ここをゆるキャンプ地とする?「ゆるキャン△」のキャンプ気分が味わえるVRゲーム登場

access_time create folderエンタメ
ここをゆるキャンプ地とする?「ゆるキャン△」のキャンプ気分が味わえるVRゲーム登場

 アニメ第2期が2021年から放送される「ゆるキャン△」のVRゲーム「ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP」が、ジェムドロップ株式会社より登場。作中のキャンプを体験できる「本栖湖編」と「麓キャンプ場編」の2バージョンで、今冬(2021年)にリリース予定です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 山梨県の高校に通う女子高生たちを主人公に、ゆるやか、まったりなアウトドアライフを描く、あfろさんの漫画が原作のアニメ「ゆるキャン△」。2021年1月からは待望の第2期「ゆるキャン△ SEASON2」が放送予定です。

 VRゲーム「ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP」は、作中に登場するキャンプの様子を3Dで体験できるバーチャルキャンプアドベンチャー。プレイヤーは志摩リンと各務原なでしこの立場になり、本栖湖と麓キャンプ場でキャンプを楽しむことができます。

 本栖湖編では、プレイヤーはなでしこになり、リンと一緒にキャンプ体験。スマホでリンとの2ショットを撮って野クルのメンバーに送信したり、美しい風景を撮影してみたりできます。


 逆に麓キャンプ場編ではプレイヤーがリンになり、なでしことキャンプ。リンとなでしこだけでなく、いつものメンバーと様々なシチュエーションの発見や、ハプニングをフルボイスで楽しむことができます。

 フォーマットはPlayStation4、Nintendo Switch、Steam、iOS、Androidを予定。Nintendo Switch版ではVRゴーグルToy-Con、PlayStation4版はPS VR、Steam版ではOculus Rift、HTC Viveにそれぞれ対応しており、VR機器を使うと現地に行ったような感覚でプレイすることができます。

 もちろん、VR機器がなくてもプレイ可能。スマホでは、現地でカメラをかざしているような感覚でプレイを楽しめます。

 ゲームの公式サイトではPV第1弾も公開されており、プレイの雰囲気を感じることもできます。どこにいても「ここをゆるキャンプ地とする」ことができるVRゲーム「ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP」、価格は現在のところ未定となっているので、ゲーム公式サイトでの続報を待ちましょう。

※初出時、タイトルに一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

(C) あfろ・芳文社/野外活動委員会 (C) Gemdrops, Inc.
情報提供:ジェムドロップ株式会社

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ポケモンマンホール「ポケふた」が新潟県小千谷市に4枚設置 デザインは「コイキング」
子供の頃の疑問を解決したくて「ポケモンマップ」をジオラマで再現
刻の涙が止まらない 1/10スケールで「ティターンズ愛」を表現したコスプレチーム「有限会社サイコ建設」

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧