小田急、サングラス着用で運転士の目を保護 12月から使用開始

access_time create folder生活・趣味

小田急、サングラス着用で運転士の目を保護 12月から使用開始
画像:小田急電鉄

小田急電鉄は2020年12月1日(火)より、運転士用保護メガネ(サングラス)の使用を開始すると発表しました。

保護メガネには株式会社タレックスの偏光レンズ「トゥルービュー」を採用。直射日光および反射光をカットし、色覚には影響を及ぼさずにまぶしさの軽減を図ります。着用するのは希望する運転士のみで、乗務員室外では外すようです。

同社は2020年8月24日から保護メガネの有効性を検証しており、このほど正式採用に至ったものと見られます。保護メガネはJR西日本でも採用されており、2020年3月下旬から在来線の運転士などへ貸与が行われています。

鉄道チャンネル編集部


関連記事リンク(外部サイト)

この冬も走るスキースノボ専用夜行列車「スノーパル23:55」1/8-3/27の合計27回運転
常磐線 特急停車駅から各地へは「駅からカーシェア」に注目! スマホ完結、15分200円でサッと移動
なんと1.5秒以内! 5Gと高速AI深層学習で車両や線路をリアルタイム遠隔自動監視、12/21から京急久里浜工場で国内初実験

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネル

鉄道チャンネル

鉄道チャンネルは、いつでも鉄道に浸れる!鉄道ファンのための鉄道専門チャンネル。多彩なジャンルの鉄道ニュースを毎日配信中!

ウェブサイト: https://tetsudo-ch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧