引き裂かれる銀河 なぜ「NGC1052-DF4」はダークマターを失ったのか?

access_time create folderデジタル・IT
引き裂かれる銀河 なぜ「NGC1052-DF4」はダークマターを失ったのか?

「NGC 1052-DF4」の周辺の画像。NASAの画像をトリミングして作成。(Image Credit:ESA/Hubble, NASA, Digitized Sky Survey 2; Acknowledgment: Davide de Martin)

オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学のミレイア・モンテスさんなどからなる国際研究チームは11月26日、ほとんどダークマターが存在しない銀河「NGC 1052-DF4」について、近くのより巨大な銀河の重力によってダークマターがはぎ取られてしまったためだと考えられると発表しました。

これまで、宇宙は、主に、ガンマ線、X線、紫外線、可視光線、赤外線、電波などの電磁波によって観測されてきました。ところが、ダークマターは、電磁波を出さず、電磁波による観測ができません。そのため、ダークマター(暗黒物質)と呼ばれ、その正体は謎に包まれてきました。

しかし、近年、このダークマターが銀河の形成に大きな役割を果したことが解ってきました。

銀河が形成されるときに、まず、ダークマターが自らの重力によって集まります。そして、その集まったダークマターの重力によって、周りの水素などのガスが集り、銀河が形成されると考えられているのです。いわばダークマターは銀河の土台というわけです。そのため、例えば、私達の天の川銀河もその質量の約9割はダークマターで占められています。

ところが、このようなダークマターがほとんど存在しない銀河がいくつか発見されています。その1つがNGC 1052-DF4です。

では、なぜ、NGC 1052-DF4にはダークマターがほとんど存在しないのでしょうか?

研究チームは、その原因を解明するために、ハッブル宇宙望遠鏡や地上の天文台の望遠鏡を使って、NGC 1052-DF4の周りにある球状星団の分布NGC 1052-DF4からやってくる光を詳しく調べました。すると、それらの球状星団やその他の物質が近くにあるより巨大な銀河NGC 1035に呑み込まれつつあることが解りました。

つまり、恒星達は銀河の中心部に集まっていますが、ダークマターは銀河全体にひろく広がっています。そのため、NGC 1035の重力によって、まず、ダークマターが、はぎ取られ、呑み込まれてしまったというわけです。

研究チームによれば、これから恒星達もNGC 1035に呑み込まれていき、やがてNGC 1052-DF4は完全にNGC 1035に引き裂かれ呑み込まれてしまうそうです。

 

Image Credit: ESA/Hubble, NASA, Digitized Sky Survey 2; Acknowledgment: Davide de Martin
Source: NASA/論文
文/飯銅重幸


関連記事リンク(外部サイト)

「美少女戦士セーラームーン×TenQ」企画展開催 セーラー戦士と太陽系を学ぼう
綺麗な渦を巻く銀河の画像、見つめると不思議な感覚に…
銀河の数、従来予測の10倍の「2兆個」 ハッブル宇宙望遠鏡の観測により判明

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧