旅好きサラリーマンの心を打つハートフルコメディ映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

access_time create folder生活・趣味

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

《作品について》
アメリカ・LAにある一流レストランの料理人カール・キャスパーは、メニューを巡ってオーナーと衝突し、店を辞めてしまう。無職になりマイアミに行ったカールは、そこでキューバサンドイッチと出会い、元妻の協力を得て、友人、息子らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を始めることに。そのフードトラックで、マイアミからLAを旅しながら、その道中で本当に大切なものを見つけていくハートフルコメディ作品。

作品のおすすめポイント

僕の「旅した気分が味わえる映画」断トツ1位がこの作品。アメリカ・ロサンゼルスから始まるこの物語ですが、ひょんなことから、中盤あたりでマイアミからロサンゼルスへのロードトリップが始まります。それもフードトラックで。ここがとにかく旅気分を味わえるんです。

各地の街の風景が次々と出てきて、一緒に旅しているような感覚になれる。さらには、ニューオーリンズでは四角いドーナツ・ベニエ、テキサスではステーキなどご当地グルメも登場し、他にも料理シーンがとにかく多いので、お腹が空きます。決して深夜に見てはいけません。

さらに、サラリーマンの人は、この物語に共感すること間違いないでしょう。主人公は雇われシェフ(=サラリーマン)で、自分が作りたいものが作れず(=会社でやりたいことをやらせてもらえず)、オーナーと対立(=上司と対立)して、レストランをやめます(=会社をやめます)。そして自分が作りたいものを作って(=好きを仕事にする)、本当に大切なものを見つけていく……。

日本のサラリーマンと同じような(!?)悩みを抱きながらも、勇気を出して新たなチャレンジをして、本当の自分を見つけていく主人公の姿に、現代社会を生き抜くサラリーマンは涙なしでは見られないはず。

僕もこの作品を見て、何度勇気づけられたことか! 最初は機内で見て、映画館へも行き、DVDも買って、Netflixでも見ています。

コロナによって、これからの働き方、生き方に悩まれている方も多いと思いますが、そんな人にも見て欲しい作品です。

access_time create folder生活・趣味
local_offer

TABIPPO.NET

「TABIPPO.NET」は、旅人のネットワークを活用して世界一周や世界遺産・絶景、海外旅行のハウツー情報などを発信しているメディアです。世界一周経験者や旅人が自身の経験を元にコンテンツメイクしていくことで、これから旅をしたい人の背中を押す情報を信頼性・希少性を突き詰めて発信しています。

ウェブサイト: http://tabippo.net/

TwitterID: TABIPPO

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧