本日の美人猫vol.398

access_time create folder生活・趣味

本日の美人猫vol.398

縦半分でも美しいなら、横半分でもやっぱり。
猫はどこまで美しいのかという問いに対する思考実験パート3。鼻から下が隠されていてもやっぱり美しい、本日のタビー柄の美人猫。
鼻の隠れたブランケットを覗いてみれば、小さな鼻の穴から間歇的に吹きすさぶ鼻息にケットの白い毛先がゆらゆらと動き、猫の真面目な顔との対比に微笑ましい情景が目に映ることでしょう。獲物を狙う爪先はキュッと握られ、シッポはピクピクと飛び上がって後ろ脚が伸びるタイミングを測っているはず。懸命に猫の本能にしがたう様は、疑いようもなく美しいのであります。たとえ見えなくとも。
[Photo by Ria Taylor on Unsplash]The post 本日の美人猫vol.398 first appeared on 猫ジャーナル.

関連記事リンク(外部サイト)

オペラ歌手の自宅配信コンサート、猫の日光浴に一転
来年の初詣先は猫神様、猫助けにもなる段ボール製猫神社
浴槽を水飲み場だと思っている猫、器用に蓋開け水分補給

access_time create folder生活・趣味
local_offer
猫ジャーナル

猫ジャーナル

すべての猫と、 猫を愛するすべての人に、 猫についての情報をお届けします。

ウェブサイト: https://nekojournal.net/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧