ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 映画『ウルヴァリン:SAMURAI』のジェームズ・マンゴールド監督、米ディズニーによる映画『Captain Nemo(原題)』の監督へ
  • 「本当に嬉しいよ」 『マチェーテ』主演のダニー・トレホが『みうらじゅん賞』受賞でコメント
  • 『スパイダーマン』のリブート作品に、映画『Little Men(原題)』のマイケル・バルビエリが出演へ
  • 人生の大半をスパイとして生きた原作者が明かす『レッド・スパロー』に反映された
  • “ゴジラ対エヴァンゲリオン”第2弾コラボビジュアル公開 躍動感溢れる戦闘シーンがカッコイイ!
  • 映画『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』のストーム・トルーパーのヘルメット、12万ドルで落札
  • 【今週公開のコワイ映画 2015/7/3~】 実況動画で人気のホラーゲーム実写化第二弾『青鬼 ver2.0』
  • ベネディクト・カンバーバッチが語る“キャリア”「考え過ぎずチャンスが来たらそれをつかみたい」
  • 日本発ッ!! 異例のQ&A企画『サイモン・ペッグだけど質問ある?』にTwitterで参加しよう!
  • 『MONSTERZ モンスターズ』中田秀夫監督インタビュー「生身の人間が生み出すエネルギーを感じて」[ホラー通信]
  • 映画『スーサイド・スクワッド』続編、映画『ターザン:REBORN』の脚本家が契約交渉中
  • 『シビル・ウォー』での“スパイダーマン”は「マーベルらしい明るくて笑える要素」
  • 【ザ・レイド祭】キャストが辛くて逃げ出した! 刑務所内での“泥んこバトル映像”独占解禁
  • キュートでちょっぴりビターな恋を描いた傑作『モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ 〜ロンドンの泣き虫ギタリスト〜』主演・ジョシュにインタビュー
  • ロバート・ゼメキス監督、スティーヴ・カレル主演の新作映画が2018年11月に公開へ
  • “男子禁制”につき男性は女装必須! 映画衣装や本物のクラゲまで「海月姫展」開催中

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毎日新聞のサイトが「純銀イオン水」や疑似科学「水からの伝言」紹介で炎上

毎日新聞のサイトが「純銀イオン水」や疑似科学「水からの伝言」紹介で炎上

毎日新聞社のグループ企業・毎日新聞デジタルが編集している美容・健康に関する情報サイト『毎日キレイ』で1月16日に「13年に注目したい水3種」と題して、海外で深刻な健康被害が報告されている純銀イオン水など3種類の水や疑似科学の代表例として知られる「水からの伝言」を肯定的に紹介していたことが問題になっています。

執筆者として「内山真季」の署名が入ったこの記事ではミネラル炭酸水・水素水・純銀イオン水の3種類を取り上げており、ミネラル炭酸水は「胃腸の調子をととのえ、ダイエット効果も期待できるほか、血行を促進するといわれています」、水素水は「活性水素を水に溶かしたものでエージングケア効果に着目されています。体内で活性酸素と結びつき体外へと排出するので、活性酸素が遠因となるさまざまな病気についても改善が認められるそう」、そして純銀イオン水は「食品添加物として認められている銀が微量に溶け出した水のこと。消臭・除菌効果があり、しかも飲んで安全」としていますが、いずれも然るべき研究機関や論文などの提示はありません。それどころか、最後に紹介した純銀イオン水に至っては銀沈着症により皮膚が青ざめた色へ変色する深刻な健康被害が報告されており、有効な治療法も確立されていないことを理由にアメリカ合衆国食品医薬局(FDA)が水やサプリメントへの銀や銀化合物の添加を禁止するなど、明らかに記事中で宣伝されているような美容・健康志向とは対極の存在です。

しかも、記事の締めくくりでは疑似科学の代表例としてゲーム脳やEM菌と並んで名前が挙がることの多い「水からの伝言」について、以下のように肯定的な形で紹介しています。

書籍「水からの伝言」(江本勝著)やドキュメンタリー映画「WATER ウォーター」(ロシア)で話題になりましたが、最近の研究では「水は情報を伝え る」ことが明らかになっています。愛や感謝を伝えた水を瞬間冷凍すると、たいへん美しい結晶となるのです。ですから、水を飲むときに「ありがとう」と感謝 してみましょう。“体が喜ぶ水”を飲みながら、水資源に心から感謝する。これが13年の正しい水との“おつきあい”です。

問題の記事に対しては『Twitter』でツッコミが続出する炎上状態となり、また編集部に対してクレームが数多く寄せられたためか27日までにサイト内から記事が削除されましたが、どうしてこのような深刻な健康被害をもたらす危険性が高い疑似科学を肯定的に紹介する記事が掲載されたのかについては記事執筆時点の29日現在も『毎日キレイ』のサイト上で読者に対する説明は行われていません。

Togetterまとめ:注目されてます!<水>13年に注目したいミネラル炭酸水、水素水、純銀イオン水 (毎日キレイ)

画像:『毎日キレイ』に掲載された問題の記事(現在は削除)

※この記事はガジェ通ウェブライターの「84oca」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。