本格派ブレンデッドウイスキー「スーパーニッカ」の魅力とは?

access_time create folderグルメ
本格派ブレンデッドウイスキー「スーパーニッカ」の魅力とは?

“幻”と呼ばれたスーパーニッカ

“幻”と呼ばれたスーパーニッカ
出典:ニッカウヰスキーサイト

「スーパーニッカ」を造るニッカウヰスキーとは

ニッカウヰスキーは、「日本のウイスキーの父」である竹鶴政孝氏が創業した日本を代表するウイスキーメーカーのひとつです。「スーパーニッカ」は、竹鶴氏が本場スコットランドの味をめざして生み出した高級ラインのブレンデッドウイスキーで、1962年(昭和37年)に誕生しました。
ニッカウヰスキーにはほかにも、幅広い層に愛されている「ブラックニッカ」や、複数のモルト原酒をブレンド(ヴァッティング)して造られる「竹鶴ピュアモルト」などの人気銘柄が揃います。
竹鶴氏のウイスキー造りへのこだわりは、「日本のスコットランド」と称される北海道・余市蒸溜所と宮城県・宮城峡蒸溜所の2つの蒸溜所に受け継がれ、高品質のウイスキーが生産されています。

「スーパーニッカ」が誕生するまでの時代背景

竹鶴氏が試行錯誤を重ねて誕生させた「スーパーニッカ」は、本格的な味わいで、発売当初から人気を博しました。しかし、その誕生までの道のりは必ずしも順風満帆ではなかったといいます。
戦後の日本でウイスキー市場を席捲していたのは、アルコールに着色料と香料を加えただけの安価なイミテーションウイスキーでした。原酒がまったく入っていないものもあったそうですが、この時代は安価なほうが人気で、本物志向の高価なウイスキーはあまり受け入れられなかったのです。
苦境に立たされたニッカウヰスキーは、会社存続のために比較的安価な商品を販売することで経営を安定させましたが、「本物」をめざす竹鶴氏の心は晴れませんでした。
しかし、竹鶴氏の「本物」への熱い想いは消えることなく、のちにこだわりのブレンデッドウイスキー、「スーパーニッカ」を生み出したのです。

本物へのこだわりが生んだ「スーパーニッカ」

竹鶴氏が、本物志向のウイスキーとして世に送り出した「スーパーニッカ」の、発売当初の価格は3,000円でした。当時の大学初任給が18,000円程度だったことを鑑みれば、いかに高額なウイスキーだったかがわかるでしょう。
その後も安価なものが好まれていた時代にも、「スーパーニッカ」の売れ行きは好調でした。飲みやすく、味わい豊かで、本場のスコッチのような本格的な味がたのしめることから、ウイスキーファンから高い評価を得たのです。
また、竹鶴氏のこだわりにより、生産量は年間1,000本ほどに抑えられていたため、なかなか市場に出回わらない「幻のウイスキー」として注目を集めました。

愛と感謝から生まれたスーパーニッカ

愛と感謝から生まれたスーパーニッカ
出典:ニッカウヰスキーサイト

「スーパーニッカ」の開発に至るまでの背景

「スーパーニッカ」の誕生には、竹鶴氏の最愛の妻・リタ氏の存在が大きく影響しています。
竹鶴氏のウイスキー造りを陰日向から支えてきたリタ氏ですが、「スーパーニッカ」が生まれる前年に急逝。深い悲しみに襲われた竹鶴氏は、葬儀の準備を任せたまま、丸2日間も自室に閉じこもっていたといいます。
そして、竹鶴氏を立ち直らせたのは、最愛の妻であり、最大の理解者であったリタ氏とともに育んできた、「本物」のウイスキー造りに対する熱い想いでした。竹鶴氏は悲しみをバネに、息子の威(たけし)氏と余市蒸溜所の研究室に入り、新商品の開発に没頭したのです。

「スーパーニッカ」は、竹鶴親子が全身全霊を打ち込んで誕生させた「究極の酒」

リタ氏への哀悼と感謝の気持ちを込めて生み出された「スーパーニッカ」は、熟成した原酒を贅沢に使用し、最良のブレンデッドウイスキーを目指して造られました。
竹鶴氏は、商品開発において、余市にある原酒のなかでも最高のものを選び出し、長期熟成でコクのあるモルト原酒と華やかで力強さのある若いモルト原酒、これらを繋ぐ柔らかな味わいの熟成グレーン原酒を厳選。威氏の力を借り、ブレンド技術の粋を集めて絶妙に調合しました。
そうしてついに、ソフトでスムースな味わいで、口に含んだときに馥郁(ふくいく)たる香りが広がる、渾身のブレンデッドウイスキーが生まれたのです。この、竹鶴親子が全身全霊を打ち込んで造り上げた「究極の酒」が、初号「スーパーニッカ」です。

現行の「スーパーニッカ」の特徴

「スーパーニッカ」は、「高嶺の花」のような存在の初号から、幾度かリニューアルを経て、プレミアムスタンダード商品としてニッカウヰスキーを代表するブランドのひとつになりました。
現行の「スーパーニッカ」は、新樽熟成の宮城峡モルト、余市のライトピートモルト、カフェ式蒸溜機で造られたグレーンの3つの個性を調和させて、造られています。
現行商品の大きな特徴は、こまやかに設計されたブレンドによって生まれる、甘く柔らかな香り。そしてもちろん、芳醇な香りや豊かなコク、スムースな口当たりといった、従来品の特徴も備えています。
グラスに注ぐと甘く芳醇な香りが立ち上り、まろやかな味わいのあとに、ピート香と果実の甘い余韻が長く続くのが魅力です。

こだわりが光る、スーパーニッカのボトルデザイン

こだわりが光る、スーパーニッカのボトルデザイン
出典:ニッカウヰスキーサイト

「スーパーニッカ」はボトルデザインも魅力的

「スーパーニッカ」といえば、女性的な柔らかさを思わせる優美なボトルデザインも魅力です。これには、「ウイスキーが熟成するまでには何年もかかる。これは娘が大きくなれば嫁にやるのと一緒なのだから、立派な衣装を着せてやりたい」という、竹鶴氏の強い思いが込められているといいます。
初号「スーパーニッカ」が詰められていたのは、皇室御用達としても知られる各務クリスタル製作所(現・カガミクリスタル社)のセミクリスタルボトル。ボトル製造が機械化されるまで、型を使わず吹き上げだけで製造する「手吹き」のボトルが使用されていたそう。
美しいフォルムが目を引くボトルは、高級ライン「スーパーニッカ」にぴったりの装いであったことは、いうまでもありません。

「スーパーニッカ」のラインナップ

「スーパーニッカ」のラインナップは、容量700ミリリットル、500ミリリットル、手軽にたのしめる50ミリリットルボトルの3種類。もちろん、丸みを帯びたフォルムと、ベージュに赤、金をまとった優雅で上品なデザインも健在です。
このほか、アルコール分12%に調整した、300ミリリットル入りの「スーパーニッカ&ウォーター」もあります。

手軽に楽しむなら「スーパーニッカ&ウォーター」もおすすめ

ウイスキー初心者にとって、おいしい水割りを飲むのに「ちょうどよい割合」を探すのはやや難しいもの。そんなときにおすすめなのが、アルコール分12%に調整された「スーパーニッカ&ウォーター」です。
「スーパーニッカ&ウォーター」は、「スーパーニッカ」のおいしさをそのままに、芳醇で華やかな香りの水割りウイスキーに仕上げられているので、氷を入れたグラスに注ぐだけで、絶妙なバランスの水割りをたのしめます。コンビニやスーパーの棚に並んでいることもあって、入手しやすいのも魅力です。

 

妻への愛と感謝から生まれた「スーパーニッカ」。甘い香りと柔らかい口当たりに仕上げられた、渾身のブレンデッドウイスキーは、多くのファンに愛されています。創業者夫婦に想いを寄せ、本物志向の味わいをぜひたのしんでみてください。


関連記事リンク(外部サイト)

ウイスキーとワイン、それぞれの魅力を比べてみよう
ウイスキーの原酒不足とは? その理由を解説します
17年もののウイスキーってどんなお酒? ウイスキーの年代表記について学ぼう

access_time create folderグルメ
local_offer
たのしいお酒.jp

たのしいお酒.jp

「お酒の楽しさ」がみつかる、シニアソムリエ監修サイトのたのしいお酒.jp。お酒の魅力、楽しみ方や造り手の思いをお伝えします。イベントや最新ニュース、豆知識、飲食店やキャンペーン情報など、様々なお酒の楽しみを広げる情報を揃えています。

ウェブサイト: https://tanoshiiosake.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧