高カロリーになりがちなサンドイッチをダイエットメニューに変えるコツ

access_time create folderエンタメ
高カロリーになりがちなサンドイッチをダイエットメニューに変えるコツ

 サンドイッチなどのパン食は高カロリーになりやすくなります。でも、工夫すれば低カロリー・低脂質に抑えられます。ポイントは、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富なパンと具材を選ぶこと。おいしく食べながらダイエットに取り組めるパンメニューをご紹介します。

・今すぐ読みたい→
ダイエッター必見!太りにくいサンドイッチの選び方4つ https://cocokara-next.com/food_and_diet/how-to-choose-the-fat-difficult-sandwich/

パンの選び方でカロリーダウン

フランスパン・ベーグルを選ぶ
フランスパンやベーグルは砂糖・油脂類の含量が少なく、糖質と脂質の摂取量が抑えられます。さらに、全粒粉・ライ麦粉・玄米粉・オートミールなどを配合している種類がベター。
精製度の低い粉はビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれ、食後の血糖値の上昇がゆるやかになり、糖の吸収が抑えられます。また、食物繊維は満腹感を得やすく、食欲のコントロールに役立ちます。

ロールパン・デニッシュ・ブリオッシュなどの菓子パンは、砂糖やバターなどがたくさん使われているので、ダイエット中は控えたい種類です。

食パンは薄切りタイプを選ぶ
パンの量を減らすことで糖質量を抑えます。具材を大きめにカットしてはさむとボリュームがアップし、噛む回数も増えて満足感が得やすくなります。

《食パンのカロリー》
6枚切り 1枚 約158kcal
8枚切り 1枚 約132kcal
10枚切り 1枚 約100kcal

具材の選び方でカロリーダウン

高カロリーの食材は調理法を変えてカロリーダウン
ヒレカツ 100g 約267kcal

茹で豚に変えると 約112kcal

白身魚フライ 100g 約148kcal

白身魚のレンジ蒸しに変えると 約80kcal

チーズは種類を変えてカロリーダウン
カマンベールチーズ 2切れ34g 約105kcal

カッテージチーズに変えると 約35kcal

クリームチーズ 30g 約103kcal

水きりヨーグルトに変えると 約20kcal

チェダーチーズ 30g 約126kcal

モッツァレラチーズに変えると 約75kcal
※カロリー:ダイエットサイトあすけん調べ

野菜は淡色野菜と緑黄色野菜を組み合わせて
淡色野菜にはカリウム・マグネシウム・食物繊維が多く含まれ、高血圧やむくみの予防、便秘の改善などに効果的。緑黄色野菜はβ-カロテンを多く含み、抗酸化力の高い野菜です。カラダの酸化を防ぎ、血流の改善を助けてくれます。

野菜は大きめにカットしてはさむと、噛む回数も増えて満腹感を得やすくなります。淡色野菜と緑黄色野菜はバランスよくとるように心がけましょう。

ソースの選び方でカロリーダウン

味を決めるソースは低カロリー・低脂質のものに変更
マヨネーズ 大さじ1 約98kcal

半量を粒マスタードに変えると 約69kcal

マヨネーズ 大さじ1 約98kcal

半量を水切りヨーグルトに変えると 約50kcal

バター 大さじ1 約105kcal

半量を辛子に変えると 約35kcal

おすすめソース
●塩+ブラックペッパー+オリーブオイル
●塩+カレー粉
●レモン+ブラックペッパー
●しょうゆ+わさび
●しょうゆ+生姜
その他、粒マスタード・辛子などを上手に活用してみましょう。

おすすめサンドイッチ

エビアボカドのベーグルサンド 1人前 約290kcal
《作り方》
蒸しエビとアボカドをしょうゆとわさびで和えて、全粒粉ベーグルにはさむ。レタス・きゅうり・トマト・茹でブロッコリーを添える。
《ポイント》
魚介類は脂質が少なく、タンパク質が豊富に含まれるので、ダイエット中のタンパク源の補給にぴったりです。エビに含まれるタウリンは肝機能を強化して、血液循環を良くする効果があります。

グリル野菜とカッテージチーズのサンド 1人前 約270kcal
《作り方》
なす・ズッキーニ・かぼちゃ・トマト・マッシュルームをオリーブオイルと塩をかけてグリルで焼く。フランスパンにはさみ、カッテージチーズをトッピングする。
《ポイント》
カッテージチーズは、チーズのなかでも脂質が少なく、ダイエット中のタンパク源とカルシウムの補給におすすめです。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、LDL(悪玉)コレステロール値を下げる効果や便秘の改善が期待できます。ダイエット中はパンに塗るバターやマーガリン・マヨネーズの代わりに、オリーブオイルを使ってみましょう。

 野菜をたっぷり使ったボリュームサンドはカロリーと脂質が抑えられて、ダイエット中におすすめのメニューです。食物繊維が豊富なパンを選べば、満腹感も得られて食べ過ぎを予防しやすくなります。食材選びを工夫して、楽しくダイエットに取り組んでください。

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[監修:あすけん 管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
ダイエッター必見!太りにくいサンドイッチの選び方4つ https://cocokara-next.com/food_and_diet/how-to-choose-the-fat-difficult-sandwich/


関連記事リンク(外部サイト)

朝食がもたらすたくさんのメリットとは
カラダの調子を整えてくれる!朝の新習慣5つ
朝パン派必見!手軽にできる痩せトースト4選

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧