【ネタバレ】原作は日本の漫画、映画『オールド・ボーイ』のハリウッド版と韓国版を徹底比較!

access_time create folderエンタメ
【ネタバレ】原作は日本の漫画、映画『オールド・ボーイ』のハリウッド版と韓国版を徹底比較!

日本の漫画「ルーズ戦記 オールドボーイ」を原作とする映画『オールド・ボーイ』、2004年のカンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、大絶賛を受けた韓国映画です。公開から10年後にハリウッドリメイクされ、スパイク・リー監督が手がけています。ハリウッド版と韓国版の2作品をネタバレ含め徹底比較します。

オールド・ボーイとは?

【ネタバレ】原作は日本の漫画、映画『オールド・ボーイ』のハリウッド版と韓国版を徹底比較!

出典元:Amazon/オールド・ボーイ(1) (漫画アクション)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51LaXWhsqaL.jpg

狩撫麻礼(かりぶまれい)の名で活動し、様々なペンネームで作品を提供している作家であり、オールドボーイでは土屋ガロンの名義で原作を担当しています。作画は、嶺岸信明(みねぎししんめい)。
そのふたりで発表している漫画作品で、1996年から2年間、漫画アクションで連載されていました。
単行本は全8巻が刊行。

オールド・ボーイのあらすじ

【ネタバレ】原作は日本の漫画、映画『オールド・ボーイ』のハリウッド版と韓国版を徹底比較!

Min-Sik Choi and guest during 2004 Cannes Film Festival –

訳あって世にでることができない人間が、身を隠す場所として裏稼業が成り立っている、いわゆる私設刑務所。
そこに、10年間理由も知らずに軟禁されていた男が突如として出所となり、その原因を探っていく様を描く。
原作である漫画版では、その男の素性などは、順を追って明らかになっていきます。
物語が映画版、韓国版、ハリウッド版、作品によってそれぞれ変わってくるので、その違いを下記より紹介します。

韓国映画版『オールド・ボーイ』の詳細

オールド・ボーイ(2003)

オールド・ボーイ(2003)

SCORE

集計中…

原題:올드보이
2004年11月6日より公開
2003年/韓国/120分

more

・監督:パク・チャヌク
・脚本:ワン・ジョユン、イム・ジュンヒュン、パク・チャヌク
・製作総指揮:キム・ドンジュ
・出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、チ・デハン

作品紹介

<あらすじ>
オ・デス、そう名乗る中年の男性は酔っ払っていて補導されている。
保護に友人が来てくれて、無事に帰れることに。
その最中、公衆電話で家族に電話をするオ・デスとその友人。
友人も話させてくれと電話に出ると…
その最中にオ・デスが突如いなくなってしまうのだった…
オ・デスは、見知らぬ部屋に監禁されていた…
それは15年もの間だ。
しかし、その原因となるものは一切何もわからなかった…
15年の月日が過ぎた頃、オ・デスは、突然外へと放置させられる。
またしてもその原因はわからないままだった…
オ・デスの復讐劇が始まる!
<解説>
本作は、2003年に韓国映画として製作されました。
日本の原作ですが、その全ては韓国にローカライズされているのが特徴です。
原作では曖昧なラストで終わっていますが、本作ではしっかりと決着がつく結末まで描かれています。
韓国らしい、シリアスなバイオレンス的展開が息を呑むほどに熱くなれるような作品です。

ハリウッド映画版『オールド・ボーイ』の詳細

オールド・ボーイ(2013)

オールド・ボーイ(2013)

SCORE

集計中…

原題:OLDBOY
2014年6月28日より公開
2013年/アメリカ/103分

more

・監督:スパイク・リー
・脚本:マーク・プロトセヴィッチ
・製作総指揮:ネイサン・カヘイン、ジョン・パワーズ・ミドルトン、ピーター・シュレッセル、キム・ドンジュ
・出演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー、サミュエル・L・ジャクソン

作品紹介

<あらすじ>
ジョーは、ビジネスマンだが日中から酔っ払って仕事に就くなど、だらしの無い男性だ。
その結果仕事をクビになり、泥酔する。
翌朝目覚めたジョーは、見知らぬホテルの部屋にいた。
しかしそこは、窓やドアすらない奇妙な部屋だった。
ジョーは、その部屋に20年間も監禁されてしまうのだ。
20年後、ジョーは解放させられる。
そしてその原因を…
監禁された理由を探り、復讐を誓うのだった…
<解説>
本作は、日本の漫画ではなく韓国映画のハリウッドリメイクというのが1番の特徴。
韓国版同様に、設定などもアメリカにローカライズされています。
両方の作品でも共通となっているのが、主人公の男性が監禁されるという大筋の部分。
それ以外の展開は原作よりも、独自の展開になっているのが大きな特徴です。

映画『オールド・ボーイ』が注目された理由

【ネタバレ】原作は日本の漫画、映画『オールド・ボーイ』のハリウッド版と韓国版を徹底比較!

CANNES, FRANCE – MAY 15: L to R Director Chan-Wook Park with actors Jie-Tae Yoo, Hye-Jung Gang and Min-Sik Choi attend photocall for film

映画『オールド・ボーイ』が何故こんなにも大絶賛され、注目するに至ったのかを解説します。
韓国映画の公開が2004年です。その時の模様が予告編にも収録されていますので、ご覧ください。

韓国版が大絶賛

【ネタバレ】原作は日本の漫画、映画『オールド・ボーイ』のハリウッド版と韓国版を徹底比較!

Park Chan-wook winner of Grand Prix for

映画『オールド・ボーイ』が注目された理由の一つとして大きいのが、カンヌ国際映画祭に出品されたことにあります。ここでクエンティン・タランティーノが絶賛し、パルム・ドールに選びたかったと言うほどの評価を受けています。
その結果、カンヌで韓国版『オールド・ボーイ』が審査員特別賞を獲得、そのほかの映画祭でもグランプリを受け、称賛を受けています。
韓国映画として、アジアの映画祭は勿論のこと、欧州から南米まで、その年の映画祭を席巻した作品として、今も大きな人気を獲得しているバイオレンス映画の傑作です。

ハリウッドリメイク決定

【ネタバレ】原作は日本の漫画、映画『オールド・ボーイ』のハリウッド版と韓国版を徹底比較!

NEW YORK, NY – NOVEMBER 11: Director Spike Lee and actor Samuel L. Jackson attend the FilmDistrict & Complex Media with The Cinema Society & Grey Goose screening of

韓国版の評価を受けて、ハリウッドリメイクが決定しました。しかし、版元である日本の出版社、双葉社の許可なく韓国側が権利を売ったとして、裁判沙汰にまで発展しています。
その時は、スティーブン・スピルバーグとウィル・スミスで製作が進む予定でしたが、裁判を受けて、撤退、破談となっています。
その後、他の制作会社が権利を買い取り、韓国版公開から10年の時を経てハリウッド版『オールド・ボーイ』がスパイク・リー監督の手によって公開となりました。
この結果、ハリウッド版では当初原作の漫画版のリメイクの計画で進んでいましたが、裁判などのゴタゴタが影響し当初の計画が頓挫、韓国映画のリメイクとしてハリウッド版が再始動したという経緯です。

映画版『オールド・ボーイ』ストーリーの違い※ネタバレあり

原作や映画版のストーリーの違いについて解説します。
原作では、男の素性などは全く明かされずに監禁されているシーンから始まります。
そして、経過と共に順を追って明かされていく内容です。では、映画版はどうなるのでしょうか?
下記項目にてその違いについて説明していきます。

韓国版『オールド・ボーイ』のここが違う

【ネタバレ】原作は日本の漫画、映画『オールド・ボーイ』のハリウッド版と韓国版を徹底比較!

Chung-Hoon Chung, Chan-Wook Park, Ji-tae Yu, Hye-Jung Gang and Min-Sik Choi (Photo by Tony Barson Archive/WireImage)

韓国版では、主人公オ・デスの人となりが説明される場面が入ります。
酔っ払い、警官に世話になっているところに友人が引き取りに現れます。そして家族に公衆電話で、これから帰ると連絡しています。
一緒に居た友人が代わって、ちゃんと連れ帰るからと言っている数秒の間に、オ・デスが消えてしまう、という流れがプロローグです。
そこから15年間監禁されますが、軟禁生活は淡白に描かれます。原作での監禁日数は10年と言うことから微妙な違いがあります。
この物語の主人公は、原作でも映画版でも共通して中年男性が務めていることなどから、より大きなインパクトを与えるために、10年以上の長い期間の監禁期間が設けられています。
そして、物語の鍵を握るのは後催眠という催眠術です。催眠術は結末にも大きく関係しています。
次に、ヒロインとの出会い方です。これが原作とも、ハリウッド版とも違い、日本料理屋で出会う物語です。
催眠というのは、原作でも用いられていますので、その設定を踏襲したものが韓国版では採用されています。
ただ違う点では後催眠というものに変えられている点です。
原作ではこの催眠という方法で、全ての事態が黒幕の手の上で踊らされているという、憤りを生んでいます。
しかし韓国版では、生きる上での大義に近い絶望を与えるために用いたものとして催眠が使われていました。
この点でも、原作とは大きく違う方法で描かれている点です。

ハリウッド版『オールド・ボーイ』のここが違う

【ネタバレ】原作は日本の漫画、映画『オールド・ボーイ』のハリウッド版と韓国版を徹底比較!

NEW YORK, NY – NOVEMBER 11: Director Spike Lee, actors Elizabeth Olsen and Samuel L. Jackson attend the FilmDistrict & Complex Media with The Cinema Society & Grey Goose screening of

ハリウッド版は、あくまで韓国映画のリメイクとなるのでベースは原作ではありません。韓国版同様にハリウッド版も冒頭は、主人公の人となりが描かれています。
ひどく酔っ払っており、人に迷惑までかけてろくでなしっぷりがひとしお強い印象です。しかし監禁年数は20年となり最長の長さが設定されています。ヒロインとの出会い方は、看護師で道端でした。
ハリウッド版の物語の鍵は敵役となる人物が全てを握っており、韓国版よりもわかりやすく、より大衆向けに設定されています。
細かい部分では、物語の始まりが日中で、仕事の勤務態度などで主人公の堕落っぷりを描いていた点です。
韓国版では、泥酔して冒頭から警察に厄介になっているなどで、主人公のキャラクターを描いています。
そのような細かい部分でのキャラクター想像の描き方が異なる点です。
しかしこれは、ローカライズという点で国の文化の違いなどから、堕落っぷりの解釈で、より分かりやすく描くなどの相違点が存在していました。

監禁された理由と結末の違い

【ネタバレ】原作は日本の漫画、映画『オールド・ボーイ』のハリウッド版と韓国版を徹底比較!

NEW YORK, NY – NOVEMBER 11: Actress Elizabeth Olsen (L) and director Spike Lee attend the screening of

物語の肝となる監禁された理由を探る期間も違います。
原作では、特に限定されずに順を追って探っていくことになりますがハリウッド版と韓国版は、共に期間を指定され、タイムリミットが設定され描かれていきます。
原作では10年間の監禁の理由を探っていく物語です。
韓国版では15年、ハリウッド版では20年の監禁の期間となっており、それぞれに期間が違うというのも大きな違いと言えるでしょう。
監禁の理由を探る期間にも特に期起源を設けてないのが原作です。
催眠というキーワードも原作をなぞるように韓国版では踏襲していました。
しかし映画版では、5日間という期限が設けられていたのも原作とは異なる点です。
そして、結末は原作含めた3作品全てが違います。
大まかに説明すると韓国版は仕掛けを利用し前向きに終わり、ハリウッド版は愛ある犠牲を選択する形となり、大きく結末は違うものとなっていました。

どちらを観るかは、あなた次第

【ネタバレ】原作は日本の漫画、映画『オールド・ボーイ』のハリウッド版と韓国版を徹底比較!

Chung-Hoon Chung, Chan-Wook Park, Ji-tae Yu, Hye-Jung Gang and Min-Sik Choi (Photo by Tony Barson Archive/WireImage)

韓国版とハリウッド版の『オールド・ボーイ』を比較してきました。
韓国版の狂気を逸した展開は必見です。映画好きなら、見ておいて損はしない作品となっています。
しかし、ハリウッド版は狂気じみた展開含めより大衆向きに作られており、評価も割れています。
どちらを観るかはあなた次第ですが、ハリウッド版に関しては、ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、サミュエル・L・ジャクソンとMCU好きなら唸るキャスティングも白眉とも言えるでしょう。
さらには、セクシーな姿を披露するヒロインも必見です。
どちらも、それぞれに魅力あふれる作品。
バイオレンス好みなら、韓国版。
映画として、より巧みにまとめられたハリウッド版。
映画史に残る狂気を描いた作品『オールド・ボーイ』、あなたならどちらを観ますか?


関連記事リンク(外部サイト)

【ネタバレ】映画『運び屋』をレビュー!実在の事件を基に、男の後悔の様を描く。
漫画は文化だ!日本の漫画が原作となった面白いおすすめ実写映画ランキングTOP10
【セクシー】ヌードを披露している有名女優の綺麗な裸体を拝める作品22選

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧