんの美しさよ
・無惨様コス似合いすぎ
・この無惨様に見下されたいな…
・額に爪を突き刺すシーンもちゃんとあって良かったです
・もっと見たかった…無惨大志
・爽やか好青年な大志くんが無惨様になって魅力的で危ない男になっててキュン死しました

と大反響。

しかし、本人はスタジオで「台本には鬼舞辻無惨“風”の男と書いてあったんです。だから無惨ではないので、ファンの皆様、許してください」と謙虚にコメント。

また、「鬼滅の刃」の劇場版を観て5回泣いたという内村は「久しぶりに100%の声を出しました!」と今回のコントにかけた思いを語り、なんと1つのコントの収録に12時間を費やした超大作であることを明かした。

その熱量に、視聴者からは

・余りに本気の鬼滅コントで笑い転げました!
・いままでみた鬼滅の刃のコントのなかで 一番「愛」を感じました!!
・最高に面白かった!第2弾やって欲しい!
・NHKは、こういう事に我々の受信料を使ってほしいんだよ。頼むよ。続編の無限割引列車を制作してほしい…

とリクエストが寄せられている。

access_time create folderエンタメ
ぽん

ぽん

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧