エジプト カイロ地下鉄 4号線 第一期 建設工事、三菱商事が鉄道システム機器を供給

access_time create folder生活・趣味
エジプト カイロ地下鉄 4号線 第一期 建設工事、三菱商事が鉄道システム機器を供給

三菱商事は、エジプトの大手建設会社 Orascom Construction ほかとコンソーシアムを組み、エジプト・アラブ共和国運輸省のトンネル公団(National Authority For Tunnels:NAT)から、カイロ地下鉄4号線第一期向け鉄道システム納入を受注。約900億円で契約を締結した。

カイロ地下鉄4号線第一期は、全長約19km、駅数16駅。カイロ中心部から大カイロ都市圏の南西部に位置するピラミッドを結ぶ新路線。カイロ地下鉄は1・2・3号線が走り、この4号線のほかに5・6号線が計画されている。

このカイロ地下鉄4号線第一期建設プロジェクトで三菱商事は、商務関連とシステムに必要な機器供給を担当。Orascom は土木工事や車両運転指令所などの建屋建設を担当する。

おもな機器供給内容は、信号設備、受配電設備、通信設備、プラットホームドア、自動料金収受システム、軌道工事、車両基地設備など。

首都カイロでは、都市化の進展による急激な人口増加や自動車台数の増加にともない、公共交通機関の整備が急務といわれている。

同プロジェクトは、大カイロ都市圏の交通渋滞緩和に大きく貢献することが期待され、同路線がカイロ中心部とピラミッドや現在建設中の大エジプト博物館をつなぐことから、観光大国カイロの観光路線としても大きく注目されている。

三菱商事はエジプトで過去50年以上にわたり約1600両の鉄道車両の納入実績がある。

同社は引き続き、エジプトの鉄道インフラプロジェクトへの積極的な参画を通じ、同国の交通インフラの拡充、経済発展への貢献をめざすという。

同プロジェクトは、国際協力機構(JICA)による円借款が供与され、日本の鉄道技術の活用が期待されている。また、エジプトで初めて本邦技術活用条件(STEP:Special Terms for Economic Partnership)が適用された円借款事業。


関連記事リンク(外部サイト)

パナマメトロ3号線計画で日立が車両や信号を、三菱商事が商務を担当_2025年中ごろ営業運転開始
新潟トランシス製 電気式気動車が新潟東港からミャンマーへ、川崎汽船ケイラインが海上輸送
米サンフランシスコ ベイエリア高速鉄道が日立の無線式列車制御システム CBTC を導入、10両編成列車 1時間30本運転を可能とし輸送力アップへ

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネル

鉄道チャンネル

鉄道チャンネルは、いつでも鉄道に浸れる!鉄道ファンのための鉄道専門チャンネル。多彩なジャンルの鉄道ニュースを毎日配信中!

ウェブサイト: https://tetsudo-ch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧